FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

新展開と久々の自作?

久々の更新になりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
いや、実は前回の更新直後に朝一番で橋渡って淡路まで青物&シーバス行ったんですが
全くの不発だったうえに朝マヅメ終了後のモチベーションが維持できずさっさと帰ってしまい、
そろそろルアー釣り自体に限界を感じ始めたので目先を変えてみようとあれこれ模索してたわけでして。
そんな中、近所の釣具屋で「何か最近ハゲが好調みたいですよ」と言われたので
仕掛け一式そろえて新しいターゲットに挑戦することにしました。

竿とリールはメバル用のブルーカレントとメッキ釣りに使ってるバイオマスターに
PE0.6号とフロロ3号のリーダーを組み合わせ、市販のハゲ釣り仕掛けとオモリを装着。
エサは基本のアサリや虫エサ、管理が楽な練り餌にガルプやパワーイソメといった人工餌と色々あるが、
今回管理人がチョイスしたのはアサリのむき身。
とはいえ、こいつが釣具屋で買うと結構な値段になってしまうという。
ご存知の通り、カワハギはエサ盗り名人の異名を持つほどの魚。
当然エサの消費は激しいのでコストパフォーマンスが重視される。
そこで今回は、庶民の味方業務スーパーで仕入れることに。
冷凍アサリ
ちなみに価格は500グラムで398円(税抜き)だった。
こいつを流水で解凍して、塩で締める。
冷凍アサリ塩
ある程度水分が抜けた所で今度は味の素を使って旨みと匂いを加え、集魚力を高める。
味の素
何だか途中でこのまま炒めてパスタに絡めてボンゴレにしたり、
炊飯器に混ぜ込んで深川めしにしたい衝動に駆られるがここは我慢のしどころ。

そして次の日に実釣となったわけだが、残念ながらこの日はハゲもウマヅラも顔を見せてくれなかった。
その代りフグが入れ食い状態で、釣り餌として充分機能することだけは判った。
20161120林崎フグ1

20161120林崎フグ2

しかしもうちょっと手心というものを・・・

スポンサーサイト

2016年淡路釣行 ようやくの初物

お久しぶりです。
最近は早起きがプレッシャーになってしまい中々釣りにいけずベストシーズンを棒に振ってしまった管理人です。
朝マヅメに間に合うよう起きねば!良い場所取れるように急がなきゃってのが中々きつくて。
年々仕事の疲れがとれず、休日は寝てばかりで早起きする体力がすっかりなくなってしまい、
エコーズact.3の攻撃を受けた直後の吉良吉影じゃないけどスポーツジムに通うことを真剣に考える程です。

まあそれはさておき、久々の淡路は早起きのプレッシャーと運転のしんどさを回避して昼前にバスでエントリー。
ひとまず居つきの魚を探して見るが開始早々に根掛かりでハードコアヘビーシンキングミノーをロスト。
復旧しようにも強風とノットが結べない呪いが発動(下手になっただけだが)して30分以上ロスしてしまった。
結局FGノットもMIDノットも諦めてひげなしノットで妥協することに。
強風と寒さで集中力が低下する中、見えチヌも狙ってみるが中々食わせきれず諦めムードが漂う。
川の流れも普段よりきつく、ハードコアヘビーシンキングミノーが思うように泳いでくれない。
そこでトゥイッチへの追従性が良く、流れに強いピンテールチューンに交換するとわずか数投でヒット!
20161103洲本ギンガメアジ1

遅ればせながら今期初メッキゲット!!
やはりピンチに強いルアーだなぁと確信(売っている所が少ないのとやや割高なのが玉に瑕だが)。
その後活性が上がりだしたのかトップにもガンガンアタックしてくるが、
レッドペッパーマイクロの動きについていけないのか活性が上がりきらないのか上手く乗ってくれない。
そこでフォロー的にソルト用スプーン・プラバーを水面直下に通すと一発で食ってきた!
20161103洲本ギンガメアジ2

表層で食わせたのもだけど“釣れた”ではなく“釣った”魚なので非常にうれしかった。
何というかルアー釣りの醍醐味って感じで良いね。
だが日が暮れて気温が一気に下がったのか、この後食いがパタッと止んでしまいそのまま納竿とした。


Jackson(ジャクソン) ルアー ピンテールチューン 6 GRA ギラブルピン

新品価格
¥1,458から
(2016/11/3 22:50時点)





FC2Ad

まとめ