FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

2016年 高知遠征まとめ

1日目

台風13号が日本列島へと接近する中、高速バスで高知まで向かう。
思えば7年前もこんな感じだったっけ。
あの時は1日目の夜だけ釣りしてそれ以降は土砂降りで全く釣り出来ないまま帰ったのを思い出す。
今回は大丈夫だろうかと不安を抱えたまま3時間ほどで高知市内へ到着。
20160907高知遠征鏡川
今回の宿はポイントである鏡川のほとりだから移動も楽なので雨に降られてもすぐ戻れるだろう。
まずは遅めの昼食をと、ひろめ市場にて名物のカツオの塩タタキを食べる。
20160907高知遠征塩たたき
塩のみのシンプルな味付けで一般的なタタキのように薬味だらけで魚本来の味が損なわれることが無いので
非常に美味しい。
その後、アジングなどのソルトルアーブランド「TICT」や「餌木猿」でお馴染みの林漁具へ向かい、情報収集。
20160907高知遠征林漁具
店内に飾られたアカメやタイリクスズキの魚拓に思わず興奮してしまう。
ゆっくり店内を回ってみたいところだが、台風が間近に迫っているのですぐに釣り場へと向かう。
ちょうど夕マズメの時間帯で平日ということもあって人も少なく、釣りやすい環境ではあった。
アシ際を丁寧に探りながら釣り進むが、気温も高く、ベイト自体も少ないせいか今一つ良い反応が得られない。
今度は橋脚周りでTKLMやサイレントアサシンをドリフトさせながら丹念に攻めるが、
普段から叩かれてスレているのか無反応だった。
そのうち雲行きが怪しくなり、一気に周りも暗くなり小雨もぱらつき出したので1日目の釣り終了となった。


2日目

前日の台風のせいか、川がかなり増水しており、足場が完全に水没してしまっていた。
とりあえず前日は日差しがきつくてしんどかったので完全に日が沈んでから釣りをしようと
昼間はどうしても行きたかったある場所へ向かう。
20160908高知遠征車窓から
20160908高知遠征桂浜

途中のバスから望む太平洋の美しい青と激しい波に圧倒されつつ向かったのが桂浜水族館。
規模は小さいものの展示やドクターフィッシュ体験やウミガメやペンギンなどのエサやり、
土日祝限定だが釣り堀もあって色々楽しめる。
20160908高知遠征ウミガメ

中でもここでしか見られない貴重な展示がアカメの群泳。これがここへ来た最大の目的だ。
20160908高知遠征アカメ展示
携帯のカメラなのでフラッシュついてないから分かりにくいが、本当に赤い眼をしていて
その迫力に思わず度肝を抜かれる。
20160908高知遠征アカメ1
20160908高知遠征アカメ2
いつかこんな魚を釣ってみたいなぁと思いつつ桂浜を後にした。

その後市内を観光しつつお土産も買って、夕食後に再び鏡川へ出撃する。
今度は対岸のポイントを同じように岸際を探ったりブルースコードⅡをドリフトさせながら
明暗の境目を狙うが思ったような反応を得られない。
そんな感じで釣りに夢中になっていると、昨日の大雨で増水している上に満潮時刻に差し掛かったのか、
足場がドンドンと消滅していく。
必死になって少しでも高い足場を探しながら釣り続けるが、中々思うようにいかず
結局まともな成果を上げることなく高知遠征は終了となった。


3日目とまとめ

バスの時間を早めに取ってしまったこともあってろくに観光や買い物もできなかったが、
まあその辺は2日間で充分楽しめたので良しとしよう。
途中バスの停留所を間違えて危うく帰れなくなるところだったが、どうにか間に合い、自宅へと無事帰還した。

今回、天候には比較的恵まれたものの、ポイントのコンディション
(急な増水や護岸工事で入れないポイントがあった)が悪かったり、
初めてのポイントで慣れない夜釣りということもあってモチベーションを保てない面もあったのは反省点かな。
あと、残暑が厳しくて予想以上に体力と集中力を奪われるのがきつかった。
車や自転車があれば多少移動が楽になったかも(前回はレンタサイクル使用)。
シーバス釣り自体回遊やベイトの有無に左右されがちな釣りなので何度か通ってみないと分からないかも。
ただ自分自身の釣りのスタイルやシーバス釣りというものに限界を感じているのも事実。
かなりの期間、成果を上げられない状態が続いているので一度リセットをかけてみるのも大事かな。

とまあこんな感じで夏休みが終了したわけですが、長々とおつきあい頂き誠にありがとうございました!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/97-48cdf54f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