FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

ヤマリア(マリアオフィス) フェイクベイツ

どうも、週刊予報で雨だったからと連休初日から惰眠を貪った挙句、慌てて2日目に出かけるも今年初のメッキをボウズで終わった管理人です。

そんな訳でもはやネタ切れ感満々な雰囲気ですが、こんな時こそルアー紹介記事をば。

フェイクベイツF50

フェイクベイツF50

こいつはピンテールチューンを導入する以前までで最もメッキを釣り上げたミノーと言っても過言ではない。
フローティングで2.5gという軽さにもかかわらず、重心移動システム搭載で飛距離は充分。
軽い比重で細かいピッチのウォブンロールでナチュラルに魚を誘いつつ、リズミカルにトゥイッチを入れるのが吉。
まさに“餌”と言っても良い釣れっぷりでメッキ、セイゴなどのライトルアーに抜群の強さを発揮していた。
ソルトルアーのパイオニアであるマリアらしい、基本設計に優れた傑作ミノーだ。
特に右列中央のイワシカラーについては最初にヒットさせたヒラセイゴにはじまり、それ以降釣り上げたメッキは数知れず。
無数に刻まれた歯型やもはや溝と化したフックのローリングマークがそれを物語っている。

当初は50・70・90・110・130の各フローティング・90までのシンキングで商品展開されていて、
“究極の汎用性”というキャッチコピーであえて対象魚を絞らず使ってくださいというコンセプトだった。
その後追加されたシーバス用に特化したリップレスミノーのNL-1を含め計9種類で販売されることになる。
発売と同じくして配布されたパンフレットではサイズごとに様々な魚種の釣り方も掲載されていて、
シーバスやチヌだけでなく、海外のサーモンやタイメンといったいわゆる怪魚にも使われていたっけ。
ちなみにF50とS50はトラウトルアーとしても活用されていたのが、海のイメージが強いマリアらしくなくのちの商品展開に含みを持たせてて面白かった。
当時としてもかなりの低価格で、110以上は千円+消費税、90以下ならF・Sともに千円以下で買えたので積極的に使える実にマリアらしいルアーだった。

フェイクベイツS50


フェイクベイツS50

ただしこのS50が若干曲者で、F50をそのままシンキングにするのではなく、特徴的な泳ぎを重視するために、
イチからボディ形状を作り直し、シンキングでもフローティングと同じ動きをさせるという名目でシンキング専用設計にしたのは良いのだが、
副作用としてロッドアクションへの追従性が悪くなってしまい、頻繁に糸絡みが発生してしまうという弱点が出来てしまった。
そのため、他のサイズのシンキングもただ巻き専用で使わざるを得ず、使い勝手が悪くなってしまった。

フェイクベイツF90


フェイクベイツF90

F50をサイズアップしたのは良かったのだが、70で3.8g、90で5.5gと重心移動搭載とはいえ、一般的なシーバスロッドで扱うには少々軽すぎるため、
競合他社のショアラインシャイナーやサイレントアサシン等に大きく水を開けられる結果となった。
ただその副産物として軽いメバルロッドを使った大型メバルのミノーイングや本流トラウトには良い感じだけどね。

またNL-1については、泳ぎの違う別バージョンも試作していたのだが、結局お蔵入りになってしまったりと予想以上に迷走してしまった。
まあそもそも究極の汎用性がコンセプトだったのにシーバス特化型ってのが矛盾していた気も…。
そんな訳で2018年現在、マリアのWebカタログからはフェイクベイツの名が消えてしまっている。
ちなみに好評だったF50については若干サイズを大きくしてポケッツミノーが後継機として販売されている。
正直使い勝手が良くて価格も抑えめだったから管理人的には凄くありがたいルアーだったんだけどなぁ。
とはいえ、今の細分化されたルアー業界と他社同様ブランド路線に舵を切った今のヤマリアには扱いが難しいのかも。

F50についてはそのまま再販希望ですが、F90以降は若干のウェイトアップ、シンキングについてはボディ形状の見直し含めて、再販していただければ…。
今ならF50をヘビーシンキング化して価格抑えめで渓流のトラウト用やメッキ釣りに使えば市場開拓の余地ありそうなんだけどなぁ…。

そんなわけで秋の長雨みたいに湿っぽい終わり方ですが今日の更新はここまでです。
それではまた次回…。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/150-1a83c5b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