FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

ヤマリア(マリアオフィス) フェイクベイツ

どうも、週刊予報で雨だったからと連休初日から惰眠を貪った挙句、慌てて2日目に出かけるも今年初のメッキをボウズで終わった管理人です。

そんな訳でもはやネタ切れ感満々な雰囲気ですが、こんな時こそルアー紹介記事をば。

フェイクベイツF50

フェイクベイツF50

こいつはピンテールチューンを導入する以前までで最もメッキを釣り上げたミノーと言っても過言ではない。
フローティングで2.5gという軽さにもかかわらず、重心移動システム搭載で飛距離は充分。
軽い比重で細かいピッチのウォブンロールでナチュラルに魚を誘いつつ、リズミカルにトゥイッチを入れるのが吉。
まさに“餌”と言っても良い釣れっぷりでメッキ、セイゴなどのライトルアーに抜群の強さを発揮していた。
ソルトルアーのパイオニアであるマリアらしい、基本設計に優れた傑作ミノーだ。
特に右列中央のイワシカラーについては最初にヒットさせたヒラセイゴにはじまり、それ以降釣り上げたメッキは数知れず。
無数に刻まれた歯型やもはや溝と化したフックのローリングマークがそれを物語っている。

当初は50・70・90・110・130の各フローティング・90までのシンキングで商品展開されていて、
“究極の汎用性”というキャッチコピーであえて対象魚を絞らず使ってくださいというコンセプトだった。
その後追加されたシーバス用に特化したリップレスミノーのNL-1を含め計9種類で販売されることになる。
発売と同じくして配布されたパンフレットではサイズごとに様々な魚種の釣り方も掲載されていて、
シーバスやチヌだけでなく、海外のサーモンやタイメンといったいわゆる怪魚にも使われていたっけ。
ちなみにF50とS50はトラウトルアーとしても活用されていたのが、海のイメージが強いマリアらしくなくのちの商品展開に含みを持たせてて面白かった。
当時としてもかなりの低価格で、110以上は千円+消費税、90以下ならF・Sともに千円以下で買えたので積極的に使える実にマリアらしいルアーだった。

フェイクベイツS50


フェイクベイツS50

ただしこのS50が若干曲者で、F50をそのままシンキングにするのではなく、特徴的な泳ぎを重視するために、
イチからボディ形状を作り直し、シンキングでもフローティングと同じ動きをさせるという名目でシンキング専用設計にしたのは良いのだが、
副作用としてロッドアクションへの追従性が悪くなってしまい、頻繁に糸絡みが発生してしまうという弱点が出来てしまった。
そのため、他のサイズのシンキングもただ巻き専用で使わざるを得ず、使い勝手が悪くなってしまった。

フェイクベイツF90


フェイクベイツF90

F50をサイズアップしたのは良かったのだが、70で3.8g、90で5.5gと重心移動搭載とはいえ、一般的なシーバスロッドで扱うには少々軽すぎるため、
競合他社のショアラインシャイナーやサイレントアサシン等に大きく水を開けられる結果となった。
ただその副産物として軽いメバルロッドを使った大型メバルのミノーイングや本流トラウトには良い感じだけどね。

またNL-1については、泳ぎの違う別バージョンも試作していたのだが、結局お蔵入りになってしまったりと予想以上に迷走してしまった。
まあそもそも究極の汎用性がコンセプトだったのにシーバス特化型ってのが矛盾していた気も…。
そんな訳で2018年現在、マリアのWebカタログからはフェイクベイツの名が消えてしまっている。
ちなみに好評だったF50については若干サイズを大きくしてポケッツミノーが後継機として販売されている。
正直使い勝手が良くて価格も抑えめだったから管理人的には凄くありがたいルアーだったんだけどなぁ。
とはいえ、今の細分化されたルアー業界と他社同様ブランド路線に舵を切った今のヤマリアには扱いが難しいのかも。

