FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

書評番外編:懐かしのルアーボーイ

どうも、最近タックル整理と遠征資金調達を兼ねてメルカリにハマってる管理人です。
自分で発送の手続きしたり落札者とやり取りしたり若干の手間はかかるものの、普通に中古釣具店に売るより割りが良く、
モノによっては倍以上の値段で売れたりするのが楽しいですね。
何より自分が使わなくなったり、買ったはいいけど持て余して仕舞いこんでた未使用ルアーを誰かに役立ててもらえるのが嬉しいです。
そんなわけで昔の釣り道具をあれこれ整理していたらこんなのものを発見。
ルアーボーイ1

ルアーボーイ

バスバブル最盛期にダイワが全国の釣具店に販促物として配布していたフリーペーパー。
メインターゲットは10代の釣り少年ということで当時まだ純粋?なバス釣り少年だった管理人も愛読してたっけ。

ルアーボーイ2

バス釣りということで当時常吉リグで一世を風靡した村上晴彦氏(現:issei代表)の御姿も。
当時はダイワから色んなロッド売り出してたなぁ。ハマスペとかカワスペとか別誂ツネキチスペシャルとか憧れだったぜ。
タックルの広告からも時代を感じられるなぁ。

ルアーボーイ3

シーバスタックルもPEラインではなくナイロンが主流だったり今では一部エギングロッドでしか見かけなくなったインターラインロッドが売ってたり、
その一方でTDソルトバイブやショアラインシャイナーといった現代でも第一線で活躍しているルアーの姿も。

ルアーボーイ4

今では“変態レフト”と呼ばれて久しいダイワの左巻きベイトリールが懐かしい。

また、新製品紹介記事と併せて対象魚に合わせたポイントの選定やアクションの付け方といった攻略法を八百板浩司画伯のイラストを使って特集している。
ルアーボーイ5

ルアーボーイ6

この辺は正直今の新製品カタログと化した釣り雑誌よりも内容が充実してて見習うべきところがたくさんあると思う。
当時はインターネットもSNSも普及してなかったので管理人もこういった記事を参考にしながら釣りを学んでいたなぁ。

ちなみに記事の中には管理人のホームグラウンドだった東播野池群も載っており、懐かしさで思わず涙腺が…。

ルアーボーイ7

あの頃はまだ釣り禁止の場所も少なくて釣りやすかったから毎週末自転車こいで走り回ってたなぁ。

ルアーボーイ8

「この周辺には野池が無数にあるのであった…」
当時はそんな風に書かれていたのが、今ではその多くが埋め立てられたり、釣り禁止になったり、その上特定外来生物指定後は…。
バス釣りから離れて久しいがしばしノスタルジックに浸る管理人だったとさ…。

そんなわけで今日の記事はここまで。
それではまた、次回の更新でお会いしましょう!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/162-d9a5bcbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)