FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

2017年秋アニメまとめ

※注意!:こちらの話題は釣りにほぼ関係ない記事ですので
興味の無い方は読み飛ばしすることをお勧めします!!


明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。
さて年明け早々去年の話題かよと思われますが、年末忙しくてアニメの消化が上手くいかずここまでズルズルと引きずってしまったわけですよ。
2017年秋アニメもあれこれ手を出してみましたが近日更新予定の年間アニメベスト5のため軽めに流そうかと。


少女終末旅行
つくみず原作の崩壊した世界をケッテンクラートに乗って旅する少女たちを描いた今作。
AbemaTVの先行配信でその世界観にどハマりしてしまい期待以上に楽しめた。
チトとユーリの軽妙なやり取りもだがそれ以上に音や世界全体を漂う空気感への作り込みが凄い。
金属音やエンジン音、穏やかで優し気だが確実に死の匂いがするBGMがとにかく素晴らしい。
破滅の中にも日々の営みがあるんだなぁと思える良いアニメだった。

キノの旅
原作:時雨沢恵一、イラスト:黒星紅白コンビによる名作ライトノベルをアニメ化した作品。
過去何度かアニメ化されているものの、一度も見たことが無かったので気になっていたのだが、
これがとても面白いというか考えさせられるというか、もっと多感な時期に出会いたかったなと思う実に良い作品だった。
ちなみに管理人が一番好きな話は「嘘つきの国」かな。
キノとエルメスの旅の風景が素晴らしく、こんな風にバイクに乗って旅してみたいなぁと思ったな。

魔法陣グルグル
いよいよ魔王ギリとの戦いも後半戦に突入したわけだが、テンションが上がりっぱなしで落ちる気配が無いのがグルグルらしい。
バッタにされたキタキタ親父や地の王や風の王といった濃いメンツもすさまじかったが、
何より爺ファンタジーが反則的に笑わせてくるのが(随所に名作アニメのパクりが挿入されててひどい)
それとは正反対に恋するハートがギリを封印するカギになったりファンタジーらしさもあるからずるい。
最終回で初代アニメのEDが流れた時は流石にウルッときてしまったなぁ。

ネト充のススメ
30歳でブラック企業に別れを告げ、プロニートになった盛岡森子がオンラインゲームの世界で
男性キャラを使う大学生の“林”としてネトゲ生活を満喫するはずだったのだが、
同じくネトゲで出会った“リリィ”と名乗る女性キャラと組んだ辺りから森子の周辺の人間関係がメインになっていくのが面白い。
ツール自体は現代風だけど展開が昔見てたトレンディードラマみたいでちょっと懐かしくもあったかな。
何しろ事前情報も無い完全にダークホースなアニメだったから余計に面白かった。

このはな綺譚
この世とあの世の狭間にある狐たちが営む温泉宿“此花亭”での日々を描いたアニメ。
毎回綺麗で色彩豊かな作画と可愛い狐娘たちに癒される良いアニメだったなぁ。
それでいてただの萌え百合アニメに終わらず、感動できるエピソードが多く年を取って緩んだ涙腺が崩壊しっぱなしだった。
特に主人公・柚役の大野柚布子さんの演技が素晴らしく、幼さを残しつつも聡明で思いやりのある柚という難しい役にぴったりの声だった。

血界戦線&BEYOND
大好評のうちに終わった1期からやや間を置いて始まった第2期だが期待以上に面白かった。
1期はレオナルドを中心にしたエピソードが多かったが、今回はライブラのメンバーにもスポットが当てられてて楽しめた。
特にK・Kの授業参観やスティーブンの渋い活躍など見どころが多くて面白いが最終話では再びレオナルドにスポットが当たる構成が巧い。
何よりキャスト陣がどこかのアニメや吹替で必ず聞いたことのあるベテラン揃いなのが嬉しいな。
某ジブリなんかがもてはやすいわゆるナチュラルな声()と違って安心して聞けるのが非常に良い。

3月のライオン 第2シーズン
いよいよ始まった待望の2期。
と言いたいところだが、ひなちゃんの暗いいじめ展開が延々続いたり、
主題歌が個人的に歌い方諸々がどうにも好きになれないYUKIだったりと思ったのとは違う方向へ転んでしまったのが残念。
とはいえ、新人戦での白熱した戦いや土壇場で二海堂の助言が生きたりとスカッとする展開へ向かうのが巧いなぁと。
それにしても、現実では藤井聡太四段の29連勝や羽生善治永世七冠達成と予想を遙かに飛び越えた出来事が続いて
すっかりアニメが現実の後追い状態になってしまったのは予想外だったなぁ。

鬼灯の冷徹 第弐期
江口夏実原作の地獄ギャグアニメの第2期が満を持して登場。
双子の座敷童をはじめ、個性豊かな新キャラも加わり、毒舌ギャグもパワーアップ!
時折著作権大丈夫?と心配になるパロディ(BGMまでそれっぽくアレンジするこだわり!)や
鬼灯様の毒舌&容赦のないツッコミが安定感あって非常に楽しめた。
4月から続きが見れるそうなのでこちらも要チェック!!

