FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

2019加古川釣行 メッキ終盤戦と愉快なサザエさん

どうも、タイトル通り釣りに行こうと加古川まで出かけたら財布を忘れて途中で引き返して予想以上のタイムロスを食った管理人です。
普段必要なものは全部スマホケースに入れてるせいで財布の存在をすっかり忘れてしまって…。
その上、シーバス釣りに使うクロスロックスナップを忘れてしまって、ライトルアー用の極小スナップしか持ってこなかったから、
早々にシーバスルアーが宝の持ち腐れに…。

そんなわけで色々うっかりしてたせいで使いにくいのを承知でソルティストモバイルを使ってメッキ釣りをすることに。
ただ、前回の加古川釣行でモバイルパックを持っていった際にメッキのファーストアタックに竿がのされることがあったので今回は大丈夫かなと。
早速いつものピンテールチューン6(カタクチ)をキャストするが無反応。
続いて得意のレッドペッパーマイクロ(廃盤色)に切り替えると早速沖の方でヒット!
ところが、途中でバレてしまい早くもルアーにスレてしまう。
ライト用ロッドよりも遠投できるのは良いが遠い場所でのフッキング伝導率の弱さや近距離でもロッドの硬さでどうしても弾いてしまう。
中間くらいのロッドがあればなぁとも思いつつ、ここ最近絶好調のブルースコードC60(アカキン)をキャストする。
すると早速、ソルティストモバイルを思い切りブチ曲げる強烈なアタリ!
ゆるゆるにしていたドラグを急いでロックし、いざファイト!!

20191104メッキ1

シーズン終盤ならではの良型のメッキだ。
向かい風でも重心移動で豪快に飛ばせるブルースコードと高速リトリーブからのトゥイッチが見事にハマった感じだ。

20191104メッキ2

その後もう1匹、メッキを同じルアー、同じアクションで追加。

ところが、潮止まりと同時に北風が強烈に吹き付け、一気に寒くなっていく。
そしてこんなときに限って、ろくな防寒装備もしていないので寒さに耐えきれず大慌てで釣り場から撤退する。

そんなわけで今回はいろんなうっかりが積み重なって思うような釣りができず、不本意な結果になってしまった。
とはいえ、悪条件の中でもメッキの顔を見ることができて一応は満足できたかな。
いよいよ今年もあと残りわずか、釣りに行ける日も限られてくるので、次のターゲットは何にしようか迷いどころ。
それではまた、次回の更新でお会いしましょう!

Rod :ダイワ ソルティストMB SB 85ML-5
Reel:シマノ バイオマスターC3000HG
Line:サンライン キャストアウェイPE 0.6号 + 東レ トヨフロンLハード 3号
Lure:ヤマリア ブルースコードC60(アカキン) 

ヤマシタ(YAMASHITA) ペンシルベイト ブルースコード C60 60mm 7g アカキン L16H 603941 ルアー

新品価格
¥1,490から
(2019/11/4 22:50時点)



スポンサーサイト



2019淡路釣行 青物狙いといつものメッキ

悪天候や予定が合わず、中々行けなかった淡路へようやく出動。

年々早起きが体に堪えるなぁと思いつつ、夜明け前から車を走らせる。
いつも行く大蔵海岸やアジュール舞子ほどではないが、既にそこそこ人が入っている。
まあそれでも釣り場は広いしいつもよりはのびのび竿を出せるので一安心。
とはいえ、足場がテトラなので不安定なのが残念だが膨張式ではなく浮力体式のライフジャケットを用意しておいて正解だった。
まずはマリアのラピードF130(ピンクイワシ)や去年沖縄遠征時に久高島で拾ったポップクイーンF130(血みどろイワシ)で表層を探ったり、
ショアラインシャイナーセットアッパー(ステインゴールド)やピンテールチューン(アカハライワシ)で中層、
そして新兵器、デュエルのモンスターショット95(ブルピンキャンディ)(クリアー)で手広く探る。
時折、岸際でボイルが発生するのだが、ベイトの密度が濃すぎるのか、サイズが合わないのか、それとも連日叩かれすぎてスレているのか反応が悪い。
そのため、途中から「放課後ていぼう日誌」の最新刊でも紹介されていたジグサビキを使ってみるが、結局何も釣れず青物は終了。

