FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

2019年 宮古島遠征

どうもお久しぶりです!1ヶ月以上ぶりですがいかがお過ごしでしょうか!?

前置きは置いといて、それでは宮古島遠征のまとめを始めます!!

1日目

2019関空

直前まで台風が3つも同時に発生していたので「今回もやっぱダメなのかなぁ」と不安になりつつも
どうにか飛行機が飛んでくれたのでようやく宮古島に到着。

2019宮古そば


さっそく道の駅で遅めのランチに宮古そばをすする。一緒に煮込んだソーキが美味かった!

その後、近くの釣具店で情報収集。品揃えは本土より少ないものの、マリアやヨーズリの廃盤ルアーや海外向けルアーなど珍しいものが沢山。
市街地から離れたホテルに到着後、近くの磯場に釣りに行く。
まず最初に蛙スプーンの9g(ゴールド)をキャスト。すると早速強烈なアタリがあったが、うまくフッキングしない。
そして遠浅のせいか、油断するとすぐにリーフや根に引っかかってしまう。
幸い、ノットアシストを使ってしっかりFGノットに組んだPE1号&リーダーフロロ5号の組み合わせなら多少強引に引っ張っても回収できるが、
すぐにフックが伸ばされたり、最悪の場合針先が潰れてしまうので想像以上にルアーの消耗が激しい。
使っていないルアーからフックを外す共食い修理で急場をしのぎつつ、引き続き釣っていくと、今度はチヌーク10g(チャートゴールド)にヒット!

2019宮古島モンガラ1

宮古島初ゲットキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

見事なムラサメモンガラだ。近似種のタスキモンガラと合わせてハワイではフムフムヌクヌクアプアアという面白い名前で知られている南国ならではの魚。
その後何度かアタリはあったものの、残念ながら初日はこの1匹のみで納竿し、2日目以降に期待。

2日目

ホテルの利便性はイマイチだったが、歩いてすぐの所に釣り場があるので個人的にはそこがプラスだった。
朝イチで即釣りに行ける理想的環境。場所は昨日と同じポイントでルアーは応急処置的にフックを直した蛙スプーン。
着底と同時にリフト&フォールで誘っていくと強烈なアタリ!

2019宮古島モンガラ2

モンガラちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

どうもこの一帯はモンガラの巣になっているみたいだな。
針がかりが悪いのはおちょぼ口でなおかつ硬いくちばし状になっているカワハギ系の特徴のせいか。
その後、ホテルで朝食を食べ、釣りのポイントを探し海岸線をランガンしていくのだが、南国特有の大雨が降ってきて、
まるで釣りにならず結局2日目の釣果は早朝のモンガラのみ。
釣りができる実質最終日の3日目に望みをかける。

3日目

前日に引き続き、朝練と称して釣りに行く。
今度は磯場の反対にある砂浜と石積み護岸を中心に攻める。
使うルアーはマニックフィッシュ88(グリーンゴールド)。トップ的に使用することで活性の高い魚を拾っていく。
すると着水と同時に強烈なアタリ!
魚の活性の高さと宮古島のポテンシャルに戸惑いつつも走り回る独特の引きを楽しむ。

2019宮古島メッキ

久しぶりのメッキキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ここ最近地元はおろか遠征先でさえも会えなかったメッキにようやく会えた。それだけでも感慨深い。
やはり早起きは三文の得だなぁと思いつつ釣りを続けるが、メッキはこれ以降釣れなくなってしまう。
一応チェイスはあるのだが、ガッツリ食ってくれないのであれこれルアーを替えながら魚を誘う。
そしてレッドペッパーベイビーに水面を割ってガボッと魚がヒット!

