FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

2017年春アニメまとめ

※注意!:こちらの話題は釣りにほぼ関係ない記事ですので
興味の無い方は読み飛ばしすることをお勧めします!!


書評第2弾だと思った!?残念!いつものアニメまとめでした~!!

と、某青い魔法少女みたいですが書評の方が書きたい記事多過ぎてまとめるのに少々手こずってまして。
石垣島遠征に向けてあれこれ調べものしてて忙しい中ですがようやく春アニメ消化終了しました。
今期は結構観るモノ絞ったので若干ボリューム少なめですが(適正量か)、お付き合いいただけたら幸いです。





フレームアームズ・ガール(FA:G)

模型メーカー・コトブキヤからリリースされている萌え擬人化プラモをモチーフにしたオリジナルアニメ。
ちょっとしたアクシデントで届けられた試作機・轟雷を世界で唯一起動することができた
主人公・源内あおの下で繰り広げられる轟雷をはじめとしたFAガールズたちとのドタバタ劇を軸に
轟雷が人間の感情を学んで少しずつ成長していく姿を描いた今作。
物語の構成やガジェット自体は「ガンダムビルドファイターズ」に近いものがあるが、
主人公の造形が大きく異なっていて、ガンプラ大好きなセイ君やバトルが大好きなセカイ君と違って
轟雷がパーツを組んでほしいと頼んでも「面倒くさい」と切り捨てたり説明書もまともに読まなかったり、
バトルをする動機が徹頭徹尾データ収集による報酬目当て(チャリーン!!)というのが面白い。
ところがそれが嫌味にならないのがあおちゃんの魅力というか脚本の上手さというべきか。
またFAガールズの多くは新人や若手声優が演じていて先入観が無く聞けるのが良い配役だなと。
特に轟雷役の佳穂成美さんはまだデビュー1年目にもかかわらず起動時の無機質な印象から
徐々に感情が芽生えて最終的に人間と同じ心と涙を手に入れるという難しい役をこなしてて凄いなと。
ラストで皆旅立っていったけどこの先どうなるのか、新たなFAガールズも出て来て続きが気になるぜ。

有頂天家族2

森見登美彦原作の京都下鴨神社にある糺の森に住む狸一家が京都を舞台に大暴れする今作。
前作からかなり間が空いてしまったが、そのパワーは衰えず人間や天狗まで巻き込んで大騒ぎ。
赤玉先生の息子でかつて決闘に敗れ、英国へと逃れた2代目如意ヶ岳薬師坊が戻ってきたのを皮切りに、
幻術使いの天満屋や金曜倶楽部を追われた淀川教授、隠棲していた夷川早雲まで
とにかく登場人物が皆個性的で面白い。
「森羅万象これエンターテインメントよ!」とは天満屋の弁であるがまさにそんな作品である。
そんな中、もう一つのテーマが“恋”であり、下鴨家の長兄・矢一郎と将棋好きな狸・玉瀾との恋や
主人公・矢三郎と元許嫁の海星との“運命の赤い毛”をめぐる物語が華を添える。
特に玉瀾が素敵というべきか人間の姿がどことなくオードリー・ヘップバーンっぽくて色っぽいのと
日笠陽子さんの真骨頂ともいうべき大人の女性らしい艶のある声がたまらない(矢一郎がうらやましいぞ畜生)。
原作の方は「天狗大戦」の準備中だそうで、そちらも後々アニメ化して欲しいなぁとしみじみ思った。

サクラクエスト

「花咲くいろは」「SHIROBAKO」に続くPA.WORKSのお仕事シリーズ第3弾。そのテーマは何と町おこし!
バブル期に流行った“ミニ独立国”のひとつで今はすっかり寂れてしまったチュパカブラ王国こと間野山市。
そこにちょっとした手違いで国王に就任した主人公・木春吉乃をはじめ、
何らかの形で田舎と向き合うことになった大臣たちの奮闘記を描いたアニメ。
毎回現実に地方都市が直面しているテーマやキャラクターの悩みなどを用意し、
その取り組みをユーモアやキャラの可愛さを織り交ぜて描くという前2作の流れを踏襲した展開ではあるが、
このジャンルの草分け的存在だけあって非常に安定感があり見ていてストレスが溜まらないのが良いね。
ちなみに管理人はケツメガネこと香月早苗さんと「だんないよ~」の四ノ宮しおりちゃんがお気に入りです。

