FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

2019年 宮古島遠征

どうもお久しぶりです!1ヶ月以上ぶりですがいかがお過ごしでしょうか!?

前置きは置いといて、それでは宮古島遠征のまとめを始めます!!

1日目

2019関空

直前まで台風が3つも同時に発生していたので「今回もやっぱダメなのかなぁ」と不安になりつつも
どうにか飛行機が飛んでくれたのでようやく宮古島に到着。

2019宮古そば


さっそく道の駅で遅めのランチに宮古そばをすする。一緒に煮込んだソーキが美味かった!

その後、近くの釣具店で情報収集。品揃えは本土より少ないものの、マリアやヨーズリの廃盤ルアーや海外向けルアーなど珍しいものが沢山。
市街地から離れたホテルに到着後、近くの磯場に釣りに行く。
まず最初に蛙スプーンの9g(ゴールド)をキャスト。すると早速強烈なアタリがあったが、うまくフッキングしない。
そして遠浅のせいか、油断するとすぐにリーフや根に引っかかってしまう。
幸い、ノットアシストを使ってしっかりFGノットに組んだPE1号&リーダーフロロ5号の組み合わせなら多少強引に引っ張っても回収できるが、
すぐにフックが伸ばされたり、最悪の場合針先が潰れてしまうので想像以上にルアーの消耗が激しい。
使っていないルアーからフックを外す共食い修理で急場をしのぎつつ、引き続き釣っていくと、今度はチヌーク10g(チャートゴールド)にヒット!

2019宮古島モンガラ1

宮古島初ゲットキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

見事なムラサメモンガラだ。近似種のタスキモンガラと合わせてハワイではフムフムヌクヌクアプアアという面白い名前で知られている南国ならではの魚。
その後何度かアタリはあったものの、残念ながら初日はこの1匹のみで納竿し、2日目以降に期待。

2日目

ホテルの利便性はイマイチだったが、歩いてすぐの所に釣り場があるので個人的にはそこがプラスだった。
朝イチで即釣りに行ける理想的環境。場所は昨日と同じポイントでルアーは応急処置的にフックを直した蛙スプーン。
着底と同時にリフト&フォールで誘っていくと強烈なアタリ!

2019宮古島モンガラ2

モンガラちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

どうもこの一帯はモンガラの巣になっているみたいだな。
針がかりが悪いのはおちょぼ口でなおかつ硬いくちばし状になっているカワハギ系の特徴のせいか。
その後、ホテルで朝食を食べ、釣りのポイントを探し海岸線をランガンしていくのだが、南国特有の大雨が降ってきて、
まるで釣りにならず結局2日目の釣果は早朝のモンガラのみ。
釣りができる実質最終日の3日目に望みをかける。

3日目

前日に引き続き、朝練と称して釣りに行く。
今度は磯場の反対にある砂浜と石積み護岸を中心に攻める。
使うルアーはマニックフィッシュ88(グリーンゴールド)。トップ的に使用することで活性の高い魚を拾っていく。
すると着水と同時に強烈なアタリ!
魚の活性の高さと宮古島のポテンシャルに戸惑いつつも走り回る独特の引きを楽しむ。

2019宮古島メッキ

久しぶりのメッキキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ここ最近地元はおろか遠征先でさえも会えなかったメッキにようやく会えた。それだけでも感慨深い。
やはり早起きは三文の得だなぁと思いつつ釣りを続けるが、メッキはこれ以降釣れなくなってしまう。
一応チェイスはあるのだが、ガッツリ食ってくれないのであれこれルアーを替えながら魚を誘う。
そしてレッドペッパーベイビーに水面を割ってガボッと魚がヒット!

2019宮古島エソ1


まさかのエソとは・・・。引きが異様に軽いのでもしやとは思っていたけどトップに食うとは想定外だったよ。
その後も色々探ってみるがあまり成果は得られず、今回最大の目玉ポイントである伊良部島&下地島へと向かう。

2019宮古島まもる君


途中姉から頼まれた「宮古島まもる君」の写真を撮ったり、

2019伊良部大橋


伊良部大橋を写真に収めたりと観光もしつつ良さげなポイントを発見。早速釣りを始める。
今の潮はちょうど干潮に当たり、できる限り前に出てキャストしてみる。
スプーンだけでなく、トップやミノー、シンペンも試すが、あまりいい反応は得られず、
結局最初の蛙スプーン9g(ブルピン)に戻して表層をスローに引いてくると突然ひったくるようなアタリが!!
キツめにドラグを締めていたはずなのに勢いよく糸が吐き出されていく。
もうこうなりゃ!とドラグをその場でフルロックにして一気に巻き上げる!