2019宮古島エソ1


まさかのエソとは・・・。引きが異様に軽いのでもしやとは思っていたけどトップに食うとは想定外だったよ。
その後も色々探ってみるがあまり成果は得られず、今回最大の目玉ポイントである伊良部島&下地島へと向かう。

2019宮古島まもる君


途中姉から頼まれた「宮古島まもる君」の写真を撮ったり、

2019伊良部大橋


伊良部大橋を写真に収めたりと観光もしつつ良さげなポイントを発見。早速釣りを始める。
今の潮はちょうど干潮に当たり、できる限り前に出てキャストしてみる。
スプーンだけでなく、トップやミノー、シンペンも試すが、あまりいい反応は得られず、
結局最初の蛙スプーン9g(ブルピン)に戻して表層をスローに引いてくると突然ひったくるようなアタリが!!
キツめにドラグを締めていたはずなのに勢いよく糸が吐き出されていく。
もうこうなりゃ!とドラグをその場でフルロックにして一気に巻き上げる!

IMG_0696(Edited).jpg

バラクーダキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

バラクーダは本土でも石垣島でも釣ったことはあるが、ここまで大きいのは初めてだ。
よく見るとスレ掛かりになっているが、これだけ口が細いと掛かりにくいのも仕方ないか。
それにしても流線型のボディにメタリックな体色が魚というよりもメカっぽくてカッコいいな。
その後も釣り続けるが、水上バイクに場を荒らされることが多く、魚が散ってしまったので場所移動。

下地島周辺を探っていくが、海水浴客が多かったり、エントリーできない場所が多く、思ったよりも釣りがしづらかった。
ようやく脇道を見つけてそこから磯場へエントリー。
場所は外海に面していて、一見良さそうな場所だったが、予想以上に海が荒れていて、リーフエッジには入れなかった。
仕方なく、タイドプールや浅瀬を中心に探っていくと1投目から即ヒット!

IMG_0702(Edited).jpg

ベラだ。何ベラかはわからないけど南国らしい派手な柄に思わずウットリ。
それにしても自分の体長とあまり変わらない蛙スプーンにアタックしてくるなんて度胸あるなぁ。
そんな感じで釣り歩くが、アタリはあるものの魚が小さいのかそれとも竿がいつものモバイルパックじゃなくソルティストモバイルなせいか、
もしくは僕の腕の問題なのかアタリを弾きまくってしまい、思った釣果が得られない。

IMG_0704.jpg

IMG_0705.jpg

結局、エソを2匹追加しただけでそれ以上釣果が続かなかった。

途中、伊良部島に戻って釣具店で色々情報を聞きつつするのだがその後も成果は上がらなかった。
とはいえ、まったくの手ぶらで終わったわけではなく、非常に面白いものが手に入った。

IMG_0718(Edited).jpg

サラペン70

沖縄発のハンドメイドルアーで以前から欲しかったのだがようやく手に入った。
さすがにもう日程的にも時間的にも釣りは難しかったが、次回こそはこいつであれこれ釣ってみたいと思える実りある収穫だった。

4日目&まとめ

3日間分の日焼けの痛みに苦しみつつ、名残惜しいが宮古島を去ることに。
空港に着いて早々に職場からメールが来て「ああ、日常に戻ってきてしまったんだなぁ」とうなだれる。

今回の遠征については去年の沖縄、一昨年の石垣島がやや消化不良気味で終わった分、概ね満足できる釣果だったかな。
タックルについて、最初はモバイルパックとソルティストモバイルの2本立てで行く予定だったが、荷物が多くなってしまい、
リーフでの釣り用にと用意したソルティストモバイル1本に絞ったのが結果的に良かったみたい。
なにせ釣り場が岩礁帯なので潜られる前に根から引きずり出すことが要求されるのである程度強いタックルでないとしんどいのだ。
とはいえ、MLのシーバスロッドゆえ、バイトを弾かれることが多く、かなりの魚を取りこぼしてしまったのも事実。
この辺りのバランス感覚が結構難しいなぁと改めて実感。次回からの大きな課題になりそうだ。
ルアーに関しては相変わらずスプーン大活躍というか今年導入の蛙スプーンの威力が凄まじかった。
Amazon経由で購入できることも分かったし、次回からの主力決定だな。
ただフックの消耗が予想以上に激しいので今後はその辺りも考えておかないと。
スプーン以外のルアーも活躍したので今後はスプーンをメインにしてフォローにプラグ類という位置関係が良いかもね。

それでは今回の遠征記事はここまで!
また近いうちにお会いしましょう!!