F50についてはそのまま再販希望ですが、F90以降は若干のウェイトアップ、シンキングについてはボディ形状の見直し含めて、再販していただければ…。
今ならF50をヘビーシンキング化して価格抑えめで渓流のトラウト用やメッキ釣りに使えば市場開拓の余地ありそうなんだけどなぁ…。

そんなわけで秋の長雨みたいに湿っぽい終わり方ですが今日の更新はここまでです。
それではまた次回…。


スポンサーサイト

ヤマリア タイトスラローム

どうも、なんやかんやでかなり更新サボってしまった管理人です。
ここ最近猫の病院通いはもちろん、仕事疲れが溜まってしまったり、アニメの消化に時間を取られてしまいまして。
書評(主に最近は釣り漫画)も書かなきゃと思うのですが気が進まず…。
そんなわけで今回は久々にルアー紹介記事でもと思いまして。

タイトスラローム
ヤマリア タイトスラローム

さて、世の中にはひとつ新製品がヒットすれば同じコンセプトの製品が同業他社から一斉に発売される法則があります。
元々バス用だったシャッド系ミノーを釣り人が港湾やボートシーバスに流用したことから、
ラッキークラフトからはビーフリーズ、メガバスからはX-80がそれぞれソルト用に色やウェイトを調整され大ヒットしました。
当然、それに対して指をくわえて見ていられないのがソルトルアーフィッシングの草分け的存在であるマリアオフィス(現ヤマリア)。
すぐさまそれらを研究し尽くし、独自のアプローチを加えてリリースしたのがこのタイトスラローム。
ボディ形状はX-80にそっくりなのですが先行商品との違いとしてウェイトがバスルアー流用を前提とした固定重心ではなく
ソルトルアーではお馴染みのマグネット式移動重心システムを搭載しているのが最大の特徴。
一見、「固定重心じゃないと泳ぎ出し悪くなるんじゃあ…」と不安になる所だが、もちろん対策済みで、
着水後のタイムラグも少なく、素早い泳ぎ出しを実現し、バイトチャンスを増幅させている。
そこにウェイト移動式の特徴である飛距離が加わり、より離れた場所からシーバスを引きずり出すことができる優れもの。
その上、X-80よりも安価で入手しやすいのでためらうことなく危ない場所でも使えるのが財布に優しい。

欠点を挙げるとすれば、基になったX-80同様、リップが薄く岸壁やテトラにぶつけるとすぐに折れてしまう点。
さらに最近では一時期ほど売っている店が少なくなったことに加えて、個人的に一番釣れるカラーだった、
画像上から4段目のグリーンゴールドが廃盤になってしまった点(湾奥グリーンゴールドとして復活したが微妙に違うのが…)
ちなみに2段目のアカキンもいつの間にか廃盤になってて辛い…。
以前も別の記事で書いたがヤマリアの現行カラーはどれも微妙というか以前の方がコンセプト分かりやすくて好きだったなぁ。

そんなわけで久々のルアー紹介記事でした。
しばらくまた更新頻度落ちてしまいそうですが今後ともお付き合い頂ければ幸いです。

マリア タイトスラローム 80 GFRH

価格:1,239円
(2018/3/22 21:22時点)
感想(0件)



ラッキークラフト ベビーペンシル

お久しぶりです。正月からしばらく仕事と新企画の準備でしばらく更新止まってました。
今回はちょっと息抜きも兼ねて軽めにルアー紹介をひとつ。

突然ですがトップウォーターの種類は数あれど、大抵はポッパー派かペンシル派に分かれますね。
それぞれに良い部分もありますがそれ以上に“相性”というものがあります。
管理人はゴリゴリのペンシル派でどの釣りでもペンシルの方が成績良くてポッパーは苦手だったりします。
そのきっかけとなったルアーが今回のベビーペンシル。
ベビーペンシル