港の奥まった河口付近へと移動する。
狙いは当然メッキだ。こんな事もあろうかと保険にモバイルパックとナスキーを用意しておいて正解だったぜ。
まず一投目はいつものピンテールチューン6(ピンクゴールド)。
予想通りいきなり小気味よい引きがモバイルパックをしならせる。

20191027メッキ1

とりあえず坊主は回避できた。
シーズン終盤の割に妙にサイズが小さいなぁと思いつつ釣り再開。
今度はレッドペッパーマイクロ(廃盤色)に交換して早速ヒット…。
おかしい、さっきから妙にバラしが多いというか魚が小さくてルアーを食いきれていないような…。
投げるたびに水面が割れるのだが妙に弾かれるのだ。
そのうちトップにもスレだしたので今度はブルースコードC60(アカキン)に交換。
捨て石の切れ目を通過した所でヒット!?これも妙に軽いなぁ…。

20191027メッキ2

本日2匹目のメッキだ。
やはり思ったよりもサイズが小さいみたいだ。
そのうち潮が完全に引いてしまい、食わなくなったので納竿。
青物もメッキも余裕があれば夕方から再チャレンジといきたかったが、次の日は朝から仕事なので自重した。
(中年のスタミナの無さと回復力の低さが辛いぜ…)

そんなわけで久々の淡路釣行はイマイチな結果になってしまった。
新兵器のモンスターショットはシンペンでも40gあるので飛距離も申し分なく使いやすかった。
ただ青物用のシンペンというのがまだ使い慣れていないので使いこなすには少々コツが必要かな。
イワシボイルにはダイビングペンシルやポッパーよりも普通のペンシルベイトのが自然に誘えて良かったかも。
もうちょっと上手くやれば青物釣れたのかなと少し名残惜しいが今日はこの辺で。
次回の更新でお会いしましょう。


<青物>
Rod :ダイワ ラテオ 100MH
Reel:シマノ ストラディック4000XG
Line:よつあみ G-soulスーパージグマンX8 PE 1.5号 + DUEL BIGフロロカーボン 8号
Lure:マリア ラピードF130(ピンクイワシ)、ポップクイーンF130(血みどろイワシ)、ジャクソン ピンテールチューン(アカハライワシ)
ダイワ ショアラインシャイナーセットアッパー(ステインゴールド)、ジャッカル ビックバッカー107HW(イワシ)
デュエル モンスターショット95(ブルピンキャンディ)(クリアー)、メジャークラフト ジグパラショート(ゼブライワシ)&ハヤブサ ジギングサビキS

<メッキ>
Rod :ダイワ モバイルパック615TLS
Reel:シマノ ナスキーC2000HGS
Line:よつあみ G-soulX8 Upgrade PE 0.6号 + DUEL HDカーボン 1.75号
Lure:ヤリエ ジャクソン ピンテールチューン6(ピンクゴールド)ティムコ レッドペッパーマイクロ(廃盤色)マリア ブルースコードC60(アカキン)

Jackson(ジャクソン) ミノー ピンテールチューン 6 55mm 6g ギラブルピン GRA ルアー

新品価格
¥1,485から
(2019/10/27 17:42時点)




ヤマシタ(YAMASHITA) ペンシルベイト ブルースコード C60 60mm 7g アカキン L16H 603941 ルアー

新品価格
¥1,490から
(2019/10/27 17:42時点)



2019加古川釣行 久々のライトタックル

思いがけず休日になったので家の用事を済ませたあとでいつもの加古川尻へ。

前日の雨と満潮時刻に重なったせいで以前よりも水かさが増して足場が消滅している場所もあって釣りづらい。
こういう時、万が一のこともあるからライフジャケット用意しておいて正解だったなぁと。

水が前回以上に濁っていて、その上曇り空ということもあって派手目のルアーをと思い、まずはピンテールチューン6(ピンクゴールド)をチョイス。
早速一投目からメッキ特有の強烈なアタリ!

