FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

ガイア ネジワームと私的マイクロワインド考察

どうも、GWは釣り以外の用事で奔走しててそれどころじゃなかった管理人です。
まあいつものポイントも人が入っててそれどころじゃ無さそうだけど。
そんなわけでネタも無いのでルアー紹介をと思ったが、いつもシーバス用のプラグばかりなので
たまにはワームでもと思い、バッグから普段メインで使ってるワームを引っ張り出してきた。

ネジワーム


ガイア ネジワーム
よくある人気ルアーのコピー商品だが一部では「オリジナルより釣れる!」との評判も。
ちなみにオリジナルはこっち。





オフト スクリューテールグラブ
元々はアメリカでパンフィッシュ(ブルーギルやクラッピーなどの総称。フライパンで焼くのに
ちょうど良いサイズの魚という意味。)を対象に作られたワームだが
日本ではブルーギルを専門に狙う人はあまり居ないためかメバル用として販売され現在に至る。
ちなみに管理人は以前、このワームで琵琶湖の激スレポイント
(場所は失念したが漁港の橋げた付近で結構混んでた)でバス狙いにこいつを投げて
かなり良い思いをした経験が(ただし使ってたのがメバル用ジグヘッドなんで
ちょっと大きいバスだとすぐ針伸ばされてた)。


話が横道にそれたが両者の大きな違いとしてマテリアルの質感がネジワームは柔らかめ
オリジナルは若干かため
と言う点と
ネジワームのフォーミュラは素材に練りこんであって嗅ぐと石鹸みたいな匂いがして、
オリジナルは普通のオイル系って所かな。
あと値段がネジワームのが安い割に包装がしっかりしてて1本ずつ入ってるお陰で型崩れしにくいのが良いね。
(写真でケースからはみでているものは一度使用したものとして分けてます。)
値段についてはネジワームの場合、セールの目玉として叩き売られることが多く、
僕の見た範囲では1パック100円というケースも。


(財布に優しい所もチビッコアングラーやおこづかい制のお父さんにもお勧め!)

そんないいとこづくめのネジワームだがその柔らかいマテリアルと匂いのせいか、フグにも大人気で
すぐに発見されてジョジョ第4部に出てくるザ・ハンドのスタンド攻撃を喰らったみたいに
ボコボコになってしまうことが。

あとオリジナルと比べてカラーバリエーションが少なく(それでも充分な気がするけど)、細かい釣りを展開する
アングラーにはちょっと不足かも。
ちなみに僕は画像の中ではグローピンククリアラメを多用してる。
グローパイロット的に、ピンク視認性とサビキ釣りが盛んな場所でアミエビの色に合わせるため、
クリアラメ澄み潮時やエビ撒き釣りのシラサエビを意識して使ってる。

ここまでネジワームの紹介記事になってたけどここからが本題。
最近、マイクロワインドっていうことで
日中に重めのダート系ジグヘッドストレートワームを組み合わせた釣法が流行ってるけど
アレに似た方法を実は10年ほど前からやっていてかなりの実績を上げてたりする。
(何だかよくある「誰々はワシが育てた!」みたいな発言で恐縮だけど)
厳密には違うんだけど個人的にはシラサエビなどのエビ餌を意識して動かしてたかな。
まずはジグヘッド

メバル弾丸#8【新品】

価格:280円
(2013/5/10 19:20時点)
感想(0件)




(色々試したが形状、動きともにカルティバのメバル弾丸1.5gがベスト)に、
頭から1/3程度にカットしたネジワームを装着。

エビっぽい


どう?見た感じエビっぽいでしょ?(脳内補正)
こいつをテトラ際や桟橋などの目ぼしいストラクチャー、足元のケーソンのスリットにギリギリ投入するか
沖の潮目や藻場周辺にキャストし、底までフリーフォールさせる。
底に着くと同時にシャクリ上げてダートさせ、カーブフォールの繰り返し。
シャクった瞬間に若干穂先を送り込むと頂点で一瞬ストップして食わせの間を作ることが出来る。
アタリはその直後にフォールが止まって糸が一瞬フケて横に走るパターンか、
フォールして再び底からシャクり上げたと同時にガツン!と来ることが多いかな。
最近はそうでもないがこの釣り方を始めた頃はメバリングが今ほど流行ってなく、
日中にやる人も少なかったのでかなり良い思い出来たし日によっては2桁釣果も。
ただ最近は専用ワームやジグヘッドも出てきてるのでその辺もちょっと試してみたいかな。
若干時期外れにはなったけどメバル釣りもやってるんで徐々に成果を発表出来ればなぁと思いつつこの辺でお開きに。

(そういや最近メバル釣ってないなぁ…、最後に釣ったの何年前だっけ…)







スポンサーサイト



テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/24-b014bd3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)