90年代のバスバブルに沸いたラッキークラフトですが、その人気を支えたのが“ベビー”シリーズ。
シャッドやミノー、ポッパーやバイブなど、一口サイズでありながら泳ぎは本格的と、
多くのバサーのホームグラウンドであるスレた野池とメインで使うスピニングタックルを意識し好評を博していた。
これを購入したきっかけは、自分のうっかりでベビーポッパーをロストしてしまい、代わりのルアーを探していたのだが、当時は上記の通りバスバブル時代。
ラッキークラフト・エバーグリーン・メガバス辺りはどこでも入手困難で、プレミア価格までついていた程。
そこでたまたま入った店で見つけたのが「おひとり様1点限り」の札が貼られたこいつ。
正直最初は「ペンシルかぁ…、上級者向けって聞いたことあるしそれに色がクリアってのも…」
って感じで微妙だなぁと思いつつも他にルアー無いのでお小遣いを崩して購入。
それが後にあんな事態になろうとは…(意味深)

早速近所の野池で使ってみる。場所はコーヒー色の水に強風吹きすさぶ水門。
本来1級ポイントである水門ということを差し引いてもトップ、しかも小型ペンシル向きの天候ではない。
おまけにカラーはマッディでは目立たないと言われているクリアカラー。
まあせっかくだし、後からゲリヤマ投げるからボウズは免れられるしと第1投目。
すると遠くで小さな水しぶきが上がった気もするが何せウサギ飛んでるので見分けが…。
と思ったのもつかの間、いきなりバスが水面で大暴れ!慌てつつも慎重に寄せるとそこには25㎝ほどの小バスが。
(……何コレ、超すげぇ!!)この瞬間、ペンシルは釣れるという確信を得ることが出来た。
その後、同じポイントでは入れ食い状態を何度も味わうことが出来、最終的にホロシールがボロボロになるまで釣れた。
後にソルトに転向するも、今度はメッキ等のライトルアーで活躍してくれた。
ただ、ボディを横倒しにしてスケーティングするアクションから、あまりスピーディな展開が出来ず、
メッキなどの小型回遊魚相手にはレッドペッパーマイクロに譲る点もあるかな。
とはいえ、このサイズでペンシルとしてのアクションが出来るという基本設計力の高さは目を見張るものがある。
ただ一つ難点を挙げるとすれば、現在取り扱っている店が非常に少ないという所。
一時期廃盤になって、復刻版として逆輸入版やエリアトラウト用として再販されたこともあったが、安定供給は難しいようで。
ただし、公式HPには現在もラインナップされていることから、完全に製造中止ではなさそうなのが。
そんなわけで興味のある方はぜひとも見かけたら確保してその威力を味わってほしい。

LUCKY CRAFT USA【ラッキークラフト】ベビーペンシル60 - US定番カラー

価格:1,511円
(2018/1/27 18:40時点)
感想(4件)




2018年初売りと今後の方針について

初売りだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(X-JAPANの紅っぽく)
というわけで七草粥も過ぎてようやく今年の話題をお出しするこのブログ。
相も変わらずマイペースでグダグダ更新ですが改めて本年もよろしくお願いいたします。

今年も正月から初売りであれこれ釣具店をハシゴしてきたのですが、本来買う予定だったロッドが年末のセール期間中に売り切れてしまったため、
割引になっていたルアーをいくつか購入する程度にとどまりました。
とはいえ、ルアーばかりが増えて釣行回数が減っているのでいい加減自重すべきとは思うのですが。
2018初売り1

まずはDUOのシンキングペンシル・マニックをサイズ違いで計4本。
昨年から導入した派生モデルのマニックフィッシュが好感触だったこともあり、期待値込みで多めに購入。
カラーはコアマンとのコラボモデルで発売当初は通常モデルより若干割高だったような。
ちょっとクリアカラーって苦手なんだよなぁと思いつつ、3割引きの魅力に負けた所も。
バチ抜けシーバスってあまりやったことが無いので今年は挑戦出来ればと。
(何せバチ抜けシーズンになると花粉症や風邪引いたり、年度末や年度初めと重なって仕事が忙しくて…)
2018初売り2