Rod :ダイワ ソルティストMB SB 85ML-5
Reel:シマノ バイオマスターC3000HG
Line:よつあみ G-soul X8 upgrade 1号 + クレハ シーガーエース5号

蛙スプーン 9g 7色 (ピンクミンサー)

新品価格
¥660から
(2019/9/15 18:13時点)




ダイワ(DAIWA) スプーン チヌークS 10g S/グロー

新品価格
¥518から
(2019/9/15 18:15時点)




DUO(デュオ) ルアー ベイルーフ マニックフィッシュ88 グリーンゴールドOB AHA4059

新品価格
¥1,198から
(2019/9/15 18:16時点)





スポンサーサイト



宮古島遠征延期のお知らせ

(´・ω・`)やぁ。ようこそバーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また台風」なんだ。済まない。
仏の顔も三度って言うしね、謝って許してくれと言っても許すつもりはない。

でも、この記事を見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、この記事を作ったんだ。

じゃあ、注文を聞こうか。

と、いうわけで台風5号が宮古島を直撃してあえなく遠征は中止、延期のはこびとなりました。
8月は中々予算と旅程が合わずで結局9月にすることにはしたのですが、一体どうなることやら。
(前も似たような流れで石垣島に行ってひどい目に遭ったような…)

とはいえ、それまで釣りを休むつもりはないので暇を見つけてどうにか竿を出せればという具合です。

それではまた次回の更新でお会いしましょう…。


沖縄ライトルアーのまとめ

イダの浜

3連休だというのにこの冬一番の最強寒波到来!という少年漫画のインフレみたいな状態で完全に心が萎えた管理人です。
今の所初釣りで予定してたのは淡路島で根魚か管釣りトラウトの2択だったがどっちもこりゃあ怪しいなぁと。
そんな訳でネタも尽きた所でちょっとしたまとめ記事みたいなのを書いてみようと思いまして、
今回は管理人のタックルセッティングをもとに、沖縄ライトルアーの簡単なまとめ記事を書いてみました。
地元の人やベテラン釣り師の方から見れば??という点もあるかと思いますが、
もし沖縄へ訪れる機会があれば軽く参考にしていただければ幸いです。

ロッド

モバイルパック4

基本的に6ft前後のバス・トラウト・メバル用のUL~Lロッドであればどこでも大丈夫。
ただし、モノによっては柔らかすぎてアクションがつけ辛いものがあるので要注意。
メバル・アジング用の場合ソリッドティップではなくチューブラティップがベター。
ベストなのは携帯性に優れたパックロッド。
ここでもお馴染み、ダイワのモバイルパックみたいな振出タイプが扱いやすいけど、穂先の強度や調子など並継ぎに比べると性能は劣るかな。
並継ぎタイプのパックロッドも色々なメーカーから出ているけどこちらは若干コスト高なのと準備に手間がかかるのがネックか。
個人的にオススメなのはやっぱり携帯性とコスト重視で振出タイプかな。
修理も並継ぎタイプに比べて比較的安価で済むのも良い。
モバイルパック以外にアルファタックルのトラギア、最近発売されたシマノのフリーゲームなんかがオススメ。
仕舞寸が短いのでキャリーバッグに他の荷物と一緒に入れておけば場所も取らず、
出張中のサラリーマンや家族サービス中お父さんも隙間時間でホテル近くの川や浜辺で釣りを楽しむことが出来る。

ダイワ(DAIWA) バスロッド スピニング モバイルパック 615TLS バス釣り 釣り竿

新品価格
¥9,168から
(2019/2/10 23:29時点)




リール

※管理人の手持ちリールの都合上、番手はシマノ基準になるのであしからず。
リールの番手としては2500番~3000番のスピニングリールが汎用性高いかな。中でもC3000番台がオススメ。
こちらはスプールに互換性があるので巻いている糸の太さで使い分けるのが良いかと。
地元の人からも話を聞いた結果、メッキ相手には若干太いが、不意の大物に備えて最低でもPE0.6号は必要とのこと。
ちなみに石垣島や西表島ではより大物の確率が高いと踏んで、PE1号で挑んだが、流石に太くし過ぎたのか飛距離が出ず、ナブラを攻めきれなかった。
ただし、PEはノット組むのが面倒だったり慣れないうちはトラブルが多いので、
子供や初心者が釣りする場合はナイロン8lb(2号)前後で釣りした方が無難かもね。
ちなみに管理人は今は亡きシマノのバイオマスターを使っているが、現行の機種は普及機でも充分過ぎるからこだわらなくても良さそう。

