FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

2016年春アニメまとめ

※注意!:こちらの話題は釣りにほぼ関係ない記事ですので
興味の無い方は読み飛ばしすることをお勧めします!!


前回久々の釣り記事更新に気を良くしてこちらも行ってみたいと思います。
(何か最近こっちの方がメインになりつつあるような……)
春アニメも色々話題作はあったものの、何かとやる気が無かったことと
流石に色々と忙しくなってきたので見る本数セーブしないとやりくりできなくて
実際に完走できた本数は予想以上に少なかったかな。



ふらいんぐういっち

個人的に今期一番の当たりだったのがこのアニメ。
青森県弘前市を舞台に15歳の新人魔女・木幡真琴と居候先の倉本家の人々と繰り広げる
ちょっと不思議でまったりとした日常のゆるさが疲れた心と身体にスゥーッと効いてこれは……。
主人公の真琴の造形が秀逸でおっとりとしていて千夏ちゃんにも丁寧語で話したり
黒髪ロングでスタイル抜群という理想的なヒロインに見えるが
一方でいたずら好きだったりして魔女らしい一面ものぞかせる所が面白い。
途中から転がり込んできた自由奔放だが実は面倒見が良くてしっかり者の姉の茜と好対照なのもいいよね。
使い魔のチトさんの動きも“猫の動きを知っている人の描き方”でとても可愛らしい。
声優さんの配役もメインキャラに新人や若手を当てて使い魔に人気声優を、
お父さんやお母さんに経験豊富なベテランを起用する上手さが光る。
(特にお父さんの青森弁は本当に何言っているのか分からなくて凄い!)
miwaが歌うOPも可愛らしくゆったりとした世界観にマッチしていてつい「シャンランランラ~ン♪」と歌ってしまう。
そして何より弘前のゆったりとした空気と美しい自然が鮮やかに描写されていて素晴らしい!
思わず「本当に魔女が居るんじゃないか?」と思うほど。
こういうアニメこそみんなの見れる時間帯にやればいいのにと「ばらかもん」と時と同じことを考えてしまったり。
原作の都合上難しいだろうけどぜひとも続きが見てみたいアニメだったなぁ。

ジョーカー・ゲーム

柳広司原作の同名小説をアニメ化した今作。
世界大戦の火種くすぶる昭和12年秋。帝国陸軍内に秘密裏にスパイ養成機関が設立された~
という印象的なプロローグから始まるスパイアニメ。
“魔王”の異名を持つ伝説のスパイマスター、結城中佐によって設立された“D機関”と
その過酷な選抜試験を突破した“化け物”とも称される精鋭たちが
“死ぬな・殺すな”の掟とともに全世界で暗躍するという物語。
大戦前夜のきな臭い雰囲気と作品全体に漂うどこか蠱惑的で隠微な空気がたまらない。
どのエピソードも非常に面白く、1話完結(例外もあり)の短いものだがどれも濃密な内容となっている。
個人的に好きなのをいくつかピックアップすると、
まずはD機関の化け物達と陸軍将校の佐久間との生きざまの違いが浮き彫りになる表題の「ジョーカー・ゲーム」、
次にイギリスの諜報機関に拘束されたD機関の諜報員・神永が僅かな情報を頼りに脱出を試みる「ロビンソン」、
手品が得意な諜報員・田崎が特急あじあ号の中でソ連の諜報員と
あの手この手で繰り広げる知略戦が魅力の「アジア・エクスプレス」、
最後にD機関という化け物の巣窟にありながら自らの過去を捨て去ることが出来ず、
化け物になり損なった哀しいスパイ・小田切が印象的な「XXダブル・クロス」。
そんな渋いストーリーの中で一服の清涼剤とでも言うべきなのか、
結城中佐に対抗意識を燃やして“風機関”なる組織を立ち上げるも何一つ結城に及ばず破滅する
“天保銭組”の風戸中佐が哀しい笑いを誘う「ダブル・ジョーカー」が一風変わってて印象的。
元々原作のファンでアニメ化すると聞いて不安があったものの原作の雰囲気を大事にしつつ
アニメらしいアレンジも加えて非常に完成度の高い作品になってて大満足だった。
個人的には下手な実写よりもこういうクオリティの高い一般小説のアニメ化がもっと増えればいいなぁと思ったり。