続いてはタックルハウスからTKLMをサイズ違いで9/11と12/18を各1本、トップウォーターでTKRP9/12を1本の計3本。
こちらは滅多に値下がりしないのでちょっと嬉しい(限定カラーで再販難しいのかな?)。
カラーは濁りに強いゴールドレインボーとバスルアーみたいで面白そうだったのでマットチャートボラを選択。
TKLM好きで世間の評判も良くて管理人もよく使ってるんだけど何故か釣果に恵まれないのが。
今年はこういうルアーも使いこなせるようになりたいもんだ。
TKRP9/12はリップルポッパーのダウンサイジング版でこちらもよく使ってるんだけどトップゆえか中々難しい。
一般的なトップウォーターと違ってただ巻きで引き波立てながらよく動くので、長いシーバスロッドでも疲れにくく気に入っている。
2018初売り3

最後にメバル・アジ用にマゴバチを2種類購入。というより補充に近いかな。
こちらは既に実績充分というか食いが渋った時の最終兵器として愛用している。
ハンドポワードの柔らかいマテリアルが吸い込みやすさと生物感をリアルに表現していて、つるんと抵抗なく吸い込めるためスレた魚にめっぽう強い。
ただ代償として耐久力が弱く、1回使っただけでボロボロになってしまうことが多い。
そのためこういう割引は見逃せないので出来る限り補充するようにしている。
色は昼夜問わず実績多数のグローマーブルと根魚系で定番のピンクグリッター。
マゴバチについてはそのうち別の記事で取り上げても良さそうかな。

そんなわけで初売りについてはこの辺で終わりにします。
他にもライン巻き替えなきゃと思ったのですが、肝心のリールを忘れたり、年々割引率がショボくなったりで一時期ほどは買わなくなりましたね。
(まあこんだけ買っても塩漬けになりそうなのでむしろ買いすぎと言えばそうかも)
去年は色々あって釣行回数が少なく、思ったような釣りが出来ませんでしたが、今年はどうにか行けるようにしたいです。
特に苦手な夜釣りや青物、そしてシーバスを増やせたらと思ってます。
また、現在構想中の新企画もあって下準備もあれこれ水面下で進行しております。
そのためひょっとしたら更新頻度が下がってしまう可能性もありますのでご了承ください。(いつもみたいに計画倒れで終わらなければいいけどね…)
そんなこんなで今回の記事はここまで!
また次回の更新でお会いしましょう。

ジャクソン アスリート

どうも、2期目に突入した「3月のライオン」のOPを見ながら一昔前まではアニソンを馬鹿にして
変なキャラ作りして「あたしィアニメといえばキャンディキャンディだから~」と
頬に十字傷を持つ浪人が主役の時代劇アニメに「そばかす」なんて歌でやっつけ仕事してたのが
今頃になって思い切りアニメ業界にすり寄ってさも作品の顔みたいに振る舞ってるを見て
過去の話を蒸し返して大人げないとは思うのですがなんだかなぁとつぶやいてしまう管理人です。
アニメ化の前からBUMPが楽曲提供してたから余計にそう思ってしまうのかもしれませんがちょっとなぁ…。
(まあそれ以前にいじめネタが長すぎてダレてきたのと現実がアニメを完全に追い越してしまった感あるのも…)
今の若い人には信じられないかもしれませんが、昔はアニソンというのはかなり下に見られていて、
作品に合っていない曲をあてがわれたり、あまつさえ歌っていたことを黒歴史にしたりするのもザラでした。
(今もたまにあるけど大抵は事前に資料渡したり監督や原作者と打ち合わせすることがほとんどだそうです)
他にはロボットアニメの主題歌でデビューしたは良いが、その後売れだした途端にそれを無かったことにして、
DVDでは別の曲に差し替えさせた白黒はっきりしない名前のバンドが、
今頃になって「実はロボットアニメ大好きなんですよ~」とか急に言い出して別のロボットアニメの主題歌歌ってたなんてのもあったっけ。
まあ90年代のJ-POP全盛期にブイブイ言わせてたアーティスト()からすれば仕方ないかもしれませんね。
CDの売り上げも年々落ちてるし新しい歌手もどんどん出てくるし生き残りに必死なのも分かりますが、
ベテランならベテランなりに他力本願なタイアップじゃなく他にやりようがあると思うのですが……。

