FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

書評:いそあそび

どうも、現在金欠&来るべき遠征に備えて緊縮財政真っただ中の管理人です。

まあ実際釣りに出ても冬の低水温期が長かったせいか微妙に季節がずれてて例年になく釣りづらい気が。
そんなわけで今回は久々に書評をば。

いそあそび

いそあそび
原作:佐藤 宏海


色とりどりの魚が舞い泳ぐタイドプール。それをのぞき込む金髪のゴスロリ少女と男子中学生という印象的な表紙。
タイトル通り、磯が舞台の物語なのだが、当然一筋縄ではいかないのがこの物語。
舞台はコンビニもゲーセンもファミレスも無い瀬戸内の田舎町。おまけに携帯の電波も入らないという。
主人公はそこで暮らす中学生・浦島六郎。彼がある日、下校途中に砂浜で水着姿の女の子が倒れているのを発見する。
彼女の名は村上セト。村上鉱業という大企業の社長令嬢だったが、家が没落し、今は唯一残った別荘で一人暮らし。
ところが家の台所事情と他人に借りを作るのが嫌いな性分から、素潜りしながら食料を調達していたとのこと。
しかし容易にことは進まず、さらに漁業権からサザエを採ることが禁じられていることから困っている様子。
そこで六郎は彼女に“採っても大丈夫な貝”「ニナ貝」の存在を教え、そこから物語が始まっていく…。

感想としては、何と言っても瀬戸内のおおらかなでいて生活感のある風景が素晴らしい!
愛媛出身である佐藤先生の実家がモデルだけあって描写も細かく、読んでいるだけで空気感が伝わってくる。
そんな所にゴスロリ姿のお嬢様という異分子が入り込むことで上手く化学反応が起きている。
この辺は「だがしかし」にちょっと似てるかもね。
そして今後の展開として六郎・セト・六郎の幼馴染の珠子との三角関係も気になるなぁ。
2巻からはいよいよ釣り編に突入するようなのでますます見逃せない!!

そんなわけで今回の更新は短めに終わります。
それではまた次回!!

いそあそび(1) (アフタヌーンコミックス)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/143-43dc3604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