FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

ルアーのコーティング作業やってみた

どうも、GWに朝一からシーバス狙いに言って見事に撃沈して帰ってきた管理人です。
それにしても久々に橋越えて淡路まで行ってきたら予想以上に料金高くて他にも出費かさんでしばらく釣りは自粛ムードですね。
おまけに中古釣具店で買ったリペイント素材用ルアーが浸水していて、塗装剥したら中が錆びてて斜めに浮いてしまう有り様。
まあジャンク品を格安で買ったから仕方ないっちゃぁ仕方ないんですがね。

そこで今回はリペイントで余ったウレタンコートの有効活用ということでコーティング作業のまとめをば。
コーティング前


素材として用意したのはアイマのサスケが4本、プガチョフコブラが1本の計5本。
既に雑誌やその他WEB媒体でお馴染みのアイマのルアーだが、値段の割にコーティングが弱く、すぐに塗装が剥げてしまうのが泣き所。
管理人も以前はよくサスケを使っていたがそういう事情もあって正直困っていた。
そんな時にリペイント作業で余ったウレタンコートLR+を使い、塗装を強化して少しでも使いやすく出来ればなぁと。
(まあ本来はその辺りメーカー自身が企業努力でどうにかすべき所だと思う気が…)

まずはフックやスプリットリングを外しておく。
この際に800~1000番のサンドペーパーで軽く傷をつけておくとコーティング剤が乗りやすい。
紙やすり1000番

とはいえ、あまり傷つけ過ぎると塗装が剥げてしまうし、元々が弱いルアーなので程々に。最悪しなくてもいいかもね。

そしてゼムクリップを曲げて作ったフックを引っかけてドブ漬け開始。
ドブ漬け中

リペイント作業から時間がたってしまったので瓶とフタの隙間にマイナスドライバーを差し込み、こびりついたバリを取るように一周させる。
前回のコーティング作業の際、部屋に干していたら予想以上に臭いがこもってしまったので今回は屋外に一晩放置。
ドブ漬け1回目

そして1回目のコーティング終了。

続いて2回目…、と行きたい所だったが、ここに来て瓶のフタが固着してしまった。
どれだけ力を入れて回しても全然動かない。
すっかり諦め、「しゃーない、これは処分して新しいの買いに行こう」と力を抜いて軽く回すとなぜかあっさり開いてしまった。
これってもしや完全な脱力によって生み出される攻撃、つまり「バキ」で言う所の“消力(シャオリー)”では!?
と、変な感動を覚えつつ、気を取り直して作業再開。
モノによっては気泡が出来てしまったり、埃などが付着し、でこぼこになっているのでペーパーで削って面一にしておく。

今度はアイの周辺についたバリをカッターナイフで削って逆方向からドブ漬け。
再び乾燥ブースに引っかけてさらに一晩放置。
ウレタンは湿度に反応して硬化する特性を持つので、リペイントした3月ごろよりある程度気温も湿度も高い5月の方が乾きやすいな。
とりあえず今回は上下1回ずつ計2回で作業終了。
フローティングミノーやトップウォーターなのであまりやり過ぎるとウェイトが変わってしまうので程々に。
これが磯で使ったり牙の鋭い大型魚相手だともう少しコーティング回数増やさなきゃだけどね。
ドブ漬け2回目

そんなわけで作業終了。心なしか、コーティング特有のツヤが出てカラー自体の明度が上がった気も。

ただ作業の中にも落とし穴があって、ドブ漬けの際に元々塗装の剥がれている場所からシワになってしまったり、
シワ

マット仕上げだったシラスカラーがコーティング後に普通のクリアカラーになってしまうことも。
シラスカラー

この辺は同じメーカーからつや消し用のコーティング剤が販売されているので要注意だね。

以上でコーティング作業は終了。
アイマのルアーは他にも何点か所有しているのでいずれ機を見てコーティング作業出来ればなぁと。
それでは次回の更新にて!

今回使ったコーティング剤はこちら。普通のルアーはこちらがオススメ。

OFFICE ACCEL(オフィスアクセル) ウレタンコートLR 200ml

新品価格
¥1,240から
(2018/5/19 17:48時点)




使用後は必ずこれで濃度を薄めて固着しないように。

OFFICE ACCEL(オフィスアクセル) ウレタンコートうすめ液 100ml

新品価格
¥476から
(2018/5/19 17:49時点)




※マット仕上げのルアーはこちらをすること。でないと管理人みたいに…(泣)

OFFICE ACCEL(オフィスアクセル) ウレタンコートLR マットタイプ 200ml

新品価格
¥1,670から
(2018/5/19 17:53時点)




スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