FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

遠征からのお土産と新スプリットリングオープナー

どうも、遠征からの宿題シリーズが続いている当ブログではありますが今回もしばしお付き合いの程を。

遠征の記事ではカットしたのだが実は釣行中にルアーを1個拾っていた管理人。
ポップクィーンF130


マリア ポップクィーンF130

ご存じソルトルアー黎明期からほとんど変わらず未だに売れ続けている伝説的ポッパー。
サイズ展開もヒラマサ等大型青物用のF160からメッキ等ライトルアー用のF50まで計5種類展開されている。
画像のポップクィーンはF160が出るまでは最大サイズだったF130。
かなり使い込まれている様子で所々ホロが剥げ、フックもリングも錆びて劣化している。
どこかで魚を掛けてラインブレイクした後、口から外れて流れ着いたのか、
あるいはキャスト切れしてそのまま落ちたのか気になるがフックもリーダーも付いたままだったので、このままじゃ危ないなぁと思い、その場で回収した。
普段小さくて軽いトップばかり投げている管理人としてはこんなでかいのを食ってくる魚が居るんだなぁとちょっと感心。
幸い、遠征前に夏のボーナスでダイワ・ラテオ100MHを買っていたので40gのこいつを扱うことは可能だったのだが、ここで問題発生。
邪道プライヤー先

手持ちの邪道プライヤーでは対応しているリングのサイズが#1~#3までなのでどれだけ頑張っても開かない。
さらにオープナー自体が経年劣化で摩耗していて中々爪が引っかからず、最近では#3でも思いのほか苦労することが多々。
今後タックルもヘビー化することだし、既にシーバスでも大型ミノーを使う機会が増えているので、
思い切って大番手のリングに対応したプライヤーを追加購入することに決定した。
最初はシマノのパワープライヤーを購入するつもりだったのだが、思いのほかサイズが大きく、
その上対応サイズが#5~#10だったので、ライトショアジギングにはちょっと荷が勝ちすぎてるかなと思い見送った。
色々店頭や通販サイトを見比べて最終的に購入したのがこいつ。

ルアープライヤー125H

ダイワ ルアープライヤー125H(写真右)

一般的なソルト用のプライヤー(左の邪道プライヤー)と比べるとやや小ぶりだが、これはリングオープナーとしての機能に特化したため。
大型リングに対応するために先の形状が挟み込んでこじ開けやすいようになっている。

ダイワ125H先

プライヤーが手に入ったので早速フック交換。

ポップクィーンフック外し
以前のプライヤーと違って軽い力でリングが開くので思いのほかスムーズに外すことが出来た。

公式サイトによればポップクィーンF130のスプリットリングは楕円型の#6、フックサイズは1番となっていたのだが、
楕円型のリングが近所の釣具屋に売っていなかったので、やむなく普通の平打ちタイプの#6を追加購入。

ポップクィーンフック交換前

フックは以前別のルアーのフック交換用に買っていたST-46の1番を使用。

ポップクィーンフック交換後

こうしてどうにか釣り場で使用できる状態にまで持っていくことが出来た。
とはいえ、この状態に持っていくまで遠征から1月もかかった上に、プライヤーやリング代で結局定価より高くついたのは痛かったなぁ……。
また、塗装の剥げ具合も気にはなるがこれは後々リペイントの素材にできればと。
そんなわけで遠征から持ち帰った宿題をようやく片付けることが出来たのだが、再びタックルの肥やしが増えてしまうのか!?
それとも捨てる神あれば拾う神ありの通り、思いがけないヒットに恵まれるのか!?
いずれにしろ、次回の釣行でこいつをぶん投げてくる予定なのでその辺も報告できればと。

それではまた、次回の更新で!!

ダイワ(Daiwa) ルアー プライヤー 125H 611404

新品価格
¥2,463から
(2018/8/19 21:06時点)




ヤマリア マリア ポップクィーン F130  フローティング ポッパー  Yamaria Maria Pop Queen F130  【2個までメール便OK】釣り具 フィッシング トップウォーター ポップクイーン 通販  オフショア ポッパー ルアー

価格:2,090円
(2018/8/19 21:07時点)
感想(0件)




スポンサーサイト

書評:ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール

どうも、沖縄から帰還して以降中々釣果に恵まれない管理人です。
まあ体感温度が沖縄より暑くて早朝2~3時間が限度という縛りがきつすぎて集中して釣果出せないってのが地味に辛いっす。
そんなわけでNEWロッドでの新釣法の話題なんかもあるんですがまずは遠征から持って帰ってきた宿題を片付けていこうかと。

ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール

ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール

原作:sacom works(モソ)

沖縄アングラーが推奨する!?ガチすぎる沖縄釣り漫画登場!!
というオビの通り、沖縄でのルアーフィッシングをテーマにした地方発のコミック。
以前からネットで話題になっていて沖縄へ行ったらぜひ買おうと思っていたので手に取ってみたのだがこれが面白い!
ここ最近当ブログでもいくつか取り上げているように今ちょっとした釣り漫画ブームが起きているのだが、
作者の地元や取材先の影響がどれもダイレクトに反映されるので個性的な内容になっている。
(「つれづれダイアリー」→静岡県浜松市、「放課後ていぼう日誌」→熊本他九州地方、「今日のちょーか!」→和歌山県椿港周辺など)
この「ラッキーキャッツ~」は47都道府県の中でもとりわけ個性的な魚や亜熱帯性気候を持つ沖縄を舞台に、
ネコミミメイドや可愛くアレンジされた妖怪が釣りの知識や沖縄の伝承、環境破壊や釣り人のマナー問題などを絡めつつ読みやすい漫画に仕上げている。
対象魚もメッキをはじめ、ジャングルパーチやマングローブジャック、サメなど沖縄ならではの魚ばかり。
メッキも本土で釣れるサイズよりも大きかったり、ジャングルパーチという難易度の高い魚の攻略法などオリジナリティに溢れている!
それ以外にモソ先生のミニコラムでは釣りの安全性や環境破壊などの大きな視野を持った釣り環境の考察など非常に読みごたえがある。
先生自身がおっしゃるように若干作画に拙い面もあるが、それ以上に読者をひきつける大きな魅力を持った漫画だと思う。
(でも管理人からすれば十分すぎる程上手く描けてると思うんだがなぁ。女の子もだけど魚やリール等のメカ類も)
ちなみに管理人は巨乳の妖怪・仲西ヘーイちゃんが好みです。(管理人もトップウォーター大好きなんで)

出版不況と言われるが、こういう地方発の漫画やアニメがどんどん増えれば色々と面白くなるんじゃないかなぁと思ってみたり。
既にマッグガーデンが関西の漫画家を集めて「MAGKAN」というWEBコミックを立ち上げたり、
アニメの世界では富山にP.A.WORKSや徳島にufotableと地方のスタジオが活躍しているのは有名かな。
ちなみに今期のアニメでは「はるかなレシーブ」が沖縄を舞台にしていて非常に面白い!

そんな感じで今日はここまで。それでは次回の更新をお楽しみに!


FC2Ad

まとめ