20191022メッキ1

久々のロウニンメッキだ。
やはりソルティストモバイルよりもモバイルパックの方がライトルアーフィッシングでは使いやすいなぁと実感。
とはいえ、風も強く、メッキシーズンも終盤に差し掛かったせいか、ルアーにアタックしては来るのだが上手くフッキングしてくれない。
ここは頼れるエース、レッドペッパーマイクロ(廃盤色)の出番と思い、キャストするといきなり水面が割れる。

20191022メッキ2

活きの良いメッキをゲットすることができた。

しかし、この先アタリはあっても上手く食わせることができず、数を追加することができなかった。
そのうち、元々立っていた場所もどんどん沈んでいき、人も増えてきたので場所移動。
そこでも2回ほどアタリがあったのだが、結局どちらもキャッチできず。そのまま納竿。

一応坊主は回避できたが、不満の残る結果になってしまった。
そろそろ別のポイント開拓しようかなぁと思いつつ、今日はこの辺で。
次回の更新でお会いしましょう。

Rod :ダイワ モバイルパック615TLS
Reel:シマノ ナスキーC2000HGS
Line:よつあみ G-soulX8 Upgrade PE 0.6号 + DUEL HDカーボン 1.75号
Lure:ヤリエ ジャクソン ピンテールチューン6(ピンクゴールド)ティムコ レッドペッパーマイクロ(廃盤色)

Jackson(ジャクソン) ミノー ピンテールチューン 6 55mm 6g ギラブルピン GRA ルアー

新品価格
¥1,485から
(2019/10/22 18:37時点)




ティムコ(TIEMCO) ペンシルベイト レッドペッパーマイクロ 60mm 3.5g キンアユ #283 RPM-283

新品価格
¥1,663から
(2019/10/22 18:39時点)



2019加古川メッキ&チヌクランキング

どうも、来年4月に「放課後ていぼう日誌」のアニメ放送が決定し、制作があの動画工房と聞いてテンション上がりっぱなしの管理人です。
正直制作会社については情報出るまで不安だったのですが「うまるちゃん」や「ダンベル何キロ持てる?」と当たり作品多い会社なので安心できますね。
あとは声優さんの情報が気になるなぁ。特に熊本弁で話す黒岩部長役の人がどうなるか楽しみです。

前置きはこの辺にして、いつもの加古川釣行。
前回不発に終わったチヌ釣りリベンジということで、用意したのがこれ。

20191020プチピーナッツ

いつものようにスキマ時間にネットサーフィンしていたら、バス用のクランクベイトでチヌやシーバスが釣れるという情報が。
そういえば昔何気なく立ち寄った釣具屋の店長さんが「ピーナッツⅡはシーバスもよく釣れる良いルアーだよ~」と言ってたっけ。
当時は「まさかそんなわけ~」と全く信用していなかったが、YouTubeにも実釣動画が複数アップされていて、
そのあまりの破壊力に、前回テキサスリグでの釣りに苦戦していた僕は即飛びついた。
メルカリに出品予定だったバス時代のクランクベイトを引っ張り出したり、足りない分は釣具屋で安価なものを買い揃えたりしてみたり。
なんだか最近ソルトルアーコーナーよりバス用品コーナーばかり通ってるなぁと思いつついざ出動。

