FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

ラパラ CD7・CD9

今日は一日中雨だったので本来なら前回行った加古川に行くはずだったんだが…。
仕方ないので今ハマってるアニメ「ロボティクス・ノーツ」の主題歌を歌いながらフック交換しつつ
(注:管理人は重度のアニヲタなので無意識にアニソンを歌う癖があります)
一軍ルアーのメンテを兼ねて自分が普段使ってるルアーの紹介でもと思い、色々書いてみることにした。
(べっ、別にネタが切れたとかそんなんじゃないんだからねっ!!)
その第一弾としてまずはフィンランドが誇る世界的漁具メーカーラパラからシーバス黎明期から現在まで第一線で活躍し続ける、
カウントダウン7㎝・9㎝(CD7・CD9)を紹介したいと思う。
(とはいえ既に数多の雑誌やブログで取り上げられてるから今更語ることも無さそうだが…)

CD7 ドラえもんカラー


今まで僕がシーバス釣りをやってきて多分一番魚を釣っているルアーがCD7だと思う。
上の写真の青いCD7は手元に残ってる中で一番のヒット率を誇っている通称:ドラえもんカラー
あまりに酷使し過ぎたせいで表面のコーティングが浸水し、銀箔が剥離したために地肌の木目まで見えてきたのでこれを気に勇退させた。
使い方は主にデイゲームでの超高速リトリーブによるリアクション狙いが多いかな。
どれだけ速く巻いてもアクションが破綻せず最後まできっちり細かくウォブリングしながら魚を寄せてきてくれるのが強み。
初めての場所やとりあえず魚の顔が見たい時にこいつを投げるとかなりの確立で食ってくれる。
普段通う場所が小河川なので今の主流のスリム系ロングミノーや鉄板系バイブレーションなどでは
ベイトサイズより大きすぎたり、場所によっては潜りすぎてすぐに根がかってしまうので7~9㎝級の小型ミノーはベストマッチ。
最近はよく「飛ばない」とか「色や見た目がリアルじゃない」なんて酷評されてるが
飛距離はタックルががPE主体になってる分かなり解消されてると思うし、魚は見た目なんてあまり気にしてないと思う。
ただ最近はラパラも日本市場意識してCDにもジャパンスペシャルと称してリアル系のカラーを導入してきている。

CD7 新旧青系

上が普通のブルーで下がジャパンスペシャルのイワシカラー。
まあ特に色は気にせずにワゴンで480円だったのを買ってきただけなんですがね。
最近は国産ルアーに押されてワゴンの常連になりつつあるのが寂しくもあるし僕のような貧乏アングラーには嬉しくも。
そんな感じでワゴンで見かけたら何個かまとめ買いして補充してるのでストックは充分。
色は選べないが釣果にさほど影響しないので割と節操無く集めてる。

CD7 コレクション

携帯カメラ&照明暗いのでこんなんしか撮れなかったがとりあえずフック交換済んだものを。
左側4列目のCD7も結構な数釣っていて現在二代目が稼働中。
欲を言えば今度はCD9のストックが欲しいところかな。
フックはカルティバの値上げ後に店に残った旧パケを買えるだけ買ったのでそれを主に使ってる。
ただ手持ちが切れたらがまかつかカツイチに乗り換える予定。
まあこんな感じで手持ちのルアーなんかも紹介していくので今後ともどうぞお付き合いください。
(言えない、ブログ始めて1月もせずにネタ切れなんて…)
スポンサーサイト



テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/7-4cad0574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)