FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

約1年もののニジマスのフレークとおすすめ漫画

休日ということで早速釣りだーっ!!といかないのがこの時期。
気温はさほどでもないのだが風が強くて体感温度は結構寒いので休みだというのに絶賛引きこもり中。
そんな引きこもり休日を満喫するために前日に購入した漫画で暇をつぶす。
ちなみに今回購入したのはこの2冊

賭ケグルイ (原作:河本ほむら/漫画:尚村透)

賭ケグルイ(1) (ガンガンコミックスJOKER)

新品価格
¥627から
(2015/2/11 23:03時点)




昨年放送のアニメ「selector spread wixoss」以降、胃がキリキリ痛むような神経戦
飢えてしまった僕が、たまたま本屋で試し読みの小冊子を見て気に入り、購入したのがこの漫画。
分かりやすく説明するとギャンブルの勝敗で学内の地位が決まる学校を舞台に、
リスクを負うことに快感を覚えるギャンブル中毒の転校生が次々現れる
凄腕&イカサマギャンブラーと戦う漫画。

登場人物が美少女の「カイジ」と想像したら分かりやすいかも。あとジョジョ3部のダービー兄弟戦が好きな人は楽しめそう。
ヒロインの蛇喰夢子さんのギャンブルに狂う表情がエロさを通り越して怖すぎるのがツボ。

もう一冊は既にネット等で話題になっているこちら。

ゴールデンカムイ (著:野田サトル)

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)

新品価格
¥555から
(2015/2/11 23:06時点)




日露戦争の帰還兵・杉元とアイヌの美少女・アシリパ(リが小さい)
アイヌの隠した黄金を巡って、脱獄囚や軍隊、北海道の大自然を相手に
壮絶なサバイバルを繰り広げる冒険漫画。

アイヌの風俗や小物はもちろん、罠の仕掛け方や獲物の食べ方、死生観まで色々と詳細に描写されてて非常に面白い。
特にアシリパさん(さん付け必須!)の可愛さと逞しさが昨今の可愛いだけの美少女ヒロインと一線を画して居て非常に良い。

さて、その漫画も読了した頃に昼食をと思い、
急にピザが食べたくなったので家にあるありあわせの食材で作ってみた。
フライパンピザ

ちなみにレシピはこの本を参考にしてみた。
ぼくのおやつ ~おうちにあるもので作れるパンとお菓子56レシピ~ (著:ぼく)

ぼくのおやつ ~おうちにあるもので作れるパンとお菓子56レシピ~

新品価格
¥1,000から
(2015/2/11 23:13時点)




ピザ以外にもワッフル、チーズ蒸しパン、バームクーヘンもあるので是非。

その際に1年前に釣ったニジマスが冷凍庫に放置されていたのを思い出し、
どうせ暇なので1品作ってみることにした。

ちなみに何故そんなに放置されていたのかというと、冷蔵庫の主である母が異常なまでの魚嫌いで、「釣った魚は汚い」という
妙な偏見を持っていて、僕がキープした魚を何かと理由を付けて冷凍庫に放り込んで放置する悪癖を持っているため。
以前は毎回律儀にクーラーボックスを持って行ってた僕もそのせいで最近は魚をその場でリリースすることが多い。
そんな訳で冷凍庫に眠っていたニジマスを電子レンジで解凍する。

1年前のニジマス

多少色は悪いがこれは釣った直後に締めなかったためで、思ったほど傷んではいないから使えそうだな。
こいつを3枚に下ろして皮を剥き、適当な大きさに刻んで
塩を少々と酒に浸して電子レンジで3分加熱。


フレークその1

余談だが、僕が魚の捌き方を覚えたのは中学2年の頃で、当時珍しく大物のウマヅラハギを釣った僕は
ぜひそのキモが食べてみたいと思い、母に調理を頼むとともに「キモは絶対残してね!」と念を押したのだが、
その日の食卓に並んだのは、元の味が何だったのかさえ分からない程濃い味つけにされたウマヅラの煮つけ。
「キモは?」と尋ねた僕に対し母は「そんなの捨てたわよ。私内臓嫌いなのよ。」と冷たい一言。
それ以来釣った魚は自分で捌き、料理も嫌がる母の視線を気にしつつ地道に腕を磨いてきたのだった(余談終わり)。

さて、下処理も終わったので今度は身をフライパンに移し、めんつゆで味を調えながら炒める
(チタタプって言いながら叩け)。
フレークその2

水分が飛んだ頃に白ごまを混ぜてニジマスのフレークの出来上がり!
ニジマスのフレーク

早速夕飯に食べてみたんだがこれがご飯によく合う。
思わずヒンナヒンナと言いたくなるくらい美味しい
(さっきから露骨にゴールデンカムイネタ仕込んでるな)

ただちょっとめんつゆが多かったせいか若干辛くなってしまったのが健康に悪いかも。
次作る時は若干つゆを少な目にした方が良いかも。

そんなこんなで料理ばかりしていた休日だったが、次に獲物を持って帰れるのはいつになるやら。
まあ釣りはもう少し暖かくなってからかな・・・。




スポンサーサイト

フィッシングショーに行ってきた

前回の更新から再び1月も放置してしまいましたがいかがお過ごしでしょうか?
初釣りと行きたいところが連日の寒さと仕事の疲れで土日が使えず管理人は引きこもり状態でした。
そんな状況を打破するために行ってきましたフィッシングショー。