最初に投げたのはバス釣り時代に愛用していたダイワのピーナッツⅡDR(チャートバック)。
川底をボトムノックさせながら引いてくるのだがこれが中々難しい。
川の流れに押し流されて思うように泳いでくれなかったり、川底のゴミを拾ってしまい、結果的にポイントを潰してしまったりと思うようにいかない。
結局、一度だけそれっぽいアタリがあっただけで次はゴミを拾わないようにと動画で見たヨーズリの3DSクランクSSR(ホロクラウン)にチェンジ。
ところが、当日は風が強くて、逆風に押し返されたり、元々空気抵抗の大きいボディゆえか思った以上に飛んでくれない。
ただアクション自体はかなり良い。というかSSRという名に反して割と潜ってくれるので汎用性は高いかな。
思った以上に気温が低く、活性が下がっているのかなと思い、今度はボリュームを下げてタイニーピーナッツ(ブルーバックチャート)にチェンジ。
しかし今度は一投目から根がかってしまい、いきなり新品のルアーをロストする羽目に。
その後、画像のタイニーピーナッツⅡSR(チャートグリッター)にチェンジして探っていくのだがやはりチヌの時期を外れたのか無反応。
結局、いつものようにメッキ釣りへと移行する。
やっぱり最初はレッドペッパーマイクロ、と思ったのだが、何せ風がきつすぎて波も荒く、上手く泳いでくれなさそう。
そこで前回使い方に開眼したマリアのブルースコードC60(アカキン)をチョイス。
前回同様に表層リトリーブ&ドッグウォークで誘うといきなり一投目でヒット!

20191020メッキ1

タフな状況でもブルースコードは裏切らない。
ただし、いつものモバイルパックではなく本来シーバスロッドとして作られたソルティストモバイルだからか、バイトを弾きやすいのがネック。
加えて向かい風のせいでライントラブルが多発し思った以上に数が伸びない。
ある程度ドラグを緩めて対処してはいるのだが、フッキング時のショックを吸収しきれないため身切れしてしまうみたいだ。
バラシが続いたせいで一旦ブルースコードにスレたのか反応が薄れたので、今度こそレッドペッパーマイクロを取り出す。
すると予想的中!水面がガボッと割れて活きの良いメッキが飛び出した。

20191020メッキ2

とはいえ、上記の通り風の影響で上手くアピールできず、硬いロッドで無理やりアクションをつけるせいかすぐにルアーがエビになってしまう。
今度は同じブルースコードでも色違い(レッドヘッド)をセットして、再びヒットに持ち込む。

20191020メッキ3

こういった雨後の増水で黒く濁った状況ではイワシなどのシルバー系よりアカキンなどのゴールド系やレッドヘッドみたいなパール系が強いなぁと実感。
そういえば現行のブルースコードC60からはレッドヘッドが無くなっているけどこういうケースもあるからぜひ復活してほしいなぁ。
その後、再びアカキンのブルースコードに戻して連続ヒットを堪能する。

20191020メッキ4

20191020メッキ5

そのうちブルースコードにもスレ始めたのでピンテールチューン6(ピンクゴールド)に変えると再びヒット!

20191020メッキ6

これ以降もアタリはあるのだが、食いが浅いのか竿が固くて弾くのかショートバイトばかりで続かず、結局ここで納竿した。

今回チヌのクランキングに初挑戦してみたが、やはりチヌの活性が高い初夏~夏ごろにしたほうが良さそうかな。
とはいえ、久々にクランクを使えたのは嬉しかった。何せ管理人がバス釣りやってた頃一番好きだったルアーがクランクで、
唯一のランカーもクランクで釣ったほど。(この勢いで以前のように“クランク沼”にはまらなければ良いんだがなぁ・・・)
そしてメッキ釣り。
前回はさほどでもなかったが今回のようにメッキ自体が釣りにくい状況ではやはりライトタックルに分があるなぁと。
とはいえ、多少の向かい風を気にせず、ルアーを思い切り遠投できるという点では、今回のようなシーバスロッドでも良さそう。
毎年の沖縄遠征でどちらか1本しか持っていけない!となったら多分後者を選ぶと思う。(向こうじゃ何が釣れるかわからないしね)

そんなわけで、今回はここまで!
次回の更新でお会いしましょう!!

