FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

書評:つれづれダイアリー

突然ですがここで新企画発表!

さて、しばらく充電期間を置いていた管理人ですが、その間ただ遊んでいたわけではありません。
その間にもルアーの紹介記事やその他諸々を構想していたわけですよ。
その一つに“書評”というものをやってみようかと思いまして。
今まではアニメの短い(本命の釣り記事より長い気が)感想程度でしたが、
なにもオタクライフはそれだけにとどまらず、中には漫画やラノベ・一般小説なんかもあるわけですよ。
そこで管理人がオススメしたい本を独断と偏見であれこれ紹介していこうかと。
その記念すべき第一弾として紹介するのがこの漫画。

つれづれダイアリー

つれづれダイアリー
原作:草野ほうき 


静岡県浜松市を舞台に二人の女子高生が釣りを通じて仲良くなっていく日常を描いた漫画。
掲載誌は「のんのんびより」をメインにガールズ&パンツァーのスピンオフが目立つ月刊コミックアライブ。

ある日、主人公の森野アリスはクラスメイトの橘音々子が釣りに行く所を見つけ声をかける所から物語が始まる。
学校では目立たずほとんど話したこともない音々子だが釣りのこととなると途端に饒舌になる重度の釣りバカで
話しているうちにアリスも釣りに挑戦することとなり、徐々に釣りの世界にハマっていくというのがあらすじ。

まず驚いたのが普通の釣り漫画だと主人公が達人だったり、巨大魚や怪魚、凄い技や道具が登場するが、
それがエンターテイメント性を高める一方で、物語の敷居自体を高くしてしまう弱点にもなっていた。
この漫画の素晴らしい所はメインキャラをド素人のアリスとベテランの音々子に分担させることで、
門外漢の目線と経験者(教えたがり)の目線の両方を使い分け
どちらも興味を持って読むことができる計算し尽くされた構成にある。
さらにシンプルかつ細かい描写で糸の結び方やエサの付け方、ルアーの操作など、
漫画としてはもちろん、釣りの入門書としても充分過ぎる程描かれている。
(特にルアーに関しては同じ静岡のメーカーDUOが多い)
また、物語の終わりにはつれづれレシピというミニコーナーがあり、
釣った魚の調理法や釣りに関する雑学などを紹介してあって思わずウムムッ!とうなってしまう。
もちろん、キャラの可愛さも充分過ぎる程描かれていて、アリスの音々子に対する百合っぽい感情や
音々子のクーデレ振りも魅力的。特に2巻のポニテアリスは必見!めっちゃ可愛い!!
対象魚も昔みたいにハゼ釣りやバス釣りじゃなくてサビキから入るのも実情に即しているし、
その次がちょい投げやシーバス釣りというのも今風でいいよね。
コウナゴ(イカナゴ)を釣るのは流石に知らなかったけど大体イワシやアジ釣るのと変わらなかったかな。

実際、釣りへの情熱を失いかけていた管理人も、これを読んで初心者だった頃の気持ちを思い出せたな。
一時期業界も「釣りガール」と称して色々売り込もうとしてたけどこういう目線が足りなかったんじゃないかな。
ちなみに「週刊釣りニュース関東版」では出張版の四コマ漫画が載っているので読める方はそちらもチェック!
(なぜ関西版には載っていないんだ)

そんなわけで書評始めてみましたがいかがでしょうか?
他にもこんな漫画あるよ!とかこの小説良いよ!みたいな感想いただければ幸いです。
それでは本日はこの辺で。

つれづれダイアリー 1 (コミックアライブ)



つれづれダイアリー 2 (コミックアライブ)




スポンサーサイト

石垣島、再び

どうも、お久しぶりです。

ええ、タイトル通りまた行くことになりました。
正直色々出費もかさんでいつもの淡路釣行もままならない懐事情ですが、すべてはこのため。
2度の台風に泣かされ、満足のいく釣りができなかった一昨年の借りを返そうというわけですよ。
とまあいつも以上に気負ってはおりますが、あまり固くならずに非日常を楽しんで来ようと思います。
装備については前回は中型メッキorタマン狙いでシーバスロッドを持って行きましたが、
今回はライトタックルで身軽に行こうかなと思ってます(試してみたい釣りもあることだし)。

それでは乞うご期待!!(って上手くいった試しがないんだよなぁ……)


将棋の駒を自作してみた

どうも、去年から3月のライオンにどハマりして最近は釣りそっちのけで将棋三昧の管理人です。
将棋については小学校の頃にやっていて、最近は携帯アプリの「将皇」で楽しんでいたのですが、
PCで「ハム将棋」に挑んだところ、ハムスター相手にものの見事に惨敗してしまう有り様。
そんなわけでリベンジのために基本の手筋からやり直そうと本を買って実際に駒を並べて・・・と思ったのだが、
引っ越しのドサクサで失くしたのかあれこれいじっている間に失くしたのか、
「歩兵」の駒が1個足りないことに気づいてしまった。
ばら売りという手段もあったのだが、どこで買ったか分からないプリントもずれた安物の駒の中に、
1個だけ国産の高級品が紛れ込んでいるのも妙だし、何より送料がかかってしまう。
かと言ってもう1セット丸ごと買い直しというのも非常にもったいない気がして選んだのが自作という手段。
早速、庶民の味方・ダイソーで材料を買い込む。
材料

<材料>
・木材 (大きさは様々だが歩兵・香車・桂馬あたりの小駒は厚さ6mm程あればちょうど良い)
・サンドペーパー(今回は荒砥用に60番、仕上げに400番を使用)
※ニス&筆も使う予定だったが、使い切りということを知らず、また予想外に材料が綺麗だったので今回は不使用。

その他にカッターナイフ、大小ノコギリ、カッティングシート、サインペンを使用。

まずは手元の歩兵から大まかに寸法を測り、型を取る。
寸法どり

6mm程度ならカッターナイフで切れると聞いたが予想以上に硬かったので結局大きいノコギリで切断。
その後、駒の形に合わせて小さいノコギリ(進研ゼミのプレゼントで貰ったもの)で分割。
分割直後

大まかに切れたものを60番のサンドペーパーで成形し、表面と切断面を400番で滑らかにする。
成形直後

今回は省略したが本来ならこの後、表面を斜めに傾斜させるのだが、こだわる人は挑戦して良いかも。

その後、駒に文字を筆ペンやサインペンで書きこむ。サインペンは滲みやすいので注意!
表面

裏面

ちなみに左が既製品。やはり機械で削るようにはいかないなぁ。
さらにこだわる人は文字を彫刻刀で掘ってプロの使う彫りゴマ風にしても良いかも。
ちなみにオマケとしてこういうものも。
ツン
デレ

こんな感じでオリジナルの駒を作ってみても面白いかも。(もちろん実際の対局で使っちゃ駄目だぞ!)

釣りとは関係ないネタではありましたが、久々の自作記事いかがでしょうか?
お世辞にもうまく出来たとは言えないけど使用には十分耐えうるものだし何より愛着がわくというもの。
将棋やっててうっかり駒を失くした、子供がどこかへやってしまったとお嘆きの親御さんはもちろん、
夏休みの課題でネタに困った!とお悩みの小学生にもおすすめ!!
さあ釣り以外でもレッツ自作ライフ!!



FC2Ad

まとめ