久々に早起きして片道1時間以上かけてインテックス大阪まで。
途中、乗り換えで西明石駅で降りたものの、新快速がシカをはねて遅れてしまい
結果的にそのまま乗ったほうが早かったり(シカだけにシカたがないってやかましいわ!)
予想以上に人が多くて入場するのに手間取ったりと色々トラブルはあったもののどうにか到着。
フィッシングショー看板

お目当てはがまかつの試供品のフックだったが余りの人の多さに断念。
とりあえず手前のブースから順次回っていくことに。
まずはこのブログではブルーカレントでお馴染のヤマガブランクス
新作のERALY+やブルーカレントのトルザイト仕様はもちろん、普段あまり店頭に並ばない商品も色々触れた。
他にあったロッドメーカーだと個人的には天龍が良さげだったな。
TENRYUブース

カーボンナノチューブ製のショアジグロッドが軽い上にデザインも渋くて素敵だった。
対応してくれたスタッフの方も説明が分かりやすくて誠実だったのも好印象。
今度ロッド買う時は天龍も候補に挙げようかな。性能や日本製という信頼感はもちろんデザインも好みだし。

ロッドはそこそこに次は僕のシーバス釣りに欠かせないルアー、ラパラのブースへ。
CDアバシ

毎度おなじみシーバスルアーの定番CDが通常のバルサ素材からアバシ材になったことで
飛距離と耐久性が大いにアップした限定品に思わず目が釘付け。

ひとしきり回った所でくじ引き券付紙袋を貰うことが出来ず、行く先々で貰うパンフレットでカバンがパンパンなこともあって、
慌てて外で購入し、くじ引き会場へと向かう。
マグロ解体ショー

途中でマグロの解体ショーもあったが、何せ片道2時間近くかかってるので生ものは流石に…、と思いくじ引きへ。
そういやそろそろ家の液晶テレビ、買い替え時だから当たったら嬉しいなぁと思ったがやはりそうもいかず、
シーガー賞のサランラップをゲット(ただこれが一番実用的だと家族には喜ばれた)。
くじ引き景品

続いてがまかつのブース、は人多すぎて入れず、反対側のヤリエブースでワームとジグヘッドを貰う。
プラバーはもちろん、青物用スプーンのグリーブの使い方など、
色々貴重な話を聞けて参考になった。
こりゃあ今年は青物本格的に狙わなきゃな。


お次はシーバスやメッキ釣りで色々お世話になってるヤマリアのブース。
加賀蒔絵のマールアミーゴやエギ王Qもあったが、こんなの実際に使って根掛かりしたら泣くだろうなぁと思いつつ、
スタッフの方とポケッツシリーズについてしばし歓談。
マリアポケッツ

シーバス用の最近出たルアーも色々。
マリアシーバス

ただ個人的にブルースコードはあまりいじって欲しくなかったかなぁと思ってみたり。

他には個人的に気になるブランド、TULALAのブースも行ってきた。
そこではシーバスロッドはもちろん、怪魚用のエルホリゾンテや僕の好きなイラストレーター、
トキシンこと時川真一さんが愛用してるパックロッド、ポルタメントも触らせてもらえた。
(これがすごい粘り!)

あと以前からの懸案だったウェーダーだが、足のでかいことと背が低いことからサイズで悩んでるを
思い切ってブルーストームのブースで相談してみたところ、足のサイズに合わせると良いとの回答があり、
試着させてもらったがとても良かった。改めて感謝します!

その後一通り回ってみたが釣り具を見るのに飽き始め、今度はコンパニオンさんに眼が行くように。
どこのブースも綺麗なお姉さんだらけだったが中でもマグバイトのお姉さんは特に魅力的だった。
マグバイトのお姉さん

メガネと胸元がキュート&セクシーでついつい立ち寄ってしまった(もちろん製品も良かったけどね)。
そして帰る直前に以前このブログでも紹介したMr.釣りどれんのブースへ立ち寄った。
Mr.釣りどれんの続編が同人誌として販売されていて何ととだ先生直々にサインまでしてくれたぞ!!
とだ先生サイン

しかし漫画家にサインもらうなんて長いことオタクやってて初めての経験だな。
その後、慣れない人ごみにもまれたのと久々の早起きで疲れてしまい、早々と帰路についた。
フィッシングショー戦利品

家に帰って戦利品を広げてみるとまあ色々貰って来たもんだなぁと。
ただ、初めてだったこともあり今一つ勝手がつかめず、立ち寄るブースも偏ってしまったんでレポートとしてはまとまってないなぁと反省しきり。
特に写真をもっと撮った方が良かったと思う(携帯のカメラだとどうしても手振れしたり暗くなってしまうなぁ)
まあともかく一年に一度のお祭りということで、
来年もまた機会があれば行ってみたいなぁと思いつつ、

今回のレポートはこれにて終了!!

・・・たまにはこういうのもアリだよね。






FC2Ad

まとめ