シマノ リール 17 アルテグラ C3000HG

新品価格
¥11,319から
(2019/2/10 23:37時点)




ルアー

沖縄遠征タックル

ルアーについてはお好みでと言いたいが、海のライトゲーム用、バス・トラウト用の3~5cm位のプラグ類、スプーンがオススメ。
ボトム狙いやスレ対策にワームを使うのもアリだが手返しの悪さやエサ盗りに弱いのがネック。
まずは1匹という場合にはスプーンが良いかな。他のルアーと比べて安価だし、沖縄の魚は金属の光に弱く非常によく釣れる。
そのため、管理人がよく使っているapoon!シリーズを筆頭に、蛙スプーン、梓スプーンなどご当地スプーンが釣具店でよく売られている。
海のスプーンというとヤリエのプラバーも非常によく釣れ、遠征には欠かせないアイテムになっている。
使い方は表層からボトムまで任意の層をただ巻きするか、トゥイッチを入れながら早巻きしてリアクション狙い、
ボトムに落としてリフト&フォールで誘うメタルジグ的なアクションなど、その日の状況に応じて使い分ける。
他には小型のシンキングミノーがあると広範囲に魚をサーチすることが出来て非常に便利。
オススメはジャクソンのピンテールチューンかDUELのハードコアヘビーシンキングミノー。
この2種類をアクションの違いやリトリーブスピードに応じて使い分けている。
そして何より欠かせないのがトップウォーター!
南国の海や川でド派手に炸裂するヒットシーンは一度味わったらもう病みつきになってしまう。
オススメは何と言ってもレッドペッパーマイクロ。メッキはもちろん、根に貼りついたミーバイさえも口を使うほどの絶妙アクション。

ティムコ(TIEMCO) ペンシルベイト ソルティーレッドペッパーマイクロ 60mm 3.5g マイワシ #20 SRPM-20 320501505020

新品価格
¥1,269から
(2019/2/10 23:40時点)




Jackson(ジャクソン) ミノー ピンテールチューン 55mm 6g チェリーキャンディー ルアー

新品価格
¥1,263から
(2019/2/10 23:43時点)




その他

タックル関連はこれくらいで後はスナップや防水デジカメ、プライヤー、ライフジャケット程度かな。
安里川や国場川など都市部の河川はよく釣れるけど観光客や地元の人も頻繁に訪れるので竿を振る時には必ず後方確認。
リーフの釣りでは潮の満ち引きで場所が大きく変化するので絶対に無理をしないこと。
そして何より重要なのが暑さ対策。
こまめに水分補給するのはもちろん、日焼けで体力を消耗することが多いので日焼け止めや長袖を用意すること。

以上で簡単な沖縄ライトルアーのまとめを終わります。
今年ももちろん行く予定にしておりますが、沖縄本島になるか離島になるかは今の所未定ですね。
こういう寒い時期になると思い切って沖縄に移住したくもなりますが現状中々難しいかなぁ。
次回の遠征ではまだ釣っていないジャングルパーチ・マングローブジャック・ナンヨウチヌのどれかが釣れたら嬉しい所。
あとシーバス用パックロッドのソルティストモバイルをまだあまり活用できていないのでそっちも課題かな。
そんなわけで次回の更新でお会いしましょう!


