FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

加古川ライトルアーその3

お昼過ぎにちょっとだけ時間空いたので加古川へ。
夕方までの短期決戦なのと小潮なのでシーバスよりは確実性をとライトルアータックルを持って行く。
いつものピンテールチューンで探っていくといきなりヒット!

12.11.08 加古川 コトヒキ

さすがにシーズン終盤ともなるとコトヒキも中々のファイトを見せてくれる。
とはいえ、これ以降何度もコトヒキばかりヒットするのが地味にしんどい。
何せエラブタと背びれのトゲが針外してリリースするたびに突き刺さるのが痛いのと、
なにより同じ魚ばかり釣れると次第に飽きが来てしまうのが…。
やっぱし小潮だし、水温も段々下がってるしでメッキはもう駄目かな…。
更にシーバスさすがに居ないと思ってたら前回よりもボイルが頻繁に起こってる上に、
ベイトもボラ以外にサヨリや上流ではイワシボールが出来ていてまたしてもシーバスタックル持って行かなかったことを後悔する。
そうこうしている間に川が荒れてきたのか足場が水没し始め、反対側のテトラからは水しぶきが。
本格的に荒れる前に短期決戦をと思っていたら突然のアタリ!

12.11.08 加古川 カマス

スレがかりとはいえ30センチ近いカマス。
潮が動き出してきたせいか一時期食いが渋ってたコトヒキも食い始める。
やがてカマスが釣れたのと同じコースを引くと今度は明らかに強烈な本命のアタリ!メッキだ!!
慎重にやりとりしつつ抜き上げようとすると持ち前のスピードで一気に海中へと沈んでいく。
ドラグの力に頼りつつ何度か突進をかわしようやくゲット!!

12.11.08 加古川 メッキ

前回よりサイズは小さいが銀ピカのきれいな魚体だ。
メッキにもギンガメアジ・ロウニンアジ・カスミアジと様々な種類があるが加古川は今まで釣った感じだとロウニンアジが多い気がする。
尾びれの下半分が黄色いのと目の上が張り出していて口までの角度が急なのがその特徴だとか。
その後も釣りを続けるが本格的に荒れだしたので上流へと場所移動。
水門付近をあれこれ攻めてみると40センチほどのシーバスがピンテールチューンをチェイスしてきたが僕の存在に気づきUターン。
更にすすむと今度は足元に30~40センチくらいのチヌが2匹悠々と泳いでいる。
ただこちらは熱心にイガイか何かをついばんでいるのかルアーには無反応だった。
まあタモも無いし竿もメバルロッドだからゴボウ抜きも無理だから万が一掛けても取り込むのは難しいだろうけど。
そんなことを考えていたら足元を60センチはあろうかというシーバスがこちらを向いて泳いできた。
そいつはしばらく僕の顔を見つめるとやがて鼻で笑うかの様に悠然とその身を翻して去っていった。
「……あかん、完全になめられとる」

次こそはシーバスタックルで本気勝負だ。そう誓いながら家路に着いた。
(……でもそういう時に限って魚居ないこと、多いんだよなぁ……)
スポンサーサイト



テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/6-84f34831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)