FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

書評:浜咲さんなら引いている

どうも、せっかく有給取ったのに急な冷え込みと雑事で1日無駄にした管理人です。
毎年この時期になると腰が重くなってしまうなぁと思いつつAmazonプライムで時間潰してしまいます。
(好評なので試しに見てみたゾンビランドサガにすっかりハマってしまった…)
そんな訳でネタも無いので以前から温めていた書評記事を書いてみようかと。

浜咲さんなら引いている

浜咲さんなら引いている

原作:瀬戸内ワタリ
作画:水谷ふみ


表紙からもわかるように釣り&女子高生&萌えをテーマにした作品。
掲載誌は管理人的には機動戦士ガンダムサンダーボルトでお馴染みのビッグコミックスペリオールで残念ながら1巻以降は出版されず。
全体的に雑誌自体が高年齢層対象なので若年層向けの萌え風の絵柄やあっさり風味のストーリーが受けなかったのかなと邪推してみる。
物語は剣道の防具入れと竹刀袋を担いだ黒髪ロングの美少女・浜咲さんを
同じクラスの富岡有希が下校時に橋の上から釣りをしている所を目撃しそこから話が展開していく。
あらすじを追っていくと「つれづれダイアリー」に似ている部分もあるけれど、
釣りのこと以外は常にクールな音々子とは違って割とフレンドリーに接してくれたり魚が掛かると興奮して頬を赤らめたり表情豊か。
ちなみにそんな浜咲さんだが、道具をよく観察してみるとダイワ製品多めだったりして意外な発見も。
管理人の見立てだと竿はラテオ、シーバス編で使っているルアーは同じくダイワのミニエントかな。

メインフィールドは東京都内が多く、東大の三四郎池や日本科学未来館前の人工海岸といった意外なポイントが登場する。
自然の多いのどかな場所も良いけどこういう都会のオアシス的なスポットで釣りするのも面白いよね。

ただ先ほども指摘したとおり、若干あっさり気味というかもうちょっと浜咲さんと有希の絡みがあっても良かったんじゃないかなと思ってしまう。
その辺はつれづれダイアリーも放課後ていぼう日誌も上手く展開させていたんで差が出てしまったのかなぁ。
とはいえ、こういった釣り漫画のアプローチもアリかなと思わせる内容だったんでもし再開されるなら期待したい所。

それでは今日はこの辺で、次回の更新でお会いしましょう!

浜咲さんなら引いている 1 (ビッグコミックス)

新品価格
¥596から
(2018/12/7 21:05時点)




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/156-280d8268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)