FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

ジャクソン アスリート

どうも、2期目に突入した「3月のライオン」のOPを見ながら一昔前まではアニソンを馬鹿にして
変なキャラ作りして「あたしィアニメといえばキャンディキャンディだから~」と
頬に十字傷を持つ浪人が主役の時代劇アニメに「そばかす」なんて歌でやっつけ仕事してたのが
今頃になって思い切りアニメ業界にすり寄ってさも作品の顔みたいに振る舞ってるを見て
過去の話を蒸し返して大人げないとは思うのですがなんだかなぁとつぶやいてしまう管理人です。
アニメ化の前からBUMPが楽曲提供してたから余計にそう思ってしまうのかもしれませんがちょっとなぁ…。
(まあそれ以前にいじめネタが長すぎてダレてきたのと現実がアニメを完全に追い越してしまった感あるのも…)
今の若い人には信じられないかもしれませんが、昔はアニソンというのはかなり下に見られていて、
作品に合っていない曲をあてがわれたり、あまつさえ歌っていたことを黒歴史にしたりするのもザラでした。
(今もたまにあるけど大抵は事前に資料渡したり監督や原作者と打ち合わせすることがほとんどだそうです)
他にはロボットアニメの主題歌でデビューしたは良いが、その後売れだした途端にそれを無かったことにして、
DVDでは別の曲に差し替えさせた白黒はっきりしない名前のバンドが、
今頃になって「実はロボットアニメ大好きなんですよ~」とか急に言い出して別のロボットアニメの主題歌歌ってたなんてのもあったっけ。
まあ90年代のJ-POP全盛期にブイブイ言わせてたアーティスト()からすれば仕方ないかもしれませんね。
CDの売り上げも年々落ちてるし新しい歌手もどんどん出てくるし生き残りに必死なのも分かりますが、
ベテランならベテランなりに他力本願なタイアップじゃなく他にやりようがあると思うのですが……。

そんな時代によってコロコロ主義主張が変わるアーティスト()の皆さまとは対照的に、
デビュー以来、ほとんど変わらないことを強みにしているルアーがあります。
アスリート

ジャクソン アスリート

ご存じ、シーバスフィッシング黎明期から現在まで第一線で活躍する名作ミノー。
今年のカタログのキャッチコピーが“わたしが変わると多くのアングラーに叱られる”とまで豪語するその自信。
事実、発売当初から変わった部分と言えば目玉がシールから3Dアイになったことと、
カラーチャートが若干変更された程度で昔ながらの固定重心のシンキングミノーというポジションは不変のまま。
アクションはローリング主体で固定重心の強みとして着水後即アクションに移ることができ、魚に対して余計な警戒心を与えることなくバイトを誘発する。
流線型のボディはボディ下部に配置したウェイトとともに充分過ぎる飛距離を叩き出す。
ただ巻きはもちろんのこと、ロッドアクションへの追従性も抜群で、トゥイッチでパニックアクション、
ジャークを入れると綺麗にダートしてリアクションバイトを演出することが出来る。
対象魚はシーバスにとどまらず、トラウトやバス、青物はもちろん、バラマンディやタイメンといった世界の怪魚相手にも実績多数。
かのミラクルジムこと村田基氏もオーストラリアのバラマンディ釣りに必ず持っていくそうで、
マングローブの根元にキャストしてタイムラグ無しに動かすことでスレた魚に絶大な威力があるとか。
そのため現地に行くと必ずといって良い程お土産にアスリートをせがまれるそうです。
実際メーカーからもトラウトやバス用に色を変えたモデルが販売されてるしね。
他にはウェイトを再調整したDASHチューン(右5段目)や青物攻略必携ルアーのピンテールチューン、
ロングミノーとして再設計されたアスリートスリムなどもありますね。
また、今のようにバチ抜け用ルアーが無い頃にはリップを折ってシンキングペンシルのように使っていた時代があり、
今でもシークレットにしている人も多いそうです。

当然管理人も大好きなルアーで、CD7に次いで多くのシーバスを釣った必携ルアー。
特に7㎝のイワシカラー(左4段目)とレッドヘッド(左2段目)は塗装もボロボロになっているが
それが余計に釣れる効果を生んでいるのか、釣果は他のカラーより抜きんでて高い。
使い方は色々なルアーを投げても反応が得られなかったり、今日はどうしてもシーバスの顔が見たい!って時に投げると期待に応えてくれることが多い。
基本はただ巻きで昼はファスト、マヅメ~夜間はスローだが逆でも食ってくる上、流れに乗せてトゥイッチさせても好反応が得られるまさにお守り的ルアー!
この画像以外にも何本か未開封のストックを常備していて港湾部・小河川での釣りでは無くてはならないルアーになっている。
最近は「○○パターン専用!」みたいな細分化された特化型ルアーが売れ筋だけど、
こういうバーサタイルなルアーこそ初心者・ベテラン問わずお勧めしたい。
それにしても毎年新製品が大量に出てはその数と同じだけ消えていくルアーが多いソルト業界で、
発売当初から“変わらない”ことを最大の強みにして現在まで生き残っているという事実に、
改めてアスリートの優れた基本設計というか一本筋の通った“誇り”を感じてしまう管理人でした。

今回は思い入れが強すぎる分いつも以上に長くなってしまいましたが、それではまた、次回の更新で会いましょう。

Jackson(ジャクソン) ミノー アスリート S 70mm 7g イワシ

新品価格
¥1,836から
(2017/11/26 00:38時点)




Jackson(ジャクソン) ミノー アスリート S 90mm 13g レーザーレッドヘッド

新品価格
¥1,836から
(2017/11/26 00:40時点)



スポンサーサイト

コメント

万年雑魚釣師さま

こんばんは。いつも拝見させて頂いております。ルアーへの造詣が深くて感心です。昔のルアーにも、本当に良いものがありましたねぇ。私にとっては、昔はラパラとK-TENが憧れで、悩みながら購入していたことを思い出します。また、このようなマニアック(笑)な記事を期待しております。

追伸:私のブログにリンクを貼らせて頂きました(事後報告で申し訳ありません)。


  • 2017/12/01(金) 17:37:49 |
  • URL |
  • donfan #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

>こんばんは。いつも拝見させて頂いております。ルアーへの造詣が深くて感心です。昔のルアーにも、本当に良いものがありましたねぇ。私にとっては、昔はラパラとK-TENが憧れで、悩みながら購入していたことを思い出します。また、このようなマニアック(笑)な記事を期待しております。

>追伸:私のブログにリンクを貼らせて頂きました(事後報告で申し訳ありません)。
donfan様

コメント&リンクありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
こちらからもぜひリンクさせていただきたいと思います。
シーバス始めた頃はK-TENシリーズは学生のお小遣いでは手が出ずに、
もっぱら並行輸入のCDとバスルアーの流用(主にワンダーとビーフリーズ)、
当時は比較的安価だったマリアオフィスの製品でやりくりしてたのを思い出します。
今では懐に多少余裕が出来て色々買えるようになりましたが、
手探り状態のあの頃もあれで楽しかったなぁと懐かしむ自分も居たりします。
(競争相手が少なかったので釣りやすかったのもありますが…)

これからもルアー紹介や釣行記(最近はめっきり成果無いですけど…)など
あれこれ書いていく予定なのでお付き合い頂けたら幸いです。

  • 2017/12/01(金) 23:20:36 |
  • URL |
  • 万年雑魚釣り師 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/128-30f216a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