FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

2017年夏アニメまとめ

※注意!:こちらの話題は釣りにほぼ関係ない記事ですので
興味の無い方は読み飛ばしすることをお勧めします!!


さて、けものフレンズ周りの騒動で関係者もファンも巻き込んだ文字通りのドッタンバッタン大騒ぎに
持っていかれた感ありますが、夏アニメも終わりということで簡単な感想&まとめ記事をひとつ。
1期の監督にして実質的なブームの牽引役でもあるたつき監督の突然の降板騒動ですが、
続編で監督やスタッフ・製作会社が入れ替わるというのは案外よくあることだったりするんですね。
(有名どこだとガンダムかな。あれはあれで原理主義者がウザいけど一応上手く行ってるか)
しかし大抵の場合、1期以上に面白くなるということは少ない気がします。
ガンダムビルドファイターズしかりWIXOSSシリーズしかり、一定のクオリティは保っているものの
前作の良さを潰してしまったり焼き直しでスケールダウンしてしまったり前作越えとはいかない気がします。
ただ今回はたつき監督の作品への貢献度がかなりの比重を占める上、
将来性の見込めるコンテンツだっただけに非常にもったいないです。
ことの真偽はともかく、コラボ先の企業や一生懸命演じていた声優さん、
何より大勢のファンが可哀想でなりません。
金の卵を産む鶏を殺すってこういうことを言うんだなぁとしみじみ。

少し湿っぽい導入になってしまいましたが、最後までお付き合いいただけましたら幸いです。




賭ケグルイ

原作:河本ほむら、作画:尚村透による衝撃の学園ギャンブル漫画。
1巻出た頃から「この漫画はいつかクるッ!!」と確信していた管理人にとっては待望のアニメ化ですよ!
ストーリーはもちろん、毎回登場するユニークなギャンブルや美麗かつ妖艶な作画、ケレン味のある演出と、
原作力とアニメの地力を最大限に活かしたまさしく理想的なコラボレーション。
毎回ぶん殴られる鈴井君とパンツ見せてくれる芽亜里ちゃんから始まるストーリーをなぞったOPも
例の「滾ってしまいます~~!!」な顔でパンチラしながら濡れ濡れで歩くセクシーな夢子が印象的なEDも
一度見たら忘れられない強烈なインパクトが凄い!!
他には「仮面ライダー龍騎」などでお馴染みの僕が大ファンの脚本家・小林靖子さんがメインライターだったり、
夢子役の早見沙織さんが予想以上のぶっ飛んだ演技を見せてくれてもう大満足の出来。
他のキャストもイメージ通りというかキャラそのものって位ハマり役なのが嬉しい。
アニメはオリジナルの最終回で〆たけどぜひとも2期やって欲しいところ。
でもガンガンのアニメってどれだけウケても基本2期やらないからなぁ。
「ばらかもん」も「月刊少女野崎くん」もあれだけ売れても結局1期のみだし。
その割に「鋼の錬金術師」と「WORKING!!」はしつこいくらい何度もアニメ化したり実写映画までやっている謎。
その辺もうちょっと考えてほしいなぁと思ったりもする。

異世界食堂

「小説家になろう」発の異世界トリップアニメ。
と、思いきや舞台である洋食のねこや自体は現代のオフィスビルから動かず、
異世界に転移するのはその扉のみ。
7日に一度、時も場所も選ばずに出現するその扉を通じて、王侯貴族や冒険者、エルフに獣人、
果てはドラゴンまで、様々な客がやって来て我々の世界の料理を食べて大満足で帰っていく。
つまり、異世界食堂における異世界とは!剣と魔法のファンタジー世界ではなく
我々の住む世界そのものだったんだよ!!な、なんだってー!(MMR風に)
そんなわけで毎回様々な料理が登場して、それに異世界の住人が様々な反応を見せるわけだが、
空腹の末にたどり着いたエビフライの味を滔々と語る騎士やオムライスを巡って
熾烈な戦いを繰り広げるリザードマン、2代目メンチカツの名前を襲名した女冒険者など、
どのエピソードも印象深くて面白い。
ダンディな髭の似合う店主はもちろん、ウェイトレスとして働くアレッタちゃんが可愛いのなんの!
初登場時はあんなに悲惨な境遇だったのに今では賄いの食べ過ぎで太ってしまわないか心配な程。
途中で加わるクロも最初の頃と客の前では念話で話すが、
打ち解けだすと普通に喋ったりと細かい変化が嬉しい。
決して派手な目を引くアニメではないけれど、見ると心もお腹も満たされる良作だった。

