FC2ブログ

万年雑魚釣り師

東播磨地域を中心に兵庫の片隅で大物を狙うも雑魚ばかり釣ってるおっさんのブログです

書評:わたしが強くしたい神

遅ればせながらあけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

本来ならば初売りや初釣り記事みたいなのを書くつもりが多少買ったとはいえめぼしいモノがなかったのと、
新年から贅沢しておせち代わりのすき焼きと一緒に普段飲み慣れない日本酒をグイグイやったら二日酔いでダウンしてしまいまして…。
そんな訳で1月も半ばなので平常運転で書評記事でも書こうかと思い、手に取ったのがこの1冊。

わたしが強くしたい神

わたしが強くしたい神
原作:厘のミキ


20歳で華々しく小説家デビューした五月女要。だがその10年後、単行本も売れず編集者にも見限られ、警備員のバイトで糊口をしのぐ日々。
そんなある日、彼のファンを名乗るセーラー服の美少女、野尻まさきと出会う。
ところが小説のあるシーンとその後の展開について彼女から辛辣な一言を浴びせられ、五月女は衝撃を受ける。
「あなたの本が売れないのは筋肉が足りないからですよ」
その一言をきっかけに、筋トレに目覚める五月女とそれをサポートしていくまさきの関係から物語が展開していく。

とまあ、あらすじはこの辺にしておいて。
この漫画の魅力は無理なく始められる筋トレメニューや栄養のとり方はもちろんだが、
それ以上に面白いのはまさきというファンを介して五月女自身が小説家として再生していくストーリーが上手くかみ合っていて、
単なるコメディやハウツーものではない大人向けのヒューマンドラマ的な側面もあるのが良い…。
また、毎回コーチを買って出るまさきが可愛いのなんの!
黒髪ロング!セーラー服!!おっぱい!!!の鉄板ビジュアルで毎回優しく、時に厳しく教えてくれるのが羨ましい。
他には警備会社の同僚のチャラ男・深見のキャラも立ってて好きだな。
金髪ロンゲでピアスのいかにもな外見に反して五月女のフワフワした人生設計に冷静なツッコミ入れたり、意外と博識だったりギャップあって面白い。
この辺りは「クラブクライム」や「冥界落語」などのブラックコメディが得意な厘の先生らしい台詞回しやキャラ造形だなぁと感心。

管理人もここ最近釣りに行っても魚が釣れなかったり体力不足で途中でやる気が萎えてくるのも“筋肉”が足りないんじゃないかと本気で考えるようになり、この漫画をきっかけに毎日筋トレに励んでいたりする。
実際、ポイント探して長時間波止を歩くのにも、釣れるまで何回もキャスト&リトリーブを繰り返すのも、長時間の車移動に耐えるのにも体力必要だしね。
「あなたが魚釣れないのは筋肉が足りないからですよ」
そう言われない様に今年は地道に体力づくりから始めていこうかと思っております。

それでは今日はこの辺で、また次回の更新でお会いしましょう!

わたしが強くしたい神(1) (アフタヌーンKC)

新品価格
¥680から
(2019/1/14 22:53時点)



スポンサーサイト

2018年秋アニメと年間ベスト10

※注意!:こちらの話題は釣りにほぼ関係ない記事ですので
興味の無い方は読み飛ばしすることをお勧めします!!


さて秋アニメの消化も終わったので恒例のまとめをやってみようかと。
昨年と違い、今回は年間ベスト10も併せて載せていこうと思います。
最近はアニメ以外にやることが増えたのと以前ほど熱心に見続けられなくなったので本数少な目ですがその分内容は濃かったかな。
例によって★の数でランク付けしておりますので参考にしていただければと。
それでは今年最後のアニメ記事にお付き合いください。

続きを読む

2018年を振り返って

さて、2018年もあと残す所僅かとなりましたがいかがお過ごしでしょうか。
本年もこの釣りブログとして風前の灯火に近いブログにお付き合い頂き誠にありがとうございます。
昨年もそうですが中々釣りに行ける時間が少ないのとモチベーション低下が避けられず不本意な結果になってしまいました。
一次ドブ漬け

まずオフシーズンの楽しみとして、ルアーのリペイントに挑戦してみました。
色々試してみて既存のカラーとどう違うのかとかアレコレ検証してみたかったのですが中々実績が伴わないので結局できず仕舞いに。
色んなサイト見てみるとエアブラシとプラモデル用の瓶入りラッカー塗料を使ってる人が多いみたいですね。
カラースプレーだと缶がでかい上にコスパも悪いのでちょっと使い勝手悪かったかな。
そのせいで色のバリエーションが乏しく、色味も悪いので中々使う気になれなかったというのが本音です。
アクリルの上からラッカー系塗料塗ると溶けるというプラモ少年なら常識みたいなことさえ知らなかったので色々大変でした。
あれだけガンダムやゾイド好きを公言しておいてプラモはパチ組みが限界でそれさえ姉貴に丸投げという駄目っぷりが今になって響くとは…。
それにしても大量に余ってしまったこのカラースプレーをどうしようか、現在途方に暮れております。
(これを機に来年はガンプラ再デビューでもするかな…)