Just Because!
高校卒業を間近に控えた少年少女たちの青春を描いたアニメ。
回を重ねるごとに親密度を上げていく陽斗と葉月とは対照的に最終回まですれ違い続ける瑛太と美緒の関係にヤキモキされっぱなしだったなぁ。
管理人もこんな青春送りたかったなぁとしみじみ思わされる…。

食戟のソーマ 餐の皿
学祭で盛り上がる前半から急転直下、えりなの父、薊が遠月学園に戻ってきて、
そこに十傑の大半が加わって食の大改革を始めるという衝撃の展開に反旗を翻す創真たちだが…。
とにかく4期放送が決定したので今から楽しみなわけだが、
個人的に昨年の忘年会で行った店が死ぬほど不味かったので潰してほしいと思ったのはここだけの話だ。

宝石の国
市川春子原作の擬人化された宝石が仲間たちを奪いに来る“月人”と呼ばれる侵略者と戦う3DCGアニメ。
フル3DCGで描かれる宝石たちのきらびやかで繊細な造形はもちろん、
仏像をモチーフにした月人の神々しくも禍々しいデザイン、そして繰り広げられる激しいバトルから目が離せない。
ちなみに管理人は茅野愛衣さん演じるダイヤモンドが可愛らしくてお気に入りです。
ダイヤモンド対新種の月人(元ネタはハヌマーン?)との熱いバトルがカッコ良かったなぁ。

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件
松本ナミル原作のギャグ漫画をアニメ化した作品。
しょびっち(放送コードの都合上)なヒロイン・秋穂と主人公の遥が天然ゆえの下ネタギャグをやりとりする様が面白い。
大抵やり過ぎるとクドくなってしまうのだが、時折見せる初々しさが可愛らしいというか。
ちなみにabemaTVではキノの旅の前に配信されていて、秋穂とキノの声が同じ悠木碧さんということもあり、
僕の中では“スーパーあおちゃんタイム”と呼んでいたりもする。(それにしてもプロの声優さんって凄いなぁ)

つうかあ
三宅島を舞台にレーシングニーラー(サイドカー)のレースに青春を燃やす少女たちを描いた作品。
キャラデザが「政宗君のリベンジ」のTivということもあり、どの女の子も可愛いのがいいよね…。
もちろんそれだけじゃなく、三宅島の自然や風景、本物のマシンから録ったエンジンやブレーキ音がたまらない。
それにしても地元兵庫県代表が完全にネタキャラ扱いだったのが…(兵庫=ヅカってちょっと…)。

ラブライブ!サンシャイン!!2期
惜しくも予選通過ならず再チャレンジとなったAquorsだったが、追い打ちをかけるように廃校が決定してしまう。
意気消沈する一同だったが、クラスメイトの応援もあり再び立ち上がる!こういうのベタベタだけど熱くていいよね。
1期よりもキャラの掘り下げに尺を取ったおかげか、全体的に感情移入しやすくなってたのも良い。
劇場版も決定したみたいだが、果たして前作越えができるのか!?期待が高まるぜ。

魔法使いの嫁
ヤマザキコレ原作のファンタジーアニメ。
幼い頃から見えないものが見える少女・羽鳥チセが自分をオークションにかけて買われた先が
異形の魔法使い・エリアスで、彼の花嫁兼弟子として同居するという話。
イギリスの幻想的な風景や精霊たちはもちろん、邪悪な敵までも美麗作画で描かれる良質なアニメだが、
それにしてもエリアスちょっとうかつ過ぎじゃね?と思うくらい展開がワンパターンなのが…。

そんな感じでざっと秋アニメ振り返ってみました。
現在、これ以外に昨年見逃した「干物妹!うまるちゃんR」と「メイドインアビス」も隙間時間で視聴してます。
うまるちゃんは気楽に見れるのでBGM代わりに垂れ流してますね。
アビスの方は可愛らしいキャラと不気味な化け物や過酷な冒険の対比が古き良き冒険アニメって感じで面白いです。
冬アニメについては見たい作品多過ぎて絞るのが大変だなぁと。
既に先行配信で「オーバーロードⅡ」と「宇宙よりも遠い場所」の一話を見たのでどちらも視聴決定かな。
まあその他はOA以外に見逃し配信やabemaTV等を活用しつつ追いかけていこうかなと。
それでは今年もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/131-cd76a63f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