ヤマシタ(YAMASHITA) ペンシルベイト ブルースコード C60 60mm 7g アカキン L16H 603941 ルアー

新品価格
¥1,490から
(2019/10/20 22:06時点)




ティムコ(TIEMCO) ペンシルベイト レッドペッパーマイクロ 60mm 3.5g キンアユ #283 RPM-283

新品価格
¥1,663から
(2019/10/20 22:07時点)




Jackson(ジャクソン) ミノー ピンテールチューン 6 55mm 6g ギラブルピン GRA ルアー

新品価格
¥1,485から
(2019/10/20 22:09時点)




Rod :ダイワ ソルティストMB SB 85ML-5
Reel:シマノ バイオマスターC3000HG
Line:サンライン キャストアウェイPE 0.6号 + 東レ トヨフロンLハード 3号
Lure:(チヌ)ダイワ ピーナッツⅡDR(チャートバック<廃盤>)、タイニーピーナッツⅡSR(チャートグリッター)、同DR(ブルーバックチャート)、
YOZURI 3DSクランクSSR(ホロクラウン)
Lure:(メッキ)ティムコ ソルティーレッドペッパーマイクロ(パールホワイトオレンジベリー)、ジャクソン ピンテールチューン6(ピンクゴールド)、
ヤマリア ブルースコードC60(アカキン)(レッドヘッド) 


2019加古川釣行 淀川スタイルとブルースコード開眼

台風19号が去り、ようやく釣り再開ということで、早起きして淡路まで行くはずが、どういうわけか前日から全く眠れず気づけば8時半といういつものアレ。
そんなわけで、以前からの宿題だったテキサスリグを使ったチヌ釣り、通称“淀川スタイル”をやってみようとホームグラウンドの加古川尻へ。

20191014チヌテキサス

まずはタングステンシンカー10.5gに2番のオフセットフック、フィッシングマックスオリジナル商品のクリクローをセットする。
このために久々にバス釣りコーナーに寄ったけど大分様変わりしていて驚いた。
管理人がバス釣りやっていた20年以上前と違い、プラグ類が2~3割ほど値上がりしていたり、クロー系ワームが少なくなっていたり、
スライダーやZOOM(ZBC)といった海外の安いワームが無く、あっても値段が倍近くに跳ね上がっていたりと色々衝撃的だった。
(スライダーなんて380円で買えたしZOOMも5~600円代で沢山入っててお小遣いの少ない少年バサーに大人気だったんだがなぁ…)

まあそんな浦島太郎状態な話は置いておいて、早速ボトムを探りながらランガンしていくのだが、アタリらしい反応が得られない。
よく見ると台風の影響が、全体的に水が黒ずんでいてグリパンのような地味な色では目立たないようだ。
そこで普段根魚用に使っているエコギアのバグアンツ2インチ(パールグロウ)に交換してボトムをネチネチ探っていくのだが、やはり無反応。
そんなわけで早々に釣れないと見切って、保険として用意したいつものメッキ用ルアーボックスに手を伸ばす。

軽いルアーではソルティストモバイルでは投げにくいので、まず蛙スプーン9g(ゴールド)で水面からボトムまで手広く探る。
ところが、メッキ相手には少し大きいのか思った以上の反応が見られない。
仕方なく(ちょっと投げにくいけどまあいいか)と、ソルティレッドペッパーマイクロ(パールホワイトオレンジベリー)を投げてみると1投目で即ヒット!
MLのシーバスロッドを弓なりにブチ曲げながら大暴れするのを上手くいなしてどうにかゲット。

20191014メッキ1

やっぱり保険を用意しておいて正解だったと思うのと同時にソルティストモバイルの汎用性に思わず舌を巻く。
ライトタックル用のモバイルパックやブルーカレントと違い、アクションの付け方にややコツが必要だが、充分すぎるほど使用に耐えるなぁと感心。
その後、レッドペッパーマイクロで連続ヒットを堪能するが、やがて例のごとくスレ始めていく。

20191014メッキ2

次にメッキ釣りの定番、ピンテールチューン6(ピンクゴールド)を投入するとこれも1投目でヒット!