そんな時代によってコロコロ主義主張が変わるアーティスト()の皆さまとは対照的に、
デビュー以来、ほとんど変わらないことを強みにしているルアーがあります。
アスリート

ジャクソン アスリート

ご存じ、シーバスフィッシング黎明期から現在まで第一線で活躍する名作ミノー。
今年のカタログのキャッチコピーが“わたしが変わると多くのアングラーに叱られる”とまで豪語するその自信。
事実、発売当初から変わった部分と言えば目玉がシールから3Dアイになったことと、
カラーチャートが若干変更された程度で昔ながらの固定重心のシンキングミノーというポジションは不変のまま。
アクションはローリング主体で固定重心の強みとして着水後即アクションに移ることができ、魚に対して余計な警戒心を与えることなくバイトを誘発する。
流線型のボディはボディ下部に配置したウェイトとともに充分過ぎる飛距離を叩き出す。
ただ巻きはもちろんのこと、ロッドアクションへの追従性も抜群で、トゥイッチでパニックアクション、
ジャークを入れると綺麗にダートしてリアクションバイトを演出することが出来る。
対象魚はシーバスにとどまらず、トラウトやバス、青物はもちろん、バラマンディやタイメンといった世界の怪魚相手にも実績多数。
かのミラクルジムこと村田基氏もオーストラリアのバラマンディ釣りに必ず持っていくそうで、
マングローブの根元にキャストしてタイムラグ無しに動かすことでスレた魚に絶大な威力があるとか。
そのため現地に行くと必ずといって良い程お土産にアスリートをせがまれるそうです。
実際メーカーからもトラウトやバス用に色を変えたモデルが販売されてるしね。
他にはウェイトを再調整したDASHチューン(右5段目)や青物攻略必携ルアーのピンテールチューン、
ロングミノーとして再設計されたアスリートスリムなどもありますね。
また、今のようにバチ抜け用ルアーが無い頃にはリップを折ってシンキングペンシルのように使っていた時代があり、
今でもシークレットにしている人も多いそうです。

当然管理人も大好きなルアーで、CD7に次いで多くのシーバスを釣った必携ルアー。
特に7㎝のイワシカラー(左4段目)とレッドヘッド(左2段目)は塗装もボロボロになっているが
それが余計に釣れる効果を生んでいるのか、釣果は他のカラーより抜きんでて高い。
使い方は色々なルアーを投げても反応が得られなかったり、今日はどうしてもシーバスの顔が見たい!って時に投げると期待に応えてくれることが多い。
基本はただ巻きで昼はファスト、マヅメ~夜間はスローだが逆でも食ってくる上、流れに乗せてトゥイッチさせても好反応が得られるまさにお守り的ルアー!
この画像以外にも何本か未開封のストックを常備していて港湾部・小河川での釣りでは無くてはならないルアーになっている。
最近は「○○パターン専用!」みたいな細分化された特化型ルアーが売れ筋だけど、
こういうバーサタイルなルアーこそ初心者・ベテラン問わずお勧めしたい。
それにしても毎年新製品が大量に出てはその数と同じだけ消えていくルアーが多いソルト業界で、
発売当初から“変わらない”ことを最大の強みにして現在まで生き残っているという事実に、
改めてアスリートの優れた基本設計というか一本筋の通った“誇り”を感じてしまう管理人でした。

今回は思い入れが強すぎる分いつも以上に長くなってしまいましたが、それではまた、次回の更新で会いましょう。

Jackson(ジャクソン) ミノー アスリート S 70mm 7g イワシ

新品価格
¥1,836から
(2017/11/26 00:38時点)




Jackson(ジャクソン) ミノー アスリート S 90mm 13g レーザーレッドヘッド

新品価格
¥1,836から
(2017/11/26 00:40時点)



次のページ

FC2Ad

まとめ