FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

蛙スプーン 宮古島遠征に向けた新兵器投入

どうも、いよいよ間近に控えた宮古島遠征にテンション上がりっぱなしの管理人です。

予告どおり春アニメまとめは結局できずじまいでしたね。
結局完走できたのが「世話やきキツネの仙狐さん」「フェアリーゴーン」「ひとりぼっちの〇〇生活」「超可動ガール1/6」だけだったので…。
相変わらずジョジョ第5部は面白かったですけどね。
アバッキオの最期と先輩警官のくだりは作品のテーマである“黄金の精神”を体現していて感動モノでしたよ…。
『そうだな・・・・・・ わたしは「結果」だけを求めてはいない 。「結果」だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・・・・
近道をした時、真実を見失うかもしれない。やる気もしだいに失せていく』
『大切なのは「真実に向かおうとする意思」だと思っている。
向かおうとする意思さえあればたとえ今回は犯人が逃げたとしてもいつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな。…………違うかい?』
このセリフは今の世相全体にはびこる努力もせずに楽な方法で力を得ようとするやり方や負けたり失敗した者を悪しざまに罵る風潮、
他者を踏み台にし、強者におもねりそのおこぼれに与ろうとする歪んだ精神に対する強烈なアンチテーゼになっているなぁと。
同時に自分もそちらの側に進んでいないだろうかと日々の言動を振り返って、反省するところしきりだったり。

まあアニメの話はさておき本題へ。
以前紹介した沖縄発のスプーン、既に実績充分なAPOON!と双璧を成すのが今回紹介する蛙スプーン。

蛙スプーン1

何度も触れているが透明度が高く、遠浅のリーフが続く沖縄ではスプーンを使った釣りが盛んで、
そのフラッシング効果と遠投性、何より一般的なルアーよりもコストが安いため幅広く普及している。
中でも蛙スプーンは柳の葉のような独特のフォルムと、逆エッジ加工という特殊な処理を施されているのが特徴。
通常、スプーンを作る工程では、表側(凸側)のエッジを丸く、 裏側(凹側)のエッジを角にするが、蛙スプーンでは発想を逆転。
水流圧が当たる裏側(凹側)のエッジを丸くすることで、水流の受け流しにスムーズさが加わり、フォール/スイミングでの動きが滑らかになっている。
要するに複雑な潮流の中でもうまく水を受け流して泳ぐ形状をしているというわけ。
APOON!やプラバーでも充分かなと思ったのだが、今回はどうせ行くならと、タマンやミーバイなどに対して実績のある蛙スプーンを思い切って購入したわけ。
今回はスタンダードな9gにカラーは無塗装のゴールドと定番のブルピンをチョイス。
他には3.2g、14g、20g、25g、35gがあるが、既にダイワのチヌークとエコギアのセシリア、ヤリエのグリーブがあるので今回は買わず。
ただ、必要があれば現地で購入するかもね。
ちなみにこれまでは沖縄ルアーを現地で購入していたが、今回はamazon内のルアーショップYOSEMIYAにて購入。
(最初の沖縄遠征で立ち寄った釣具店と知って驚きと同時に懐かしさが…)
日数はかかるが(それでも3日程度だから充分すぎる)確実に入手できるので今度から積極的に使うことができるなぁと。
フックに関してはトレブルフックの場合6番~8番とされているが、やはりスプーンらしく段差フックが良いなとがまかつのアシストフックを装着。

蛙スプーン用フック

対象魚次第だがとりあえずこれでやってみるかな。

蛙スプーン2

あまり大きすぎると本体やラインに絡んだりするし。

これでライトルアー&スプーンの準備は整ったので後はもう半分のプラグ類を選抜しなきゃな。
果たして蛙スプーンの実力やいかに!?
それ以前に管理人は初の宮古島で釣果を得ることができるのだろうか!!?
続く、次回へ!!?

蛙スプーン 9g 8色 (シルバーベース:ブルーチャート)

新品価格
¥660から
(2019/7/7 22:53時点)




がまかつ(Gamakatsu) アシストフック アシスト59 ライト 2号 2組 ブラック

新品価格
¥430から
(2019/7/7 22:56時点)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/171-bfb96fa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)