FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

シーバス釣行記&新兵器導入編

近所の釣具店のブログにイイダコが好調という記事を発見し、7年前にカレイ釣りの外道で釣ったことがある。東二見港へ。
当時は投げ釣りだったので青虫に食ってきたが、今回はあえてルアー風に狙ってみたいと思い、釣具屋で新兵器を購入。
見よ!世界の漁具メーカー、YOZURIが放つその名もイイやんを!!

イイやん

イイダコと関西弁の「~やん」をドッキングさせた親しみやすい?(寒い?)なネーミングと裏腹にイイダコへの期待が高まるぜ。
(とはいえ前日にPEラインとリーダーの結束が何度やっても上手くいかず結局以前のSFノットに戻した辺りに嫌な予感が…)


少し早めの昼食をとり、お昼過ぎに東二見港に到着。早速投げようとしたら先端はサビキ釣りの先行者で満員。
仕方なく中間地点から探るが、久しく行かないうちにまたテトラの積みが急になったのか、それとも僕の体力が落ちたのか、
ほぼ垂直に詰まれていて、所にとってはオーバーハングしてたり降りることは出来ても再び上ってくるのが難しいネズミ返し状態。
とてもじゃないが怖くて無理。(20代の頃なら無茶してただろうな…)
それでも高い足場から投げたり、奥の方のテトラの積みが低い場所からアプローチするがすぐ海草まみれになって釣りにならない。
しばらくあれこれとやってみたがタコの反応も無いので、橋を渡って人工島へ移動するが、ここでも似たような状況で結局諦めてタコ釣り終了。
さ~てこれからどうすっかなぁ~と道具を片付けていたらふと、
「そういや東二見の先ってあんまやったことないな」と思い一路東へ。
しばらく自転車をこいでいると小さい川を発見。そこからサーフへと流れが濯いでいるのでここでやってみようと思い仕掛けをセットし直す。
初めは東側から川の中を中心に探ってみたが、生命反応薄くわずかにボラが跳ねてるだけだったので早めに見切りをつけて西側へ。
向かい風のせいか、沈んだ導流堤を中心にサラシが出来ていて、その影響で海岸の砂が反転しニゴリが発生している。
まるでサーフでヒラスズキ狙ってるみたいだなと思いつつキャスト。
ルアーはJacksonのアスリートスリム12FSSゴールドクラウン。僕がニゴリが発生してる時に必ず選ぶ信頼のルアーだ。
ややファスト気味にリトリーブしているといきなり足元からシーバスのアタック!残念!ミスバイト!!
あまりに突然だったので僕の反応も鈍ったのかと反省しつつ2回、3回とキャストを繰り返すと再び同じ場所でヒット!!
重さは無いがとにかく走る!ジャンプもしまくるでタモ入れに手間取りつつもどうにかランディング。

12.11.20 瀬戸川 シーバス

軽量してみると49センチ。あと1センチあれば切りが良かったんだがなぁと思いつつしばし感慨にふける。
前回の68センチには及ばないが銀ピカのきれいなシーバスだ。キープしようかとも考えたがクーラーが小さいで泣く泣くリリース。
見るとシーバスの活性が上がってきたのか所々でライズが。こうしちゃおれんと思い再びキャスト。
ただ、スレてアスリートスリムへの反応が薄れてきたのか追っては来るが中々乗らない状況が。
そこでよりナチュラルに誘おうとシンキングペンシルを導入。使うはマリアのブルースコードC90のアカキン。
何度かのチェイスの後でようやく本アタリが!と思った瞬間痛恨のラインブレイク…orz。
ただでさえ金が無いのに貴重なルアーが…(泣)
サーフであれだけ砂が舞ってたらラインにダメージ行ってるだろうにロクに確認しなかった僕の完全なミスだ。
しかもこのブルースコード。今まで買っていた近所の店が急にマリアの商品の大半を扱わなくなり、
代わりにコ○マンだのス○ジットだの流行のルアーばかりになったせいで補充も満足に出来ないというのが…。
しかもアカキンに至っては他のイワシやレッドヘッドと違いスペアを持っていないという…。
まあとりあえずタコはダメだったがシーバスで取り返したんで善しとするか、と無理矢理納得させて帰路についた。
(さて、ブルスコの補充どうすっかなぁ……)
スポンサーサイト



テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/9-e3622613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)