FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

2017年 石垣島遠征 【後編&まとめ】

前回の続き

三日目

朝早くに離島ターミナルから船に乗って一路西表島へ。
約45分の船旅を終えて上陸し、予約していたレンタカーを受け取る。
今回の予定としてはマングローブ周辺を攻めるとだけしか考えていなかったので、
レンタカー会社の方のオススメ観光スポット「イダの浜」を目指し島の北端を目指す。
西表島ポイント

車で15分ほど走るとマングローブに覆われた河口が見えてきたので竿を出してみる。
マングローブでの釣りはマングローブの根元にルアーを正確にキャストするのが大事なのだが、
ちょうどド干潮にあたるみたいで川の水が干上がってしまっていて根元が露出してしまっている。
仕方なく橋脚の辺りを探ってはみるものの、追いかけてくるのは針にも掛からない小さい魚ばかり。
そんなわけで1時間ほどで切り上げて再びイダの浜へ。
曲がりくねった高低差のある山道を抜けると、白浜港へと到着する。
ここからイダの浜がある船浮集落への連絡船へと乗り込む。
西表島イダの浜への道

港から立て看板に従い、細い道を暑さに耐えながら進んでいく。
イダの浜

そこにはイダの浜の絶景が広がっていた。透き通る海!青い空!!
(これでもう少し涼しかったら言うこと無いんだがなぁ……)
イダの浜2

砂浜には目立った付き場も魚影も確認できないので、砂浜の端にある岩場へと移動する。
ひとまずトップからミノー、スプーンと縦に泳層を探っていくが思ったほど反応が得られない。
加えてこの暑さ。待てよ、暑さ!?
もしやこの暑さで魚の活性自体が下がっているのかも!?と思ったので、
手持ちのスプーン・プラバーを一旦底に沈め、そこからアクションするギリギリの速度で引くと強烈なアタリ!
ところが予想以上の引きに耐え切れず、一気に根に潜られてラインブレイク。
逃がした魚は大きかったし、何より遠征先で魚に無用のダメージを与えてしまったのが悔しい。
気を取り直し、再び同様の方法で探っていくとまたもやアタリが!
今度は潜られない様にやや強引に竿を立てて一気に底から引きはがす。
西表島ミーバイ

ミーバイ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
二日目がカマスにコトヒキと本州でも見られる魚だったのでここで南国らしい魚が釣れて感激もひとしお。
写真を撮って手早くリリースすると元気よく帰っていった。
その後何度も探ったのだが、すでに昼になって日も高く魚の活性も下がってしまい、
結局、西表島での収穫はこのミーバイ1匹だけとなってしまった。
船の時間も2時間に1本なので大慌てで港に引き返すと南国特有のスコールに襲われる。
その後スコールの中を走り、雨上がりの林道でアカショウビンに見とれつつ、水牛観光でお馴染みの由布島へ。
由布島

水牛の池


水牛に乗って行った先で昼食をとり、ひとしきり観光を楽しんでこの日の日程を終える。

四日目&遠征のまとめ

帰りの飛行機が早いので大慌てで準備する。
島つりぐは8時開店なのでAPOON!の3gを2個追加購入し、チェックアウトする。
石垣島遠征復路

そんな感じで少し早めの夏休みが終わった。

と、いうわけで今回の遠征ですがいかがでしょうか?
釣果自体は正直イマイチだったものの、一昨年のリベンジを果たすことが出来て割と満足できたかな。
反省点としては、観光も釣りも両方楽しもうとして中途半端になった感は否めないかも。
特に西表島に関しては1日では回りきれなかったのでもう少し日程を考えたほうが良かった。
当初は石垣島または西表島でのカヤックフィッシングを予定していたのだが、
予算が思った以上にかかることと、予約状況や天候への不安要素から二の足を踏んでしまったのが……。
とはいえ、いつもと違う場所でいつもと違った釣りを楽しむというのは良いものだなぁと。
次いつ行けるか分からないけれど、いつかまた再挑戦したい、そう思える釣りだった。

それではまた、次回の旅で!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/117-176f9134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