迷家-マヨイガ-

「ガールズ&パンツァー」「監獄学園」「Another」の水島努監督と
「あの花」や「花咲くいろは」「鉄血のオルフェンズ」の岡田麿里さんの脚本で話題になった今作。
ネットの掲示板を通じて「人生やり直しツアー」に参加したメンバーを待ち受けるサスペンス&ホラーが主題で
この参加者がどれもこれも食わせ物ばかりで新天地・納鳴村での共同生活が始まるものの、
“ナナキ”と呼ばれる正体不明の存在に振り回され次第に暗雲が……、といった流れ。
自身のトラウマから生み出されるナナキのビジュアルがどれもこれも不気味で強烈な印象を与えるとともに
疑心暗鬼にとらわれていくメンバーの群像劇から毎回目が離せない。
この辺はやはり監督・脚本両名の上手さだなぁと素直に感心。
だが世間ではあまり評判が良くなかったらしく、特に「誰も死なないからつまらない」という意見が多かったとか。
確かに意外といえば意外だったが、登場人物が死にまくるのは「Another」でやってるし
同じ展開だと流石に飽きるから狙って外したとも言えるかな。
(実際“次に死ぬ人が見える”という触れ込みのリオンが「誰も死なないよ」と軽くネタバラシしてるし)
ただあえて苦言を呈するなら黒幕である“ボス”の正体がひねり無さ過ぎたかなとは思う。
だがこういうミステリーものは結構好きなのでまた違った形で見てみたいなぁと。

ハイスクール・フリート(はいふり)

事前情報では略称の「はいふり」だけ発表されていて、1話終了時に正式タイトルが発表され話題を呼んだ今作。
可愛らしいキャラクターとタイトルから「どうせゆるい日常萌えアニメだろ?」と
舐めてかかっていた視聴者の予想を大きく裏切る海戦&パンデミックホラーという硬派な内容。
一見明るくおおらかな主人公の岬明乃が実は海難事故で両親を亡くすという重い過去とトラウマを持っていて
「艦長は艦のお父さん」という言葉にプレッシャーを感じつつも、
自分の思いを押し殺して健気に振る舞う姿が痛々しくハラハラさせられる。
自身の本音をギリギリまで明かさないためクルーと衝突することがあってモヤモヤさせられるが、
最後の最後で強い絆が生まれる過程が非常に上手く出来ていたと思う。
海戦も迫力があり晴風と敵艦との戦力差を艦長の機転とクルーの連携でひっくり返すカタルシスが心地よい!
(特に薙刀持って単騎で無双する万理小路楓さん(まりこおじさん)がカッコいい!!)
最終的に役目を終えた晴風は海に沈んでしまったがその後の話も見てみたいと思えたな。
ちなみに数ある晴風クルーの中で管理人のイチオシは見張員の野間マチコちゃん(マッチ)です。
(OPで見張台から夕日を浴びて敵艦をにらむ表情がカッコいいし何より色っぽい!)

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

ジョジョマニアの多くが「何部が好き?」と聞かれて答えるのが「第四部」とも言われているが、
(ちなみに管理人は第3部と5部が好きです。4部も好きだけどね)
僕も御多分に漏れずついに来たか!と小躍りしてしまった。
第2部の主人公、ジョセフが日本で女子大生との間に作った隠し子、東方仗助が主人公の今作。
ベッドタウンに潜む連続殺人鬼や惚れた男を監禁するヤンデレストーカー女といった
時代を先取りしたキャラクター造形と舞台設定が今見ても斬新だったり。
特に僕が一番好きなエピソードは「イタリア料理を食べに行こう!」で、
あのトニオさんのイタリア料理が完全再現されてて大満足!
億泰じゃないけどあの料理は是非一度食べてみたいところ。
しかもオチまで完璧すぎて(仗助には悪いけど)全ジョジョエピソード屈指の名シーンだと思う。
ちなみにトニオさんのスタンド「パール・ジャム」は僕の一番欲しいスタンドでもあります。

くまみこ

東北の日本海側に住む巫女、雨宿まちと村で神と崇められているヒグマのナツが繰り広げるギャグアニメ。
田舎コンプレックスをこじらせた極度の人見知りのまちと最新家電を使いこなす世慣れたナツのコンビが面白い。
そこに村のことを案じつつもまちの気持ちは理解しない役場の職員でいとこのよしおと
よしおに惚れているが素直になれないヤンキーのひびきが加わって騒動を巻き起こすのだが、
ユニクロのヒートテックが爆発するんじゃないかと心配したり、
ヴィレッジヴァンガードを「魔女の店」と言って恐れたり、スーパーの売り子のバイトで死にかけたり
正直いたたまれなくなってくるレベルで……(原作からしてそうなんだけどね)
ちなみに原作で好評だった“しまむら回”だが、しまむらから許可もらえなかったせいか中途半端になってて残念。
(商売敵のユニクロが協力してるからうちは嫌だとでも言ったのかちょっともったいなかったな)

