FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

ダイコーフィッシング事業撤退

公式サイトでのまさかの発表、と釣り人の間で話題になっていますが管理人としては

・環境省によるラージマウスバス・スモールマウスバスの
特定外来魚指定によるルアー市場の縮小
・メジャークラフト等新興メーカーによる海外生産・低価格商品の市場圧力
・完全国内生産・低価格・良品質が最大の売りだったのにラインの大半を
中国生産に切り替え、ブランドイメージを大いに損なう
・「他所も似たような値段だしウチは国産なんだから」という
ここ最近の強気な価格設定
・原材料費の高騰
(これについては正直他所のメーカーも錦の御旗にしてて怪しい面も)
・消費税引き上げとそれに伴う消費の冷え込み


等々挙げればきりは無いが、いずれそうなろうだろうなという予感はありました。

思えばダイコーとはバス釣り時代にブルーダーの青いブランクスに一目ぼれして以来の付き合いになります。
シーバスではバイトして貯めた金で買ったプレミアブロスは高知までタイリクスズキ釣りに持って行ったっけ。
そして現行のランスマンはでかいエイを2度も掛けても(おいおい)びくともしない強靭さとしなやかさがお気に入り。

とはいえ、上にもあるようにここ最近になってラインの大半を中国に移して、エントリー機は海外、高級機は国内生産と
むやみにプレミア感を煽る様な売り方にシフトチェンジして行ったこともあって、自分の中でダイコーに対する信頼が揺らいでいったのも事実。
これは個人的な我儘かもしれませんが、国産の良いものを良心的な価格で
提供することが最大の強さであり良心だったあのダイコーにだけは
そんな商売をして欲しくなかった。

これだけチャイナリスクが叫ばれる中で技術を盗まれること前提でそれまで築き上げたブランドイメージをドブに捨ててまで
目先の利益に飛びつく、そんなヘビが自分の尻尾を食う様な真似だけは。

確かに、海外生産の安価な釣り具は新しい釣りの分野を開拓するのに大きく貢献はしました。
ですが、その一方で安かろう悪かろうで業界全体が使い捨てみたいになってしまっているのも事実。
「ものづくり大国日本!」と耳触りの良い掛け声だけは立派でも、世の中全体はものづくりを縮小させる方向に舵を切っています。
あのソニーだって家電業界から撤退する時代です。サンヨーは切り刻まれて中国に叩き売られました。
釣り具業界と無関係なようで実態は似たようなものです。
とはいえ「国産商品を買って応援!」と行きたくてもサラリーマンのお小遣いでは手が出しにくく、
小さなメーカーの場合、店頭で触ることすら出来ないのも事実。
がまかつは竿を原材料費高騰を名目に15%も値上げしました。
現在、メッキ等ライトルアー用に使っているブルーカレントを作っているヤマガブランクスは中々店に実機が置いていません。
とりあえず今は手持ちのランスマンを大事にしつつ、次に竿を買う必要に迫られたらどうしようかと思い悩む日々です。

生意気なことばかり書き連ねてしまいまとまりに欠ける文章で申し訳ありません。
自分のこれまでのダイコー製品に対する思いもあってつい辛辣な書き方になってしまいましたが、
ダイコーの竿は僕にとって大事な釣りのパートナーであり、これからもそうでありたいと願っています。
初めてランカーバスを釣ったブルーダーも、シーバス釣りの楽しさを教えてくれたプレミアブロスも、
そして今使っているランスマンもこれからどんな思い出を作ってくれるのか。
色々と複雑な思いはありますが、ひとまずダイコーのロッドに感謝!!

スポンサーサイト



コメント

スピードスティック(SSC)は
昔使っていましたが
かなり良かったです。
当時、ダイコー製品は値引き率が高くて
買いやすかったですよね。

このところのダイコーの動向には無関心でしたが
無理のあるブランド戦略で
自滅しちゃったんでしょうか?

  • 2014/11/30(日) 21:32:13 |
  • URL |
  • SK #-
  • [ 編集 ]

>当時、ダイコー製品は値引き率が高くて
>買いやすかったですよね。
ブルーダーを買った時は実売1万6千円でそこからセールで3割ですからお年玉でも充分手の届く良心的な価格でしたね。
それが最近雑誌で見た開発者のインタビュー記事だと「リーズナブルな価格にしました!」と言って定価5万円超ですから…
>無理のあるブランド戦略で
>自滅しちゃったんでしょうか?
大阪の地下街にオサレなショールーム作ったり的外れなことしてた記憶が…
高級路線は悪くないのですがそこに至る入口のエントリー機を中国生産にしてしまい、結果的に昔からのファンから嫌われたのと
「中国製ならどこも同じだしだったら安い方買うわ」と他所に客層奪われたとの両方ですね。
あと個人的にはどうでも良いのですが有名なテスターも居なかったのが広告戦略に響いたのかなと。

  • 2014/11/30(日) 22:31:07 |
  • URL |
  • 万年雑魚釣り師 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/70-5acd63e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)