魔法陣グルグル

90年代に一世を風靡した衛藤ヒロユキ原作の伝説的ファンタジーギャグ漫画で
過去2度もアニメ化されている名作。
ただこれまでは原作が未完&比較的早期にアニメ化されたため中途半端に終わってしまっていた。
そこで今頃になって完全アニメ化を謳ってリメイクされることになったという。
主人公で勇者のニケ、魔法使いのククリはもちろん、ある意味この作品を象徴するキタキタおやじなど
個性的かつゆるいキャラ造形がノスタルジックを誘うぜ。(あの頃はまだ若かったなぁ)
昔ハマった漫画が今見返すとギャグが微妙ってのはよくあるがグルグルに関しては杞憂だったね。
ノコギリ山のボスの弱点や「ただし魔法は尻から出る!」、アッチ村の村長の像といった
今でも充分通用するキレッキレのギャグで腹筋崩壊必至!
2クール目に突入し、いよいよ折り返し地点となったわけだが僕自身この辺からガンガン読まなくなったから
予備知識がほとんどない状態なので色々と楽しみだ。

ナイツ&マジック

「異世界食堂」と同じく、「小説家になろう」発のWEB小説が原作の異世界転生アニメ。
ロボットアニメのプラモデル大好きな凄腕プログラマーが帰り道に交通事故に遭いあえなく死亡。
剣と魔法の異世界へ転生するというある意味お約束の展開だが、
最大の特徴は“幻晶騎士(シルエットナイト)”という巨大ロボットが闊歩しているという点。
“ファンタジー世界&ロボット”と言えば過去に「覇王大系リューナイト」や
「天空のエスカフローネ」などが思い浮かべられるが、
今作の最大の特徴は魔法の力と前世のロボットオタク&プログラミング技術を駆使して、
「自分専用のシルエットナイトを自らの手でイチから作り上げる」というコンセプト。
そのために魔法学校に入学し、飛び級で卒業して現行の機体を改良したり、
魔獣狩りに参戦して戦功をあげたりとにかくその行動力とロボット至上主義な言動が面白い!
異世界チートとも揶揄されがちな展開だが、不思議と嫌味に感じないのは、
主人公・エル君役の高橋李依さんの可愛くかつ凛々しいショタボイスの賜物か。
また、エル君も小柄なせいでフットペダルに足が届かず操縦に苦戦したり、
せっかく作った試作機をセキュリティ対策を怠ったために盗まれ、手痛い反撃を受けたり、
技術力に関してはラボの爺さんに敵わなかったりと出来ることと出来ないことを
明確に線引きしているのが面白い。
もちろん、CGを駆使した重厚かつド派手な戦闘シーンも魅力的で、
特に斑鳩の複腕やソードマンの殺陣が凄い!
まさしく新時代のロボットアニメにふさわしい作品だなぁと思った。

アホガール

タイトル通りものすごくアホな女子高生・花畑よしこが幼馴染兼お世話係のあっくんを巻き込んで
毎回大騒動を起こすハイテンションギャグアニメ。
1話約15分という短編アニメにもかかわらず、よしこのぶっ飛んだ言動と
過剰ともいえるギャグの波状攻撃がものすごく濃密。
その原動力ともいえるのがよしこ役の悠木碧さんの徹底したアホ演技というか怪演というべきか。
また、よしこ以外の登場人物も強烈で、東大に落ちたら死ぬと断言してるコミュ障のあっくんに、
その妹でよしこ並かそれ以上のアホ(でも性格は真面目)の瑠璃ちゃん、
あっくんへの好意が歪んでストーカーになってしまった風紀委員長、
そして事あるごとに娘をあっくんに押し付けようとするよしこの母と個性派ぞろい。
それにしても色々凄いアニメだったなぁ…、としみじみ。