20191014メッキ3

今度はAPOON!slim5g(ゴールド)にチェンジし、表層を引波を立てて早巻きしていると水面が割れる!

20191014メッキ4

20191014メッキ5

20191014メッキ6

定番ルアーはここでも期待を裏切らない。

そんなこんなで数を追加していくのだが、小雨とともに徐々に北風が強くなりだした。
どうしようかと悩んでいたら、沖縄遠征用に買い込んでいたブルースコードC60(アカキン)と目が合った。
沖縄では既に定番ルアーとして不動の地位を築いてるブルースコードだが、不思議と現在まで釣果がなかった。
ひとまずノルマは達成したことだしと思い、まずはシンペンらしく表層をテロテロと流れに乗せて引いてくるが反応が薄い。
沖縄の釣り関連の動画なんかだとリーフエッジの間にフォールさせてジャークなんて方法がよくアップされているが、ここは河口で水深は深くない。
しばらく考えて、思いついたのがシンペンをペンシルのように水面でドッグウォークさせるという方法。
まずキャストして3秒ほどフォール。そこからスローに巻き上げ引波を立てながら途中でトゥイッチを入れて首を振らせる。
すると同時に水面がガボッ!と割れてメッキが飛び出してきた。

20191014メッキ7

ブルースコードでようやく初の魚をゲットすることができた。「釣れた」ではなく狙って「釣った」魚はサイズ関係なしに嬉しいものだ。
ようやくブルースコードの使い方に開眼し、再び魚をヒットさせていく。

20191014メッキ8

水面スローリトリーブ→ドッグウォークで食わなければ1秒ほどストップさせて沈める。
その後で再び首を振らせるとひったくるようなアタリが来る。

そうやって計8匹釣った時点で雨が本降りにならないうちにと思い納竿した。
本命のチヌにはフラれてしまったものの、概ね満足のいく釣果だった。
次こそは淡路へ…!と思いつつ、次回の更新でお会いしましょう!

Rod :ダイワ ソルティストMB SB 85ML-5
Reel:シマノ バイオマスターC3000HG
Line:サンライン キャストアウェイPE 0.6号 + 東レ トヨフロンLハード 3号
Lure:(チヌ)タングステンシンカー 10.5g + オフセットフック #2 アズーロ クリクロー(グリパン)、エコギア バグアンツ2インチ(パールグロウ)
Lure:(メッキ)ティムコ ソルティーレッドペッパーマイクロ(パールホワイトオレンジベリー)、ジャクソン ピンテールチューン6(ピンクゴールド)
        APOON!slim(ゴールド)、マリア ブルースコードC60(アカキン) 

ティムコ(TIEMCO) ペンシルベイト レッドペッパーマイクロ 60mm 3.5g マットホロアユ #287 RPM-287

新品価格
¥1,814から
(2019/10/14 22:28時点)




Jackson(ジャクソン) ミノー ピンテールチューン 6 55mm 6g イワシ CI ルアー

新品価格
¥1,464から
(2019/10/14 22:29時点)




APOON! アポーン! 5g 6カラー (シルバーベース:ブルー)

新品価格
¥560から
(2019/10/14 22:29時点)




ヤマシタ(YAMASHITA) ペンシルベイト ブルースコード C60 60mm 7g アカキン L16H 603941 ルアー

新品価格
¥1,490から
(2019/10/14 22:30時点)




次のページ