2018年 沖縄遠征 <後編>

前編はこちら

7月18日

2か月前から予約を入れていたマリンライナーとかしきに乗っていざ4年ぶりの渡嘉敷島へ。

マリンライナーとかしき2


船内は相変わらずの満員御礼だったが、特に外国人観光客が多い印象。
余談だが、報道などでは外国人観光客のマナーの悪さがたびたび話題にあがっているが、今回の旅に関してはさほどではなかったかな。
むしろ所かまわず大声で騒いだり、くだらない因縁つけて絡んでくる日本人観光客が多くて正直困った。
旅行気分で浮かれてるのは判るけどもうちょっと周りに気を遣った方が…。

まあそんな話は置いておいて、前回と同じくバスに乗って阿波連ビーチへ。

渡嘉敷島ネコ2

渡嘉敷島ネコ3

渡嘉敷島ネコ4

猫の歓迎を受けつつしばらく獣道をかき分けていくと絶景がそこには広がっていた。

渡嘉敷島ビーチ1


しかし運悪く、満潮でリーフが沈んでしまい、入れるポイントが限られてしまっている。
1時間半ほど釣りをしてみるが、思ったほど良い反応が得られないのと風と波が予想以上にきつくルアーが泳いでくれない。
仕方なく早めの昼食をとるために町へと戻ることに。
食堂でカレーを注文すると、サービスでマグロの刺身をつけてくれたのだがこれが恐ろしく美味かった!
安物の解凍マグロのようなドロッとしたぬめりも臭みもなく魚本来の旨みを味わうことが出来た。

気を取り直して後半戦、バスの時間いっぱいまで粘ろうと再びポイントへ。
渡嘉敷島ビーチ2

相変わらず風と波は荒いが、さっきよりはマシかなぁとプラバーを投げると即バイト!

20180718渡嘉敷島コバンアジ


コバンアジキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

前回の渡嘉敷島釣行でも釣れたコバンアジがまた相手してくれた。
その後、少し大きなメッキ(というかガーラかな)っぽい魚が目の前で食ってきたのだが残念ながらフッキングせず。
ポイント自体も荒らしてしまったのでさらに移動を繰り返す。

今度はご当地ルアー・APOON! slim 5g に替え、岩場の付近を探っていくと再びバイト!
何度か根に潜られそうになるが慎重に寄せていくと……!

20180718渡嘉敷島オジサン


オジサン!オジサンじゃないか!!

沖縄に行ったら一度は釣ってみたい魚のひとつだった魚にこんな所で出会えるとは!
それにしてもヒゲが生えてるからオジサンってひどいネーミングセンスだなぁと。

20180718渡嘉敷島オジサン2

ちなみにこのオジサン、体色が目まぐるしく変化するみたいで、釣り上げた直後は赤かったのが、すぐに茶色っぽくなっていった。
大慌てでリリースして釣り続行!

再び移動を繰り返すと別のポイントでまたもやヒット!

20180718渡嘉敷島キヌベラ


ベラ?何て種類のベラだろうか?
(後で調べてみたがどうもキヌベラっぽいような)


そんな感じで釣り続けたのだが、何度かアタリやチェイスがあったものの、結局伸び悩み、帰りのフェリーの時間を迎えてしまった。

7月19日

結局不完全燃焼のまま帰りの日を迎えることに。
那覇空港

途中飛行機のゲートが変更されたり、出発が遅れたりと帰りまでトラブル続きだったがどうにか無事に遠征を終えることができた。

神戸空港に着いてから外に出るとドライヤーのような熱風が迎えてくれた。
おまけに線路の温度が上昇したためと例によってJRが遅れていて30分以上も灼熱のホームで待つハメに。
なんだよ、沖縄の方が涼しかったじゃないかと思いつつ日常へと帰っていくのだった……。

<まとめ>

今回は以前よりも潮周りや台風の影響をモロに受ける形となった。
4年前に知り合った地元の方の話ではメッキは8月からとのことだったがまさしくその通りだったな。
とはいえ、比較的台風の少ない7月に行った方が…、という面もあるので悩ましいところ。(結局は間接的にその影響を受けてしまったが)
そんなわけでヒットルアーも比重の軽いトップウォーターやリップに水を受けて泳ぐミノーよりも、
比重が高く、比較的波の影響を受けにくいスプーンに軍配が上がった格好かな。
特に通常のスプーンよりも肉厚に作られているAPOON!の威力が凄まじかった。
近いうちにルアー紹介記事を書いてその辺りを詳しく検証するのでこうご期待!

