FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

2016年冬アニメまとめ

※注意!:こちらの話題は釣りにほぼ関係ない記事ですので
興味の無い方は読み飛ばしすることをお勧めします!!


どうもお久しぶりです。
自分の釣りの引き出しの少なさと三寒四温の不安定な天気に振り回されてすっかり意気消沈気味の管理人です。
元々釣りものの少ない時期ではありますが、仕事の疲れと土日にあれこれ用事を片付けてたら
すっかり4月ですよ奥さん。
そんなわけで釣りといえばYouTubeで釣り動画を垂れ流して“つもりフィッシング”程度という有り様。
(「SHIMANO TV」みたいなガチなのもいいけど個人的には「四季の釣り」がゆるくてお勧めかな。
他には各メーカーのルアーの紹介動画で水中の様子やトップウォーターでのバイトシーンも好き。)
気づけば春アニメも続々始まっていてどうしようかという具合です。
ただこちらも最近は精神的に煮詰まってるのか飽きてきたのか自発的に本数絞ってる感じですね。
今まで週に一度の楽しみだった「スーパーヒーロータイム」も見なくなったし、
日曜7時から始まった「機動戦士ガンダムUC」もOVA途中まで見てるし
原作は文庫全10巻揃えて読破したから結末知ってるし別にいいやと惰眠を貪ってます。
(疲れてるから仕方ないと思う反面、今まで楽しめてたものが急に楽しめなくなることに危機感を覚えつつ)

そんなこんなでまずは2016年の冬アニメを振り返ってみようかと。




機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

1クール目を終えて折り返し地点に来てしばらく戦闘シーン少ないなぁと油断してたら、
フミタン・サヴァラン兄さん・ビスケットと名有りキャラがバタバタと死んでいく怒涛の展開に。
この辺りはやはりビルドファイターズと違ってガチの戦争なんだなぁとしみじみ。
途中で心の折れかけたオルガを三日月が無理やり再起させるシーンは狂気じみてて凄かったな。
悪魔との契約とも取れるあの二人の関係性の危うさが今後の展開にどう絡んでいくかが楽しみ。
ギャラルホルンもボードウィン家秘蔵のガンダムキマリスや瀕死の重傷を負ったアインを改造して
阿頼耶識を埋め込んだ禁断の兵器・グレイズアインを投入して三日月達の前に立ちはだかる。
キマリストルーパーの白馬の騎士然とした優美なデザインと四足でホバー移動する動きも良いが
グレイズアインの不気味な挙動と復讐に憑りつかれたアインの狂気が際立ってたな。
そして各勢力が入り乱れる中、自身の野望のために暗躍するマクギリスのキャラが立ってて実に面白い。
グリムゲルデに搭乗してすべての罪をガエリオに着せて引導を渡すシーンは本当にえげつないなぁと。
とりあえず1期は完全にマクギリスの一人勝ちになったわけだがこれをどう切り崩していくかが2期の楽しみかな。
まだマクギリスが抱く“怒り”の正体にも触れていないしバルバトスの秘められた力も伏線残してるしで。
よく「任侠ガンダム」とか「戦闘シーンが少なすぎる」と批判されているが(アナザーガンダムの宿命とはいえ)、
“戦争の中で生き抜く少年たち”や“野心を秘めて組織を内側から崩そうとする宿敵”といった構図は
ファーストガンダムの影響を最も色濃く受け継いでいると思う。
賛否両論多い作品ではあるが今まで見たガンダムの中で一番ハマってるから今後の展開が期待できそうだ。

おそ松さん

赤塚不二夫の名作ギャグ漫画の六つ子たちが大人になったらニートになってしまったという話題作。
それぞれ人気男性声優を使って見事に腐女子のハートをゲッツしたわけだが、
2クール目になっていよいよ腐女子狙いに全力を出してきて少女漫画風のイケメンになった六つ子「F6」や
全員がこじらせ系女子になってガールズトークを繰り広げる「じょし松さん」なる回まで登場して
正直誰得過ぎて途中からついていけなくなったのが残念かな。
ただ最終回手前のおそ松以外の兄弟が就職決まって一人取り残される寂しさと苛立ちはちょっと沁みたぞ。
そして最終回の“センバツ(何の選抜かは不明だがおそらく野球)”はまさに集大成って感じで面白かったな。

ハルチカ~ハルタとチカは青春する~

P.A.WORKSが送る一般小説原作のアニメだが吹奏楽部のアニメと思っていたら実は推理モノだったという。
先発の「響けユーフォニアム」と被ってしまうんじゃないかとの不安は杞憂だったかな。
(とはいえ、弱小校から普門館を目指すという大筋は一緒だし先生も眼鏡のイケメンってのは被ってるけど)
まあこじらせホモのハルタは置いておくとしてさすがP.A.WORKSというべきかとにかく女の子が可愛い!!
チカちゃんのコミカルな動きと愛くるしい声のせいで多少の粗も許せてしまう憎い作りがストレスフリーで実に良い。
髪を振り乱して動き回ったり印象的な瞳やセーラー服からのぞくおへそやペチコートがまさにキュートガール!
どうも期待度や力の入れようは春アニメの「クロムクロ」の方が上らしいが、
僕としてはご当地青春アニメで築いた実力がいかんなく発揮されてるこっちの方が好みかな。
ミステリーだけど人も死なないし不快な描写も少ないから(扱うテーマが重いこともあるけど)純粋に楽しめたな。

この素晴らしい世界に祝福を!