少し飛んで7月は恒例の沖縄遠征。
20180717久高島ニセクロホシフエダイ

20180718渡嘉敷島コバンアジ

20180718渡嘉敷島オジサン

20180718渡嘉敷島キヌベラ

今回は久高島と渡嘉敷島という離島での釣りにターゲットを絞ったのだが、それが裏目に出て残念な釣果に…。
特に渡嘉敷島では満潮での潮位の高さと台風接近に伴う荒れっぷりからライトタックルではなくシーバスタックルにすればと後悔。
でもまあヤマトビーやオジサンといった前回では釣れなかった魚が釣れたので良しとするか。
来年はもう少し満足のいく遠征が出来ればいいんだが果たしてどうなることやら…。
ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール

ただし、今回はラッキーキャッツルアーフィッシングスクールという釣り以外での収穫もあったのは嬉しい誤算だったかな。
沖縄という特殊な地域に的を絞った釣り漫画というのは今までなかったので斬新だったなぁ。
今年も色々釣り漫画読んできたけど何だか自分も実際に描いてみたくなってきたぞ。
ライトショアプラッキング

地元に戻ってからは猛暑と格闘しつつ青物狙いに奔走してましたね。
ただ中々実績が伴わないというか、朝一でもポイントに入れないなど色々制限が多い釣りなので来年も挑戦できるかちょっと怪しいですね。
(近場で空いてて足場が良くてある程度青物の回遊がある場所があれば苦労しないんだけどなぁ)
とはいえ、ライトショアプラッキングというジャンルはまだ開拓の余地がありそうなので続けられればと思います。
20181014加古川コトヒキ

加えてイマイチだったのがメッキ釣り等のライトルアー。
秋になっても残暑が厳しく、豪雨と毎週これでもかという程上陸する台風によってついにメッキ釣り始めて以来のボウズという結果に。
来年こそはあの強烈な引きをこの手に!といきたい所ですね。


20181104小柿渓谷ポイント

20181104小柿渓谷ニジマス3

秋には去年から準備していたエリアトラウト、管釣りに行ってきました。
三田の小柿渓谷放流釣り場は都心から近い割に空気も綺麗で水も澄んでて非常に良い釣り場でしたね。
次回はゆるキャン△のリンちゃんみたくローテーブルと椅子持ち込んでカレー麺をすすりながらやろうかな。
それにしても管釣りのスプーンって一般的なルアーより安い分、色が綺麗でつい多めに買っちゃうなぁ。
(これが世間でいう“沼”って奴か…)
他にはロックフィッシュ狙いに行ったけどアナハゼ1匹という貧果に泣いたりあまり釣り行ってないなぁという感じです。
今年はGWに1回だけ淡路行ったきりで全然行けなかったのも大きかったかなぁ。
車が使えない頃は電車やバス乗り継いででも必死に通ってたのに、車が手に入った途端にやる気をなくす辺りは、
ロマサガ2で七英雄何人か倒した後や、同じくロマサガ3で2回目のトレードクリア後の感覚に近いですね。
急に手に入った自由度や豊かな懐具合が逆に選択肢を狭めてるというか何というか。


以上で2018年の釣りまとめを終わります。
今年は攻めきれなかったりツメの甘い面が目立ったので来年は色々と“取り戻す”つもりでやっていこうかなと。
あと出来ればルアー以外の釣りもやってみようかなとも考えてみたりしています。
リペイントは新しいことに挑戦できたと思う反面、ある程度塗装の知識が必要だったかなと反省点の方が多かったかな。
それにルアーの在庫がだぶついてるのでそっちの方も片づけなきゃでしばらくリペイントは良いかなって感じです。
来年は釣り以外のアプローチで色々ブログを盛り上げていければなぁと計画中です。
それでは皆様、来年も良い釣りを!!



2018年釣り納め

どうも、久々の釣りだー!と張り切って早起きしたら猫が盛大に吐いたせいで後始末に追われて朝マヅメ逃した管理人です。
そんな訳で連休最終日にデイメバルが好調と聞いて大蔵海岸まで出動。
さすがに冬ともなると夏~秋の青物シーズンと違って広々と竿が振れるぜ。
とはいえ、予想以上に風がきつく、軽いジグヘッドでは簡単に飛ばされてしまうので、思い切ってボトム狙いに。
使うルアーはエコギアのバグアンツ。こいつを3.5gのライトテキサスに組んで投入。
もはや根魚釣りの定番と化したこのワームだが、味と匂いのせいでフグに非常に弱いのが欠点。
そのためこの時期限定になりつつあったりもする。
そして今回新兵器として導入したのが根魚用PEライン0.3号。リーダーを結ぶのが面倒ではあるが、
強風でもボトムを感知しやすく、タングステンシンカーと併せて抜群の威力を発揮してくれる。
ただし、ショートバイトでも過敏に反応するためアワセを入れても空振りすることが多くまだ慣れが必要かな。
そのため貴重なバイトがあったにもかかわらず残念ながらバラしてしまった。
そうこうしているうちに再びアタリが!今度はバラさないよう一呼吸置いてしっかり合わせる。