そんなわけで今年の遠征はこれにて終了。
それではまた、次回の更新で!!

2018年 沖縄遠征 <前編>

7月16日 

殺人的な猛暑が日本列島を襲う中、おそらく世間一般のイメージでは亜熱帯の島である沖縄へ。
今回は那覇市内の都市型河川は狙わずに2日目に久高島、3日目に渡嘉敷島というプランを予定。

空港までの道のりは35度を越え、灼熱地獄の中を重いスーツケースを引きずりながらのろのろと進んでいく。

飛行機の時間がやや遅れたものの、「まあいつも乗ってるJRに比べれば可愛いもんだな」と気長に待つ。
スマホを機内モードに切り替え、将棋アプリで時間を潰しているといつの間にか那覇空港。
さぞや暑いことだろうと思ったら、日陰に入ると案外涼しく、改めて今年の猛暑の異常さを再認識。

ホテルに着くと早速、予行演習を兼ねて小一時間ほど竿を出す。
ところが折悪しくド干潮で水が引いてしまっていて、小さいメッキのチェイスがあったものの、
針掛かりするほどの大きさではなくポツポツとちょっかいを出してくるだけだった。(まさかこれが今後の伏線になろうとは…)
その後、ジュンク堂書店那覇支店に移動。ここで自分へのお土産として、漫画を購入。

ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール

ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール

以前から話題になっていた沖縄発の釣り漫画ということで釣り漫画好きの管理人としては外せなかった。
通販やkindleという手段もあったが管理人はおっさんなのでやはり書店で紙の本を買わなきゃと。
そのうち書評コーナーで取り上げる予定なのでその際は是非。

7月17日 

朝早起きして一路バス停へ。目指すは久高島。
当初はレンタカーを借りる予定だったが、出発前の雑事ですっかり後回しになってしまったのと、
運転で体力消耗するよりもどうせなら釣りに全力投球したいと思いバスで移動することに。
通勤通学の中に混じって1時間少々かけて目的地のあざまサンサンビーチまで。

あざまサンサンビーチ

そこからさらに船に乗り換え約20分、“神の島”久高島に到着。

久高島フェリー乗り場

久高島ネコサビ

久高島ネコブチ

久高島ネコ茶虎

久高島


さっそく猫たちの歓迎を受けつつ、レンタサイクルを借りて島を回りながらポイントを探す。
ところが、台風が近づいている影響か、ものすごく風がきつくルアーが思った所に飛んでくれない。
しかも途中からモバイルパックとソルティストモバイルの2セット持っていった仕掛けが完全にデッドウェイトになり、
背中にビームサーベルみたいに刺した竿がグラグラ移動したり、リールやタックルが重たく予想以上に体力を奪われる。
管理人はガンダムじゃないからそんな重装備で動けないのでヘロヘロになりながら農道をひたすら移動する羽目に。
(普段のスペックから言ってどう見てもザクとかボールのポジションだしね…)
ようやく風裏になるポイントを見つけ竿を出すことに成功。ここは安牌ということでライトタックルを選択。
こまめに移動しながら釣り歩いていると、ご当地ルアー・APOON! slim 5gに強烈なアタリが!

20180717久高島ニセクロホシフエダイ

ヤマトビー(ニセクロホシフエダイ)キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

2日目にしてようやく遠征初ヒット&今年初の釣果!
以前加古川尻でクロホシフエダイを釣ったことはあったが、今度はニセクロホシフエダイを釣ることになるとは。
南国の魚らしい鮮やかな黄色いストライプを堪能しつつ手早くリリース。
しかし、その後アタリらしいアタリに遭遇せず、結局船の時間が来たので昼食に海鮮丼セットを食べて帰ることに。
今回は暑さもさることながら、荒れた海と風に翻弄され以前のように簡単にいきそうにない。
そこで3日目の渡嘉敷島は思い切ってライトタックル1本に絞り、機動力と継戦能力を向上させる手に出た。
はたしてこれが上手くいくのか?

後半へ続く…。

次のページ