FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

TIEMCO ナイトレイド80F

4月に入ってからすっかり更新も滞ってしまいましたがお久しぶりです。
私事ですが経済事情から深夜バイトを始めたため、釣りに行く時間が全くとれず、たまの休みも春の嵐や疲労により行けずじまい。
春アニメも全然チェック出来ていないのでこれも辛い(特に一番楽しみだったヤマトが見れないのが…)
注:管理人は無駄に物持ちが良いせいか家電製品の買い替えが進まず、
一時期アニメから遠ざかってたせいもあってレコーダーも地デジ対応の液晶テレビも持ってません。
自室にはSFC再生装置として未だにテレビデオが鎮座してます。

前置きはさておきせっかくなのでタックルの整理ついでに手持ちのルアーをチョロチョロと紹介していければと。

ナイトレイド80F

今回紹介するのは老舗ルアー&フライメーカーTIEMCO(ティムコ)ナイトレイド80F
komomoなんかに代表されるいわゆるシャロー系リップレスミノーなんだが、一般的な120mm代ではなく
80mmという僕が普段通う港湾・小河川といった小場所にベストマッチするのが嬉しい。
このサイズのシャロー系リップレスは数が少ないので替えが効かないのが強いかな。
特に大量発生するイナっ子や上流から流された小鮒などの小型ベイトが多い時に便利。
また、扁平な側面がうまくフラッシングしてアピールしてくれるのでサイズ以上の効果が。
あとバチヌケの定番ルアーとしても有名。
使い方はベイトが回ってる場合は夜はスロー~ミディアム、昼はミディアム~ファストのただ巻きで
バチヌケ時にはひたすらスローのただ巻きと幅広いリトリーブ速度に対応してるのが嬉しい所。
ウェイトに関してもタングステン&重心移動機構付きで問題なくキャスト出来る。
カラーに関してはさすが老舗メーカーというべきかパールの吹き付け具合も綺麗で妥協しない所も良い。
(写真上部参照)
画像中央のイワシカラーのホロも成績が良く、昼夜問わず使えるのもgood!
そして最大の特徴はこのルアーの比重
海水ではフローティング、汽水域ではスローフローティングから今で言うSSP(セミサスペンド)で
真水ではシンキングと絶妙な設定のお陰で、水に馴染みやすく、より自然な泳ぎが出来るという代物。

多分意図的にそうしたんだろうけど、これを使用後の塩抜き時に偶然発見した時は正直ビックリした。
そんないいとこずくめのナイトレイド80Fだけどデメリットもいくつか。
80Fの名前が示すとおりこのルアー、元々は細かくサイズ展開していたのだが(確か60、80、97、120、140にスリムサイズ)、
どういうわけか次々と廃盤になり、2013年現在のカタログには80Fのみが残っている状態。
その80Fもどういうわけか店頭でほとんど見かけず、通販でも扱っているサイトが少ないor在庫切れのままという不遇っぷり。
この97Fのレッドヘッドホロがとにかくよく釣れて夕マズメに良型が連発した思い出があるので残念。
ワゴンで叩き売りされてる時に一生分買い占めておけば良かった……orz
あと写真下部のクリアチャートイワシorシラスかな?については初回限定生産カラーってことで即廃盤になってしまった。
この色は手持ちの3本の中でも一番魚を連れてきてくれるだけにロストを恐れて使いづらいのが……。
正直正式にラインナップに加えてもおかしくないくらい良いカラーなんだが。
もうちょっとその辺ティムコさんも考えて欲しいところ。
そして絶妙な比重設定ゆえに必要以上に深く潜ってしまったり塩分濃度の薄い場所だと沈んでしまうせいか
根がかりが多く、何回もロストしてしまい、現在手持ちのナイトレイドはこの3本のみ。
そう思って最新版のカタログを覗いてみたらなんと!近々ナイトレイドに新型が登場するとのこと。
新型は河川でのレンジドリフトを意識したものでサイズは90mmとか。
ぜひともその勢いに乗って97、120あたりの復刻も…、と行きたい所だが何はともあれ楽しみかな。
とまあオチがついた所で今回はお開きということで。
中々暇もとれなさそうですが時間を見つけて釣り行ったりルアー談義については
またボックスひっくり返して色々書くつもりなんで(若干の偏りは多めに見てやってね!)
今後ともお付き合い頂ければと。

スポンサーサイト



テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/22-cb2fdba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)