20181224大蔵海岸アナハゼ

アナハゼだ。小さいとはいえボウズは免れた。
食べると美味しいらしいけど可食部分少ないし下処理が面倒なので即リリース。
どうやらバグアンツではサイズが大きすぎるのか食いこみが悪いみたいだ。
その後何度かアタリがあったものの、やはり同サイズのアナハゼのようで、針掛かりが悪くバラし連発。
最終的にテキサス用のフックが底を尽きてしまい、この日は納竿となった。

そんな訳で今年最後?の釣りはここで終了です。
今年は思った以上に釣りに行けない、もしくは途中でやる気が失せてしまうなど正直自分の中で“飽き”が出てしまったのかなぁと反省しきり。
その上天候に振り回されることが多く(夏の殺人猛暑や秋の豪雨&連続台風)、思った以上の釣果が得られず不満の残るシーズンでしたね。
特に毎年釣っていたメッキが今年は1匹も釣れず(沖縄遠征でさえ!)、家で転倒した拍子にモバイルパックを折ってしまうアクシデントもあり、
釣りの腕と加齢と運動不足による衰えが顕著に出てしまう結果になりました。
そんな中でも、ルアーのリペイントやエリアトラウトという新ジャンルに挑戦できたことは大きい収穫だったかなと。
詳しい内容はまた別の記事で語るとして本日はここまで!
また次回の更新でお会いしましょう!!

エコギア(Ecogear) ルアー バグアンツ2インチ #385 11570

新品価格
¥561から
(2018/12/24 18:41時点)




よつあみ(YGK) PEライン Gソウル X4 アップグレード 150m 0.3号 6lb 4本 グリーン

新品価格
¥1,904から
(2018/12/24 18:42時点)



書評:浜咲さんなら引いている

どうも、せっかく有給取ったのに急な冷え込みと雑事で1日無駄にした管理人です。
毎年この時期になると腰が重くなってしまうなぁと思いつつAmazonプライムで時間潰してしまいます。
(好評なので試しに見てみたゾンビランドサガにすっかりハマってしまった…)
そんな訳でネタも無いので以前から温めていた書評記事を書いてみようかと。

浜咲さんなら引いている

浜咲さんなら引いている

原作:瀬戸内ワタリ
作画:水谷ふみ


表紙からもわかるように釣り&女子高生&萌えをテーマにした作品。
掲載誌は管理人的には機動戦士ガンダムサンダーボルトでお馴染みのビッグコミックスペリオールで残念ながら1巻以降は出版されず。
全体的に雑誌自体が高年齢層対象なので若年層向けの萌え風の絵柄やあっさり風味のストーリーが受けなかったのかなと邪推してみる。
物語は剣道の防具入れと竹刀袋を担いだ黒髪ロングの美少女・浜咲さんを
同じクラスの富岡有希が下校時に橋の上から釣りをしている所を目撃しそこから話が展開していく。
あらすじを追っていくと「つれづれダイアリー」に似ている部分もあるけれど、
釣りのこと以外は常にクールな音々子とは違って割とフレンドリーに接してくれたり魚が掛かると興奮して頬を赤らめたり表情豊か。
ちなみにそんな浜咲さんだが、道具をよく観察してみるとダイワ製品多めだったりして意外な発見も。
管理人の見立てだと竿はラテオ、シーバス編で使っているルアーは同じくダイワのミニエントかな。

メインフィールドは東京都内が多く、東大の三四郎池や日本科学未来館前の人工海岸といった意外なポイントが登場する。
自然の多いのどかな場所も良いけどこういう都会のオアシス的なスポットで釣りするのも面白いよね。

ただ先ほども指摘したとおり、若干あっさり気味というかもうちょっと浜咲さんと有希の絡みがあっても良かったんじゃないかなと思ってしまう。
その辺はつれづれダイアリーも放課後ていぼう日誌も上手く展開させていたんで差が出てしまったのかなぁ。
とはいえ、こういった釣り漫画のアプローチもアリかなと思わせる内容だったんでもし再開されるなら期待したい所。

それでは今日はこの辺で、次回の更新でお会いしましょう!

浜咲さんなら引いている 1 (ビッグコミックス)

新品価格
¥596から
(2018/12/7 21:05時点)




次のページ

FC2Ad

まとめ