FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

大蔵海岸ライトショアプラッキング

連休最終日、ようやく竿を触れる時間が出来たので、朝一番で大蔵海岸へ車を飛ばす。
ところが、そんな時に限っていく先々で毎回赤信号に引っかかってしまい、久々に晴れやかな休日ということもあって釣り場は満員御礼。
そのせいで、釣り座を確保するために大蔵海岸を端から端まで歩きどおし、ようやくポイントを見つけた時には日がすっかり高くなってしまっていた。
今回はラテオ100MHを存分に振るおうということで、気合入れて来たのだが既に空回り気味という…。

さて、地元の方はご存じかと思われるが、大蔵海岸をはじめとする明石海峡大橋周辺は非常に潮の流れが速く、
本格的なショアジグタックルでさえ底が取れないということが多い。
そんな訳でいわゆるライトショアジギングタックルでは太刀打ちできないケースがよくある。
手持ちのラテオの最大許容ウェイトは60gだが、充分な操作性を得るにはもう少し少なく見積もった方が良さそう。
長らく台風やその他の用事で釣りに行けない間、あれこれ調べていると、マリアの公式ブログで面白い記事を発見。

ライトショアプラッキング…、これや!!

そんな訳で例によって使えそうなルアーを買い足し、あるいはボックスから引っ張りだしてみた。

ライトショアプラッキング

実際これでどうにかなるか分からないけどロッド操作や底取りが苦手でジグのコツがイマイチわからない管理人にはシーバスの延長でちょうど良いかなと。
早速、シマノのコルトスナイパー・ロックウォークをぶん投げる。
ダイビングペンシルの中では小型ということもあって飛距離にやや難ありだが、何度か投げているとコツがつかめてきた。
すると、ルアーの後ろや側面でパシャッ!と青物らしき魚がチェイスするのが見えるが、
朝マヅメを過ぎて活性が下がっているのか、もしくは連日叩かれているせいなのか中々ヒットに持ち込めない。
他にもダイワのショアラインシャイナー・セットアッパーやいつものピンテールチューン、
鉄板バイブもビッグバッカーと鉄PANLongを使い分けてみるが中々食わせられない。
同じポイントで飲ませ釣りをしている人は次々ヒットさせているから魚は居るはずなんだがなぁ。

そんな感じで続けていたが、やがて潮が止まってしまったので、ここで納竿。
釣果自体は振るわなかったが、新しい釣りが存分に出来たのと、久々に釣りの記事を更新出来たので良しとするかな。
ちなみにラテオの使い心地は思った以上に良く、ストラディック4000XGとの相性も抜群で、
軽さ以上に全体のバランスが取れているのか、何度もキャストしているのに疲労が少なかった。
今後はこっちのタックルをメインで使っていくのもアリだな。

それでは今日はこの辺で、次回の更新でお会いしましょう…。

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド スピニング ラテオ 100MH・Q シーバス釣り 釣り竿

新品価格
¥19,201から
(2018/10/8 21:02時点)




シマノ(SHIMANO) ペンシルベイト コルトスナイパー ロックウォーク 110mm 23g ブルピンイワシ 02T OT-111Q ルアー

新品価格
¥1,817から
(2018/10/8 21:04時点)




スポンサーサイト

大蔵海岸青物リベンジ 新兵器導入と混雑時の対策

大蔵海岸へまた青物釣りに行きたい。そう思い、三連休の中日に出動。
朝マヅメの混雑が予想されたので今回は昼から入って夕マヅメ狙いで行くことにした。
途中の道でバス事故が起きて現地到着まで1時間以上かかってしまったが、どうにか空きを見つけて釣り開始。

20171008大蔵海岸

タックルは以前と同じ9.6ftのシーバスロッドにストラディック4000XGM。
ルアーは以前と同じものに加え、ジグパラ30gをいくつか追加購入。
そして今回の目玉はこれだ!