ベルセルク2期

充電期間を経ていよいよ始まった2期。
実を言うとこの魔法が出てきたあたりから作風がガラッと変わって原作あんまり読んでなかったりする。
旅の仲間も増えてガッツ自身がかなり丸くなったのもあったし何より休載が多くて…。
とはいえ、映像化してみると魔法も狂戦士の甲冑も思ったよりいけるじゃん!と思った。
魔法の描写が上手く表現出来ていたしストーリー自体も上手くまとまっていたかな。
さてこの先続きはどうなることやら。そろそろ原作に追いつきそうな感じだけど…。

月がきれい

埼玉県川越市を舞台に小説家を目指す安曇小太郎と陸上部に所属する水野茜との爽やかな恋愛を描いた作品。
歴史と文化の街・川越とLINEや小説投稿サイトといった現代的ガジェットの使い方が非常に上手かった。
要所要所で先生役の東山奈央さんがカバーする90年代J-POPが甘酸っぱさを思い起こさせる。
キャラクターデザインが人気イラストレーターのloundrawというのも個人的に嬉しい。
それにしても茜と同じ陸上部に所属する千夏の泥棒猫というか小悪魔っぷりには毎度やきもきさせられたなぁ。
色々あったけど最終回には泣かされましたよ本当。(自分の色気の全くない中学・高校時代を振り返りつつ)

つぐもも

浜田よしかづ原作の人気漫画をアニメ化した作品。
母の形見の帯の付喪神(つぐもも)桐葉とその持ち主である加賀見一也が繰り広げる騒動をメインに、
付喪神や土地神といった日本古来の妖怪や神々の物語を展開させつつ
時に激しく時にお色気とバランス良く展開する良作。
ちなみに一番衝撃的だったのは7話の「金山さん」で色んな意味で凄かった(なんだよ絶対少女って…)。

エロマンガ先生

ラノベ作家の兄と引きこもりでエロいラノベのイラストを描いているその名も「エロマンガ先生」の妹が
二人で最高のラノベを書くために奮闘するアニメ。
とにかくキャラクターがどれも可愛く、妹の紗霧に至っては専門のアニメーターが付くほどこだわっている。
特にOPとEDのダンスは必見!(まあ管理人としてはお隣さんの山田エルフの方が好みだけどね…)

アリスと蔵六

アリスの夢と呼ばれる特殊能力を使う少女・紗名と花屋を営む頑固爺・蔵六との出会いを描いた作品。
研究施設から脱走し、施設から追われる紗名とそれをかくまう蔵六・警察との三つ巴の展開を描いた前半と
晴れて樫村家の一員となり外の世界で友達や同じ能力を持つ者と関わっていく後半に分かれている。
どちらも能力の描写や細やかな心理描写を丁寧に描いていて毎週毎週引き込まれる。
それにしても蔵六役の大塚明夫さんがお爺さん役やっているとお父さんの大塚周夫さんに似てきたなぁと。

サクラダリセット

河野裕原作の特殊能力を持つ人々が暮らす街・咲良田を舞台にした作品。
一度見たことは忘れない「記憶保持」の能力を持つ主人公の浅井ケイをはじめ
最大3日間まで時間を巻き戻す「リセット」の能力を持つヒロイン・春埼美空、
そして「未来視」の能力を持ち、2年前に謎の死を遂げた相麻菫の3人を中心に物語が展開していく。
小説をそのまま脚本に起こしたような独特の台詞回しに最初違和感を覚えるが、
能力者の問題を解決していくにつれ明かされていく謎に目が離せない。
2クール目に突入し、いよいよ佳境ということで今後が楽しみだ。

クロックワーク・プラネット

歯車によって再構成された地球という斬新な世界設定が目を引く今作。
キャラクターの名前の多くが時計の部品(リューズ=竜頭など)や
時計メーカー(マリー・ベル・ブレゲ=ブレゲなど)が由来となっていて元ネタ探しも楽しい。
もちろんそれだけではなく、背景やガジェットに組み込まれた歯車や時計の意匠にも注目してしまう。
ちなみに登場する時計メーカーでググると目の玉が飛び出ること必至なお値段だったりする…。

こんな感じでざっと振り返ってみましたがいかがでしょうか?

すでに夏アニメ始まってますが個人的には以前少しだけ記事にした「賭ケグルイ」がアニメ化したのが嬉しいです。
おしとやかさと狂気が同居した主人公・蛇喰夢子を大好きな早見沙織さんが熱演していてもうヘブン状態ですよ。
他には「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」「異世界食堂」辺りが今のところツボかな。
でも一番楽しみなのは子供時代に一世を風靡した「魔法陣グルグル」が帰ってくることかな。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mannenzakotsurishi.blog.fc2.com/tb.php/114-d276301d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