FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

ジャクソン ピンテールチューン6

どうも、充電中だし遠いしと何かと言い訳して結局フィッシングショーを見送った管理人です。
以前行った時は楽しかったけど結局試供品をろくに使う機会もなく、貰ったカタログも紙ごみになってしまい、
色々道具を見せてもらっても資金不足や休みの少なさゆえに使う機会が無いと思い買わずじまいで……。
そんなわけでそろそろルアー紹介記事をと思い何にしようかと考えていたら肝心のアレをやってなかったなと。

ピンテールチューン6

ジャクソン ピンテールチューン6

僕のメッキ釣りにおけるメインウェポン。
ホームの加古川や淡路島ではもちろん、沖縄や渡嘉敷島でも大活躍。仕留めた魚は数知れず。
ピンテールチューンといえば9㎝・28グラムのオリジナルサイズが有名だが、
こちらがツバスなどの青物やシーバス・ヒラメなどを対象にしているのに対し、
こちらはメッキやカマスなどの小型回遊魚がメインで他には渓流仕様のトラウトチューンも。
5.5㎝という小さいサイズに6グラムという重さで圧倒的な飛距離を誇るサーチ性能。
その上ロッド操作に対する追従性が高く、トゥイッチやジャークを交えて高速リトリーブで魚を誘う。
これはベースにジャクソンの名作ミノー・アスリートを使っているってのが大きいな。
ただしその特性は大きく異なっていて、オリジナルが高速リトリーブ以外では上手く泳がず、
イレギュラーアクションで誘うのに対して、小さいサイズはある程度ゆっくりした速度でも泳ぐという点。
これはウェイトの位置がそれぞれ異なっていて、オリジナルはウェイトを底部全面へカマボコ状に配置し、
メタルジグ並の飛距離と比重によって深場まで広範囲に探ることを重視したのに対し、、
こちらは前方に集中させて水噛みとロッドアクションのつけやすさを重視したと考えられる。
メッキ釣りでシンキングミノーを数多く使ってきたが総合力ではピンテールチューン6が一番だと思っている。
ただ以前にハードコアヘビーシンキングミノーの記事でも語った通り、
価格と入手のしやすさに難ありという点がネックかな。
シンキングという性質とシャローの障害物周りを攻める都合上、余計にその辺は気を遣ってしまう。
そのため、最近ではハードコアヘビーシンキングミノーと使い分けながら上手く回している。
また、最近になって各社から新しく小型のシンキングミノーが出ているが当分僕のスタメンは変わら無さそうだ。
それにしても今年はメッキどうなることやら。あと遠征もどうしようか今から悩みどころだな・・・。

Jackson(ジャクソン) ルアー ピンテールチューン 6 SPG ピンクゴールド

新品価格
¥1,458から
(2017/2/5 18:32時点)



スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