ノットアシスト

第一精工 ノットアシスト2.0

以前からブランク後にFGノットが結べなくなってしまい、そのことが大きなストレスになっていたのは、
このブログでもちょくちょく話題にしていたが、この度ついに文明の利器に頼ることにした。
ちなみに、PEライン導入直後に別メーカーのクイックノッターなるものを購入したのだが、
不器用なせいか、うまく使いこなすことが出来ずお蔵入りしていたこともあって、
正直、この手の製品に対しあまり信頼感を持てなかったのだが、
いざ使ってみるとこれ凄い!と思わず叫びたくなる程綺麗にFGノットが組めるようになった。
今までは口でくわえたり、指で固定しながら編み込んでいたのが、
そのせいで編み込みの強度がバラついてしまったり、
途中で手を離してどこまで編んだが分からなくなってしまうことが多かった。
だが、ノットアシストの場合、ラインを固定する箇所が3つついているため、不安定にならず、
しっかりと最後まで編み込むことが出来る。(まあ器用な人にはいらないだろうけど…)
実際、初めて使った僕でもしっかりとすっぽ抜けない綺麗なFGノットを組むことが出来た。

まあそれはさておき、このおかげで万が一の事態が起こってもすぐにリカバリーできるようになった。
周りではアジやイワシが回遊しているようで、家族連れの釣り客から歓声がそこかしこで上がっている。
僕も負けじと信じてジグや鉄板バイブ、ピンテールチューンやセットアッパーをローテする。
ところが、予想以上に潮の流れが速いのと西からの風が強く、前回以上にルアーの操作に苦戦する。
そしてお祭りが頻発し、思うように釣りに集中することができない。
そんなこんなで日没近くまで粘ったのだが、結局この日はアタリどころか、
周辺でボイルさえも見られず、納竿とした。
やはり多少混雑していても、朝マヅメの方が良かったのかな…。
そして帰り道、未だに事故の後処理が進んでいないせいか、大渋滞が発生していて、
普段以上に疲れてしまい、空のクーラーがやけに重く感じられたとさ…。


第一精工 ノットアシスト 2.0 カーボンブラック

新品価格
¥2,934から
(2017/10/9 13:40時点)



新型リールと久々の青物釣行

どうも、久々に力仕事をしたら下半身にダメージが蓄積されて寄る年波には勝てないなぁと実感した管理人です。
そんな訳で久々に平日休みが取れたのでこの時期ならではの獲物をと青物狙いに朝一で大蔵海岸へ。

大蔵海岸

土日ほど混んではいないものの、既に実績ポイントには人が入っていたが、どうにか空きを見つけてスタート。
ちなみに今回、タイトルにもあるようについに新型リールを導入したのだ。

ストラディック4000XGM

ストラディック4000XGM

これまでは9.6ftのシーバスロッドにバイオマスターC3000HGを組み合わせていた。
しかし、ホームの小河川や漁港などで小型ルアーを扱うのにはちょうどいいのだが、
ここ最近メインになりつつあるサーフや大河川、外洋に面した波止での釣りには若干力不足を感じていた。
とりわけ、大型ミノーを遠投して流れの中を緩急つけながら泳がせたり、
青物や回遊性のシーバス狙いにピンテールチューンなどのヘビーシンキングミノーや鉄板バイブを扱う場合、
ベースが2500番のC3000では上手くミノーが泳がなかったり巻き抵抗がきつくて辛い場面が多々あった。
そこで石垣島遠征後の勢いに任せ、近くの店でセールをやっていたのもあり購入に踏み切った。
ちなみにラインはライトショアジギング兼用ということでやや太めのPE1.5号を200m巻いている。

そんなわけで早速お店で青物オススメ印のついてたビックバッカーからキャストする。
とはいえ、両隣は既に埋まっているし、シーバスみたいにランガンするわけにもいかないので、
目先を変えつつ細々とルアーをローテーションしていく。
次は課題だったピンテールチューンだが、前のリールのようにすぐに泳ぎが破たんして
水面から飛び出すことが少ないので扱いやすい。
これについては、ギア比の高さと巻き取り量の単純な大きさ以上の恩恵を得られたかな。
ただ、潮の流れが予想以上にきつく、投げたそばからどんどん流されていくので
底の方まで探ることが難しく予想以上に苦戦した。
そして、以前購入したものの、長い間放置していたジグパラを投げてみる。
30gという手持ちのロッドの許容範囲ギリギリの重さだったが、予想以上に抵抗が軽く、アクションが付けやすい。
今までは別のメーカーのジグを使っていたが今後はこっちがメインになりそう。
やがて方々で青物が釣れだし、ボイルも散発的とはいえ発生しはじめたのだが、
僕の竿には全くヒットせず、トップウォーターなんかも使ってみたが結局9時近くまで粘ったが結局この日は納竿。
まだまだ青物に対する経験値が足りないことを実感させられたが、
久々に手ごたえのある相手が出来たなぁと、今後の課題に活かしたいと思った。