学戦都市アスタリスク 2nd Season

放送開始時に「落第騎士の英雄譚」とネタがモロ被りしてしまったり大会が中途半端で終わってしまったり
何かと消化不良気味だったが後半から一気に話が動き出して盛り返してきた印象。
毎試合怒涛のバトルが展開され、作画も尻上がりに迫力を増していくのが非常に良かった。
特に剣術に関しては主人公の綾斗さえも圧倒する刀藤綺凛ちゃんがカッコ良過ぎる!
戦闘スタイルが居合だったり立ち振る舞いがとても去年までランドセル背負ってたとは思えない位渋い。
終盤から歌姫のシルヴィアやヒロインであるユリスの因縁の相手オーフェリアまで出て来て続編すら匂わせる程。
3期やってくれないかなぁ。最近のラノベ原作アニメは尻切れトンボが多いから難しいかもしれんけど。

ハンドレッド

「アスタリスク」に続いていわゆるテンプレラノベアニメと呼ばれる作品だが
こっちは元祖の「IS(インフィニット・ストラトス)」の影響がかなり濃く出てる印象。
金髪巨乳のお嬢様でファンネル風のオールレンジ攻撃と射撃が主体というセシリアともろ被りなクレア、
身分を隠すため男装していて主人公と相部屋になってしまうシャルとほぼ似通ってるエミール(エミリア)など
どこかで見たようなキャラがどこかで見たような展開を繰り広げる。
(敵の中にはfateの投影魔術みたいのまで使う者も)
なんだか散々迷った末に行きつけの定食屋に戻ってきたような安心感が心地よい。
特に毎回ノルマかよ!と突っ込みたくなる程のパイタッチや
各キャラが身に纏うヴァリアントスーツと呼ばれるボディライン丸出しのレオタードがエロくて非常によろしい。
小難しい話や鬱展開ばかりじゃ疲れるしこういうベタなアニメは1シーズン1つは欲しいよね。


そんなこんなで春アニメの感想はここでおしまい。
「ばくおん!」や「クロムクロ」なんかも途中まで見てたけどバイク乗らないから
バイクあるあるネタを振られても予備知識無いから笑いのツボが理解できなかったり、
個人的に好きなP.A.WORKS初のロボットもので期待していたものの
よくある展開ばかりで新鮮味が無くて退屈してしまったりイマイチだったかな。
(テンプレは好きだけどロボットアニメの悪い所までやられるとちょっとね…)
どうせロボットもので檜垣亮さんを脚本に使うなら著書の「ハガクレ」をアニメ化して欲しかったな。
薄めの文庫3巻分と短いが内容は濃く非常に面白いのでオススメ。

青二才、出動! 内閣情報調査室別班ハガクレ1<内閣情報調査室別班ハガクレ> (角川文庫)




ちなみに5月末に購入したブルーレイ「劇場版ガールズ&パンツァー」に合わせてヘッドフォンを購入したのだが、
そのおかげで音が鮮明にかつ重厚に聞こえるようになったおかげでアニメがより楽しめるようになった。
砲撃音などバトルシーンの迫力はもちろん、キャラのセリフや足音、声の方向も分かりやすくなったし、
何より主題歌やBGMが聞き取りやすく伴奏の細かさまで楽しめるように。
これまでただ漫然とTV画面を見ていたのとは違う感覚で楽しめるのが非常に良い。
(ちょっとエッチなセリフの時も周囲に気を遣わなくて済むしね)

パナソニック 密閉型ヘッドホン 折りたたみ式 DTS Headphone:X対応 RP-HX750-S

新品価格
¥6,872から
(2016/7/8 20:42時点)




夏アニメもぼちぼち始まるが今のところは「甘々と稲妻」「あまんちゅ!」
「食戟のソーマ2期」「ベルセルク」辺りが楽しみかな。
そうそう、それ以上に今年の遠征どうするか考えなきゃね。
去年石垣島で酷い目に遭ったので今度はどうするか真剣に考えないと。
というわけで今日はこの辺で!!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/94-69c49553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)