サクラクエスト

チュパカブラ王国国王に就任した吉乃、そして5人の大臣とともに町おこしに挑む
PA.WORKSのお仕事アニメ第3弾もいよいよ折り返し地点。
ここへ来て丑松会長とドク、そして凛々子の祖母の意外な過去が。
そこからかつて会長がぶち壊して以来、休止状態になっていたみずち祭りを復活させるという
大きな目標へと物語が収束していく。
その中で孤立集落の問題や商店街の復興、そして町村合併という現実の問題も織り交ぜつつ
展開していくのが巧いというか、「花咲くいろは」以来積みあげてきた実力というべきか。
重たい問題を扱いつつも嫌味の無いキャラ造形と細かい演出がそれを裏打ちしている。
ラストの解散宣言も市民一人一人の意識が大事という結論へとたどり着いて無事に終わったかな。
それにしてもラストの吉乃、あれって町おこし請負人っていうのか?
それともプロ国王と言った方が良いのか…。とにかく希望の持てるエンディングだった。

サクラダリセット

能力者たちの街・咲良田を舞台にした物語もいよいよ佳境へ。
管理局の対策室室長・浦地正宗が咲良田から能力を消そうと暗躍し始める。
そこで繰り広げられる能力を使った心理戦が面白いというか独特と言うべきか。
ヒロインの春埼美空の「リセット」と対になる「対象の時間を巻き戻す」能力、
そして部下の加賀谷の「対象をロックする」能力でリセットに対抗していくのが巧いというか恐ろしい。
そして主人公の浅井ケイが取った手段が宿敵である浦地を“説得”するというもの。
この辺りのやり取りがまた一般的な能力バトルとは違って面白かったな。
ちなみに管理人のお気に入りキャラは「猫と意識を共有する」能力を持つ野ノ尾盛夏さんかな。
黒髪ロングでセーラー服のクールな見た目と可愛い能力のギャップがたまらん。

NEW GAME!!

つい最近1期にハマってそのまま2期までぶっ通しで見続けたゲーム制作をテーマにしたお仕事アニメ。
主人公の青葉も入社2年目にして初のキャラクターデザインに!
と、思いきやキービジュアルや広報的には八神さんに差し替えられたりと大きな挫折も経験する。
そんな中、1期でデバッカーとして参加した親友のねねっちがアルバイトとして入社したり、
専門学校からインターン組2名が参加するなど新しい展開も。
ところが、ねねっちはともかくこのインターン組が曲者というか見てて正直イラッとしたというか。
無駄に青葉に対抗意識燃やす紅葉ちゃんもアレだが、ことあるごとにねねっちを馬鹿にしたり
そのくせうみこさんの前では媚び売ったりはじめさんに対しては責任逃ればかりする
なるっちにはマジで腹が立った。
フィクションだからあれで最終的に内定もらえて和解できたものの、他人を見下して自分の査定しか頭に無い、
こういう輩は絶対次も同じようなミスしてチームを滅茶苦茶にするのが火を見るよりも明らかなのが…。
(若干、個人的な経験や物言いが目立つようですが多分気のせいです。多分…。)
まあラストの八神さんとの別れが良かったからいいか。

バチカン奇跡調査官

藤木稟原作で角川ホラー文庫の人気シリーズをアニメ化したもの。
人智を超えた現象を正式に“奇跡”として認定するため、
天才科学者の平賀と暗号解読のスペシャリストにして無類の古書マニアのロベルトの2人が世界中を飛び回り、
その中でナチスの残党や怪し気な予言者、そして裏社会で暗躍する謎の組織との戦いに巻き込まれていく。
オカルト要素と推理小説的な面白さ、そしてカトリックの総本山・バチカンという特殊な世界観が
相乗効果を生んでとても面白い作品に仕上がっている。
当然、かなりエグい描写もあるのだが思わず引き込まれて完走してしまった。