なんだかリールの紹介記事みたいになってしまったがそれはまた別の機会にもう少し使い込んでから書こうかな。
それでは今日はこの辺で。


シマノ リール 15ストラディック 4000XGM

新品価格
¥18,328から
(2017/9/20 20:41時点)




メジャークラフト ジグパラ ショート30g #28 キャンディイワシ

新品価格
¥612から
(2017/9/20 20:46時点)



ジギングサビキを使ってみた

久々に早起きして本荘第一人工島へ。
まだ夜も明けきらないのに釣り客だらけのポイントでどうにか空きを見つけて釣り開始。
最初はトップで活性を上げてからと思い、フィードポッパーやTDソルトペンシルを投げてみるが、
時折ベイトフィッシュがそれらに驚いて跳ねるだけで無反応。

そこで数年前に唯一ツバスを釣ったピンテールチューンを投入。
高速リトリーブにトゥイッチやジャークを織り交ぜて誘うがこれも無反応。
そうこうしていると隣の竿にアタリが。どうやら飲ませ釣りをやってるみたいなので隣の人に教えてあげたのだが、
「うるさい!わかっとるわ!」と怒鳴られる。
せっかく教えてあげたのにその言いぐさは無いだろうと内心腹を立てながら釣り再開。
横目で見ると案の定魚に逃げられて死んだ餌のアジに八つ当たりしている。だから言ったのに。
今度はここ最近話題になってるアレを投入することにした。
ジギングサビキ

「キコキコン!ジギングサビキ~~~(cv.大山のぶ代)」(最近の若い子は水田わさびか)
※そのままではわかりにくいので加工してます。
分かりやすく言えばサビキ仕掛けの下にアミエビを入れるカゴでは無く、
メタルジグをつけて釣る仕掛け。

最初は冗談みたいだと内心馬鹿にしてたが、これが案外効くらしく、
釣れない時のお土産確保やベイトフィッシュが小さい時に効果があり、
各地で釣果情報が寄せられている。

ちなみに種類も豊富で、今回使った小型回遊魚用以外に根魚用、マダイ用、サバスペシャル、カマス用etc。
とりあえず仕掛けの先に手持ちのアフターバーナー30グラムを結び、キャストしてみる。
アクションの付け方は様々だが、今回は底まで落として2段シャクリ&カーブフォールで誘ってみることにした。
調べてみるとこのやり方の場合、サバやカマスのヒットが多いとのこと。
・・・・・・釣れんッッッ!!
いや、多分ジギングサビキが悪いんじゃなくてあまりに魚影の薄いのが悪いと思うんだがとにかく釣れない。
そのうち反対側で釣っていたオッサンが何の断りも無しに割り込んで来たり、
隣がいきなり割り込んでスパイクオモリのついた飲ませ仕掛け投げ込んだり、
しまいにはさっきの暴言爺さんが「潮が動き出したから仕掛けが絡まるから
どっかいけ!」とまで言い出す始末。

そりゃあ自分のだけでも5メートル間隔で4本も竿出してたら絡んで仕方ないでしょうね
と思いつつ、無用のトラブルを避けるために場所移動。
ところが移動先でも飲ませ釣りの針に掛かったエソを憎たらしいのか
その場に放置して殺したり、
死んでも毒が残る危険なアイゴをそのまま放置してたりと
マナーの悪い釣り客に挟まれ、
たまの休日にリフレッシュするために来てるはずが
余計にヘイトを溜め込んでしまい釣りどころではなくなってしまったので
そのまま納竿。

結局、ジグサビキの効果を試すどころか嫌な思いだけしに来てしまい
少し後悔が残る釣りだった。


やっぱ人の少ない所まで遠征しなきゃだめかなぁ・・・。


ハヤブサ(HAYABUSA) ジギングサビキ キャスティングタイプ 小型回遊魚 HS360 M 針10号-ハリス20lb【釣具のポイント】

価格:468円
(2014/10/18 23:27時点)
感想(0件)



FC2Ad

まとめ