IMG_0696(Edited).jpg

バラクーダキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

バラクーダは本土でも石垣島でも釣ったことはあるが、ここまで大きいのは初めてだ。
よく見るとスレ掛かりになっているが、これだけ口が細いと掛かりにくいのも仕方ないか。
それにしても流線型のボディにメタリックな体色が魚というよりもメカっぽくてカッコいいな。
その後も釣り続けるが、水上バイクに場を荒らされることが多く、魚が散ってしまったので場所移動。

下地島周辺を探っていくが、海水浴客が多かったり、エントリーできない場所が多く、思ったよりも釣りがしづらかった。
ようやく脇道を見つけてそこから磯場へエントリー。
場所は外海に面していて、一見良さそうな場所だったが、予想以上に海が荒れていて、リーフエッジには入れなかった。
仕方なく、タイドプールや浅瀬を中心に探っていくと1投目から即ヒット!

IMG_0702(Edited).jpg

ベラだ。何ベラかはわからないけど南国らしい派手な柄に思わずウットリ。
それにしても自分の体長とあまり変わらない蛙スプーンにアタックしてくるなんて度胸あるなぁ。
そんな感じで釣り歩くが、アタリはあるものの魚が小さいのかそれとも竿がいつものモバイルパックじゃなくソルティストモバイルなせいか、
もしくは僕の腕の問題なのかアタリを弾きまくってしまい、思った釣果が得られない。

IMG_0704.jpg

IMG_0705.jpg

結局、エソを2匹追加しただけでそれ以上釣果が続かなかった。

途中、伊良部島に戻って釣具店で色々情報を聞きつつするのだがその後も成果は上がらなかった。
とはいえ、まったくの手ぶらで終わったわけではなく、非常に面白いものが手に入った。

IMG_0718(Edited).jpg

サラペン70

沖縄発のハンドメイドルアーで以前から欲しかったのだがようやく手に入った。
さすがにもう日程的にも時間的にも釣りは難しかったが、次回こそはこいつであれこれ釣ってみたいと思える実りある収穫だった。

4日目&まとめ

3日間分の日焼けの痛みに苦しみつつ、名残惜しいが宮古島を去ることに。
空港に着いて早々に職場からメールが来て「ああ、日常に戻ってきてしまったんだなぁ」とうなだれる。

今回の遠征については去年の沖縄、一昨年の石垣島がやや消化不良気味で終わった分、概ね満足できる釣果だったかな。
タックルについて、最初はモバイルパックとソルティストモバイルの2本立てで行く予定だったが、荷物が多くなってしまい、
リーフでの釣り用にと用意したソルティストモバイル1本に絞ったのが結果的に良かったみたい。
なにせ釣り場が岩礁帯なので潜られる前に根から引きずり出すことが要求されるのである程度強いタックルでないとしんどいのだ。
とはいえ、MLのシーバスロッドゆえ、バイトを弾かれることが多く、かなりの魚を取りこぼしてしまったのも事実。
この辺りのバランス感覚が結構難しいなぁと改めて実感。次回からの大きな課題になりそうだ。
ルアーに関しては相変わらずスプーン大活躍というか今年導入の蛙スプーンの威力が凄まじかった。
Amazon経由で購入できることも分かったし、次回からの主力決定だな。
ただフックの消耗が予想以上に激しいので今後はその辺りも考えておかないと。
スプーン以外のルアーも活躍したので今後はスプーンをメインにしてフォローにプラグ類という位置関係が良いかもね。

それでは今回の遠征記事はここまで!
また近いうちにお会いしましょう!!

Rod :ダイワ ソルティストMB SB 85ML-5
Reel:シマノ バイオマスターC3000HG
Line:よつあみ G-soul X8 upgrade 1号 + クレハ シーガーエース5号

蛙スプーン 9g 7色 (ピンクミンサー)

新品価格
¥660から
(2019/9/15 18:13時点)




ダイワ(DAIWA) スプーン チヌークS 10g S/グロー

新品価格
¥518から
(2019/9/15 18:15時点)




DUO(デュオ) ルアー ベイルーフ マニックフィッシュ88 グリーンゴールドOB AHA4059

新品価格
¥1,198から
(2019/9/15 18:16時点)





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/173-58923aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)