引きこもりのニート(アクア曰くヒキニート)の佐藤カズマがしょうもない死に方をしたことで
女神アクアの導きで異世界へ飛ばされ打倒・魔王を目指して冒険する、いわゆる世間で流行の異世界転生もの。
正直この手のジャンルは苦手でスルーするつもりだったのだが、試しに見てみたらこれが実に面白い。
何せカズマを呼び出した当の女神アクアがどうしようもなく性格が悪くガサツでアホなトラブルメーカー(駄女神)で
ことあるごとに人を小馬鹿にした口調(「~なんですけど!」とか「プークスクス!」)で挑発したり、
駄々っ子みたいにみっともなく泣き叫んだり無駄に借金を重ねたり全力でカズマの足を引っ張るという。
他には爆裂魔法以外覚える気が無く、毎回ガス欠起こしてその場で倒れてしまう中二病の魔術師めぐみんや、
攻撃が一切当てられない上に敵の攻撃を食らうことに無上の喜びを感じるどMの女騎士ダクネスといった
あまりありがたくないメンバーとの冒険が異常にテンポ良くて30分があっという間に過ぎていく。
キレの良いギャグとパロディ的な構成が昔見てた魔法陣グルグルみたいで懐かしかったな。
2期も決定したみたいだし、早く続きが観たいぜ。

無彩限のファントム・ワールド

可愛い女の子と水着の美少年の作画に定評のある京都アニメーション(京アニ)の学園異能バトル萌えアニメ。
出て来るヒロインも爆乳格闘美少女の舞先輩、黒髪ロングのお嬢様で大食漢の玲奈ちゃん、
クールビューティーの小糸ちゃんに熊大好きなロリっ娘久瑠美ちゃんと幅広いニーズに対応した親切仕様。
(ちなみに管理人は散々悩んだがCV.早見沙織さん(はやみん)という点から玲奈ちゃん推しです)
バトルのたびに舞先輩のおっぱいがぶるんぶるん揺れるなどエロ方面で話題になった本作だが、
テンポの良いコミカルな展開と迫力の戦闘シーンで思った以上に楽しめたな。
OPテーマがどことなく90年代っぽいのもおじさんに良かったのかも。

最弱無敗の神装機竜

毎度おなじみというべきかいわゆるバトル&エロ&ハーレムの“テンプレラノベ”と言われる本作だが、
流石に何作も似たようなものがあれば埋没してしまうので手を変え品を変え差別化してあって
主人公の容姿を中性的にして声も女性が担当して生臭さを消してるのが上手いと思った。
女装する話があってその時の姿も声も可愛いのなんの!(まあ女の人がやってるから当たり前なんだが)
またヒロイン達のポジションを変則的にして緩急つけてるせいかあまりダレずに楽しめたな。
中でも色々と積極的なクルルシファーさんや爆乳癒し系幼馴染のフィーちゃんが印象強かったな。
(その分メインヒロインのリーシャ様が割を食ってしまったのは否めないが)

だがしかし

週間少年サンデーで人気の駄菓子をテーマにしたギャグアニメ。
お馴染みのうまい棒や超ひもQなどに始まり、縁日の遊び方や“駅駄菓子”の都こんぶといった
多岐にわたるテーマが興味を引く。
また主人公のココノツ君が住む田舎町の風景が実にノスタルジックを誘うとともに
漁港やそれに連なる河口なんかもリアルに描写されてて良い感じ。
OP見るたびに「あの河口でルアー投げたらシーバス釣れそう」とかつい妄想してしまう。
なお上記の超ひもQだがワーム代わりにしてジグヘッドにつけるとメバルがよく釣れるとか。
ちなみに何でもすぐ影響を受ける管理人ですが、うまい棒とポテトフライの回の直後にそれらを大人買いしたら、
日頃のストレスと加齢によって胃腸がすっかり弱ってしまったのか胃が荒れて口内炎が出来てしまい、
もう子供の頃みたいに駄菓子をほおばることが出来なくなってしまったという悲しい現実に直面しました…。

そんなわけで久々の更新がアニメの感想のみというイマイチな感じで再会したブログですが、
大型連休に向けて英気を養っていると前向きにとらえつつもマンネリ化をどうにかして打破しないと
今後のネタにも響くわけでして・・・(色々企画中のものはあるのだが時間と予算がねぇ)
今年の遠征も去年のリベンジに南へ飛ぶかそれとも北へ飛ぶか、あるいは別方向を目指すか迷いどころ。
まあ色々根詰めてもしんどくなるだけなのでしばらくマイペースで不定期更新になりそうです。
あとスマホから自分のサイトを見ると字がずれたりすることがあったので
見やすさ重視で今回から試験的にフォントの大きさを極力統一してみました。

それではまた、よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/90-ac3ae3d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