天使の3P

過去のトラウマから引きこもりになった主人公の貫井響。
動画サイトに自分で作った曲をアップしていたら、ある日五島潤と名乗る人物からメールが届く。
名前から最初は“立派な社会人の男性”を想像していたが、
待ち合わせの場所には潤・希美・そらと名乗る3人の小学生の女の子が。
彼女たちは児童養護施設で暮らしていて、規模縮小のため別館にあたる教会を手放すことが決まり、
最後の思い出作りとして自分たちでバンドを組んでライブがしたいという。
その過程でクラスメートをライブに誘えない彼女たちに対し、
自分がまず手本を見せなきゃと避け続けてきた学校へ通い始めたり、互いにアイデアを出し合ったり、
色んな人とコミュニケーションをとることで響と3人が成長していく姿が素晴らしい。
他には響と桜花との進展しそうで進展しない関係も見どころだったり。
ちなみに桜花と正義さんは大の釣り好きという設定でちょくちょく釣りの話題が出てくるのが個人的に面白かった。
あ~、僕も桜花ちゃんみたいな可愛い子と一緒に釣り行きたいなぁ~。

戦姫絶唱シンフォギアAXZ

歌とバトルという組み合わせで独自のスタンスを確立した人気シリーズもはや4期目。
今回の敵は錬金術師率いるパヴァリア光明結社。そこにクリスの過去の因縁からスタートする怒涛の展開。
ちなみに錬金術師3名のうち、2名は元々男という設定なのだが、
どういうわけか元々女である翼さんより女らしいというか…。
(カリオストロに至っては声優さんまで男というのが凄い…。)
まあ普段から武士みたいな喋り方だしな翼さん。(カッコいいから良いけどね)
ラストで黒幕のアダムを倒し、一応のハッピーエンドを迎えたわけだが、
次回に続く怪しげな伏線も見せているので5期が待ち遠しいぜ。

セントールの悩み

「モンスター娘のいる日常生活」以降、すっかりおなじみになったいわゆる“人外もの”のアニメ作品。
文字通り個性豊かな女の子たちを楽しむと同時に若手声優の登竜門的なポジションを確立しているのだが、
今作が他の作品と大きく異なるのは、舞台が現代の日本ではあるものの、
極端なまでの人権意識による思想統制や軍国主義的な一面も覗かせたり、
ややディストピア的な背景を感じさせるブラックな世界観が特徴的。
その中で考えさせられる話もあったりするのだが、とりあえず女の子が可愛いので楽しめるかな。
ちなみに管理人は翼人の御霊真奈美ちゃんが好みですが、正直あのお父さんに対する説教が耳に痛い…。

RWBY Volime 1-3 The Beginning

アメリカ発の3DCGアニメが吹き替え&再編集で登場。
アメリカのアニメと言えばディズニーみたいなカートゥーンアニメか
スーパーマンやバットマンみたいないわゆるアメコミ原作のものしか知らなかったのだが、
この作品においてはかなり日本のアニメやゲームの影響が強く、
キャラ造形はもちろん、アクションや表情の付け方まで日本のアニメ風になっていて、
それが逆に新鮮に感じられ、先入観を良い意味で覆してくれて非常に楽しめた。
ちなみに管理人は日笠陽子さん演じるレイピア使いのお嬢様、ワイスがお気に入りです。
まさか日本のアニメで言う“ツンデレ”が逆輸入されてくるとは思わなかったぜ…。

こんな感じ夏アニメ振り返ってみました。
今期は見るもの少ないなぁと思ってたけど途中からアマゾンプライムや
Abema TVの一挙配信で追いかけることが多く、結局かなりの量になってしまったなぁとしみじみ。
秋アニメについては、「少女終末旅行」を早速見たのですが、
まったりとした空気に反してディストピア感が凄くて面白そうです。
他には「三月のライオン」、「食戟のソーマ」、「ラブライブサンシャイン」といった続編ものや
「魔法使いの嫁」、「キノの旅」、「Just Because!」辺りを視聴する予定です。
まああくまで予定なんでこの先どうなるかはわかりませんが、また次回の更新でお会いしましょう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/123-c7cc0343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